英語が小5から正式教科に(1)手探り続く指導法、現場教員が感じる課題とは

英語が小5から正式教科に(1)手探り続く指導法、現場教員が感じる課題とは

子どもになりきってアルファベットのカードゲームをする教員向け研修の参加者

 2020年度から、小学校の5・6年生は、英語が算数や国語と同じ「教科」になる。中央教育審議会の特別部会が8月に示した、次期学習指導要領改定に向けた審議の中間報告に明示された。移行期間として、2年後の2018年度には一部で先行実施される予定だ。教科になるに伴い、授業時間も確保しなければならず、教科書も新たに作ることになる。英語指導に長けた教員も小学校には少なく、育成しなければならない。教育現場ではどのような対応が進んでいるのだろうか。

そもそも教科になるとどう変わる?小学校英語のこれまで

小学校の英語教育は2011年度に必修化された。小学校の5・6年生を対象に年間35単位(週に1コマ・45分程度)、聞く・話すを中心とした授業を行うことになった。ただ、この授業は「外国語活動」と呼ばれ、英語に親しむことが主な目的だった。教材はあるが、教科書はなく、テストなどで評価もしない。

 しかし、こうした指導法で課題も見られるようになった。小学校5、6年生で外国語活動をしているにも関わらず、中学校で読み・書きに抵抗を感じたり、つまずいたりする子どもが出てきたのだ。外国語活動でほとんど文字を意識させない指導が行われているのが原因と見られた。文部科学省が2014年度に行った「小学校外国語活動実施状況調査」では、「小学校の外国語活動でもっと学習したかったこと」をたずねる質問に、約8割が「英単語や英文を読む」「英単語や英文を書く」と回答した。

 このことなどを受け、2020年度以降、次期学習指導要領の中間報告では、教科になった場合の授業の方針などが示された。

1読む・書くことの指導も行う
2小学校で600〜700語程度を覚える。語順などの文構造なども学ぶ
3これまでの倍にあたる年間70単位授業を行う──などだ。

 加えて教科になることにより、

・教科書を使う
・成績の評価をする

 といった必要も生じることになった。ただ、こういったことを実現するためには様々な課題がある。

15分でできる指導法を伝授。なぜ必要か

 8月下旬、東京都内で小学校教員らを対象に、小学校英語が教科になった場合の指導法を学ぶ講座が開かれた。一般財団法人「語学教育研究所」が主催し、約40人が参加。夏休み期間中、小学校教員を対象とした英語指導法の講習は各地で開催されていた。

 「アップル、ハウス、アンブレラ…。関連するカードをかるたの要領で取ってみてください」。講師が呼びかけると、生徒役の参加者が机の上に広げられたアルファベットや絵の書かれたカードを一斉に取り合った。カードを取ったあとは、アルファベットをAから順番に並べ、頭文字から始まる絵を今度は文字の下に並べさせる。「アルファベットを並べるとbやdなど似ている文字の形の違いも認識できます」などと説明が入る。

 講座は、これまで私立の小学校などで指導の実績がある講師らが、カードゲームや歌などを使い15分といった短い時間でも行える指導法の説明を行った。教科になれば、これまでの倍の授業時間を確保しなければならないが、高学年は6時間目まで授業がある日も多く、他の教科の授業時間を減らすわけにもいかず、45分×2コマの確保は現実的には難しい。これまで読書や漢字学習などに充てていた朝の時間に15分単位の短時間学習を3回行い、1コマの授業とみなすやり方などが有力な方法として考えられるためだ。

 長年、成城学園初等学校で講師を務め、NHKの英語教育番組(えいごリアン2000-2001年度版)の企画などで知られる久埜百合・中部学院大学学事顧問は「外国語活動が教科になった時に使える具体的な指導法を知りたいという声が多いためこのような内容になった。授業時間数よりも指導内容や指導技術の方が授業効果への影響は大きい。教科になったときの指導法はみんな手探り。たった15分でどうやってやるの?ではなく、やれる方法を考えていかないと」と説明する。

現場の先生が感じる課題とは

 講座に参加した小学校教員・牛渡健斗さん(29)は「今までは文字をなるべく見せないようにし、音を中心に伝えていたがこれからは文字にも触れないといけない。こういった指導法を知れてよかった」と話す。牛渡さんは、平塚市内の小学校で5年生の担任をしている。

 教科になるのを見据え、指導法を向上させたいと今回参加した。「教科になっても、中学・高校の受験英語のようではなく、小学校では伝えることに重きをおいた指導をしたい。その中で読む・書くをどう教えていったらいいか」。「週に2コマの確保は難しいので、朝学習の15分を積み重ねていくのかなと思うが、工夫しなければ何かを書かせて終わり、ということにもなりかねない。そうするとやらされている英語になってしまわないか」などと感じているという。

 東京都青梅市の小学校教員・坂口智子さん(28)が気になる課題は、自治体や学校間の英語指導対する温度差だ。「英語指導に前向きでない先生と、頑張っていい授業にしようとしている先生の差や学校の差が激しい。ALT(外国語指導助手)に任せきりでいいと思う人も少なくない」と気をもんでいる。

 荒川区の小学校で高学年の担任を務める小玉千春さん(38)は「教務主任で時間割などを組む担当だが、英語が入れられる時間が本当になさそう。こういう内容をこうやって組んだら効果的、といったプログラムの例示がほしい」と話す。また、「成績評価をどうやってするのか。ABCが書けたとか単語を覚えたではなく、コミュニケーションを楽しめたとか、発音を恥ずかしがらずにできたとか、英語に対する姿勢も評価できるようにしてほしい」と話していた。