25年ぶりセ・リーグ優勝へ秒読み 赤く染まる広島のまち

25年ぶりセ・リーグ優勝へ秒読み 赤く染まる広島のまち

広島駅から球場へ向かう“カープロード”を歩く観客

 プロ野球広島東洋カープのセ・リーグ優勝が目前に迫ってきた。優勝マジックは4となり、早ければ、あす7日にも25年ぶりリーグ制覇が決まる。あまりに長かったこれまでの道のりと、歓喜の瞬間を待つ地元ファンの思いを取材した。

原爆からの復興目指して創設 球団経営は苦難の連続

 まさか、こんなに長い間、優勝出来ないとは思わなかった……。1970年代から1991年の『カープ黄金期』を覚えている世代は口を揃える。25年はあまりに長く、若手の選手とファンにとって優勝は初体験だ。

 広島東洋カープは他の球団と比べて特殊なチームだといわれる。原爆で焼け野原になった広島市の復興を目指し、終戦から5年後の1950年に創設。他の球団のように親会社を持たないため資金提供が無く、球団経営は常に苦難の連続だった。それでも「広島に居てくれる唯一のプロ野球チーム」として市民に愛され、そして支えられてきた経緯がある。

初優勝からの黄金期一転 巨人「メークドラマ」演出役になったことも

 初優勝は1975年。奇しくも今回のリーグ優勝と同じ、25年がかりの事。その時は平和大通りでパレードが行われ、およそ30万人のファンが集まったという。(ちなみに当時の広島市の人口は85万人)。その初優勝から1991年のリーグ優勝までの17年間は、後に「カープ黄金期」と言われ、6度のリーグ優勝と3度の日本一を経験した。またAクラス入りは17年でなんと15回。4位以下に落ちたのは1977年(5位)と1982年(4位)のたった2回だけだった。

 それから25年、リーグ優勝から遠ざかった空白の時間。なぜ勝てなかったのか。それは球団・選手・ファンそれぞれの思惑にまかせよう。勿論みんな頑張っていた。しかし1996年には中盤まで11.5ゲーム差をつけていた巨人に逆転され、後に流行語になる「メークドラマ」の演出役になるなどどうしてもリーグ優勝に届かなかった事実だけがある。

観客「ガラガラ」の時期も 新球場完成が転機

 そして、強い時代を知るファンは、広島市民球場の老朽化もあり野球観戦から離れてゆく。人気の在京球団以外の対戦カードでは、平日は観客が半分にも満たない「ガラガラ」の状態で、かろうじて週末に家族づれで賑わう程度。それは2009年の新球場『MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島』の竣工まで続き、選手と球団の経営を苦しめた。

 2009年、新球場が完成すると大きな変化が起こる。真新しい広く綺麗な球場に観客が戻り、地元の官民あげての応援が始まる。そしてユニフォーム等の球団グッズ戦略がヒットして球団の経営が安定すると、チーム戦力も徐々に充実し2013年には3位のAクラスに入るが、それは実に16年ぶりの事だった。

「弱いカープしか知らない」若い世代 「初めて」の優勝に「心の準備が出来ない」

 若い世代に話を聞いた。球場でアルバイトもしている甲斐千尋さんと田中芽衣さん(共に18歳)は幼少からのカープファンクラブに入会するほどのファンだが田中さんは広瀬選手、甲斐さんは丸選手の大ファン。「優勝は初めての事なので思いっきり楽しみたいと思います」と顔を見合わせて笑った。

 最近のカープの人気ぶりは嬉しいそうだが、ファンクラブへの入会希望者が多すぎて抽選になり、入れない年もあるのが不満だそうだ。二人とも子供の頃から家族で野球を観戦して気付けばファンになっていたという。「でも私たちは弱いカープしか今まで知らなかったから、急に凄いことになってビックリです」。

 他にも多くの『優勝を知らない世代』にインタビューしたが、やはり『初めてなので何をやれば良いか判らない』、『心の準備が出来ないうちにマジックが減っちゃう』という声が多かった。

黄金時代を知る世代が持つ身内感覚 カープ女子ら若いファンに感謝

 また、“カープ黄金時代“を知っている、およそ40歳以上のファンは、更に感慨深く今回の優勝を噛み締める。西 和幸さん(52)、加藤義孝さん(52)、森本圭司(44)さん、森川明宏さん(56)の4人で思い出を語ってもらった。

「昔は全然人気無くて、横浜球場で優勝が決まる試合でも当日入れた位だったけれど、今は凄いね」。「昔は勝って当たり前だったんだけど、まさかそれから25年も優勝から遠ざかるなんて考えもせんかった」。「なんでファンか、って聞かれても困るけど、昔からワシらと一緒にあるチーム。昔からのファンは学校のOBに似た感覚じゃないかな」。「酒飲んで、ヤジをバンバン飛ばしていた時代が懐かしいね」と様々な想いが溢れる。

 また、今回の優勝については「球場が新しくなって、カープ女子に代表される若い世代が応援してくれているお陰じゃろう」と口を揃えた。「今は人気がありすぎて観戦チケットを手に入れるのも一苦労じゃけど、そうやって人気が出たからこそ、カネに困らなくなって、力が付いたのは間違い無い。泣きながら球団を出ていった選手も帰ってきてくれたし、ホンマに感謝しとるんよ」。

 そう話す素振りは、いちファンのものではなく、まるで身内を心配する、家族に似た感情のようだった。

地元企業が活発に応援 広島市内はカープの赤色に

 カープ球団の正式なファンクラブは開幕前に定員を遙かに超える人数が集まり抽選が行われるが、それとは別にTV等で有名になった“カープ女子会”事務局では、フェイスブック中心の活動ながら、会員数1万8千人以上を誇っている。

 また、個人個人の応援もさることながら、人気の高まりと共に地元企業の応援企画も活発だ。JR西日本では2012年からカープラッピングトレイン(通称カープ列車)を運行し、地元のタクシー会社でも同時期に赤くラッピングされた『燃える赤ヘル号』の運用が始まり、カープ人気を盛り上げる。

 また、カープ預金の運用や、カープ電車、カープ浴衣などあらゆる分野で地元からの応援は活発で、広島市をカープの赤に染めている。大手コンビニエンスストア・ローソンも、球場に近い一部店舗で、ローソンカラーの青ではなく赤い色の店もある。9月5日からは、広島市役所で勤務中に職員が広島カープのユニフォームを着て、盛り上げに一役買うことになった。

 優勝の瞬間、街は歓声で溢れかえり、それは深夜まで続くだろう。「泣いてしまうと思う」と恥ずかしそうに話す人も多かったが、恥ずかしがることはない。それは歓喜の“嬉し泣き”なのだから。

 その時はもうすぐ、今回は確実に訪れる。

(写真・文責 友廣義明、広島市在住)