高齢者の抗がん剤治療でガイドライン策定へ、過度に抗がん剤使わないという流れに

記事まとめ

  • 厚生労働省が高齢がん患者の治療に関するガイドラインを策定することになった
  • 75歳以上の場合、抗がん剤の使用の有無で生存期間に大きな差はないという結果に
  • 高齢者のがん治療はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を重視する方向に変化する可能性

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております