日本報道検証機構・楊井代表に聞く(下) ── 捏造・誤報をどう防ぐか

日本報道検証機構・楊井代表に聞く(下) ── 捏造・誤報をどう防ぐか

日本メディアの問題点について話す日本報道検証機構(WANJ)代表の楊井人文さん

 8月31日、ニュースサイト「Business Journal(ビジネスジャーナル)」は、同25日付のNHK特集に関する記事中に、事実誤認があったとして、「お詫びと訂正」を掲載しました。このお詫び記事では、取材しなかったにもかかわらず、NHKからの架空の回答を記事に載せたことを明らかにしています。また、今回のビジネスジャーナルの記事以外にも、取材のないまま、海外チームの選手や監督の対談記事などをまとめた一部サッカーメディアによる「エアインタビュー」疑惑が指摘されていて、インターネット上では「エア取材」「捏造記事」との批判の声が上がっています。

 記事の捏造防止には何が必要でしょうか。日本のメディアにはどのような問題があるのでしょうか。2012年からマスコミ誤報検証・報道被害救済サイトGoHoo(ゴフー)を運営している日本報道検証機構(WANJ)代表で弁護士の楊井人文さんに話を伺いました。

発言の引用は「忠実な再現を」

 楊井さんが、日本のメディアの「悪い習慣」と指摘するのが、「かぎかっこ」を使った発言の引用の仕方です。「極力、実際に発言した内容を忠実に引用」「取材プロセスの正確な再現をしなくてはいけない」と言います。例えば、記者が質問した内容を「はい」と肯定しただけでも、記事では、発言した言葉となってかぎかっこ付きで引用する手法がよくみられると指摘します。

「エア取材と違って一からの捏造とは違うが、異なる引用は読者からは発言の捏造と取られても仕方がない」「意味が変わったり、ニュアンスが変わったりということが往々にある」。取材対象者とのトラブルの原因として、GoHooで取り上げている中で大きなパターンになっています。

記事は「情報源の明示」を原則に

 また、署名と同じく記事で重視するのが「情報源の明示」です。記者には情報源の明示を条件にし、スタイルとして徹底させることを求めるべきだと言います。「記者も全知全能ではない。人の話を聞きながら書くわけだから情報源が間違っていることもある。情報源が明示されていれば、読者にこの記事は信頼できるか、疑ったほうがいいか、判断材料になる」。

 しかし、日本では大手メディアでも「関係者によると」という表現が用いられやすく、「欧米では情報源を原則明示。内部告発で匿名にせざるを得ないときはその事情を明らかにしている」と指摘します。「『関係者によると』では、色を付けたり、想像や捏造が起きてしまう可能性は十分ある。書く側が記事を完成させるため、あるいはストーリーを面白く作るために、この一言が欲しい、という誘惑を防ぐためにも、情報源を明らかにする」。メディア側も、記事中の情報源のところだけでもチェックし、明確でない記事には、記者にルールとして「情報源明示」を求め、守ってもらうことを原則にするべき、と言います。

訂正の履歴 「積極的に開示すべき」

 楊井さんは誤ったネット記事を取り上げるニュースを配信する「アグリゲーターの対応の仕方」も課題を挙げます。「多くの外部記事が無編集で取り上げられている中、今回のビジネスジャーナルの捏造の記事を含め、誤りが多くあると思います。ただ削除だけで終わらせてしまうのはいかがなものでしょうか」。

 「誤報はゼロにはできないものなので、すみっこで読者にわからないような形で訂正してすますべきではない。より正確な事実が判明すれば読者に積極的に開示すべきです」。楊井さんは「訂正を可視化する」というポリシーでGoHooの活動に取り組んでいると説明します。「大手メディアだけに限らず、ネットメディア、あるいはニュースアグリゲーターにも可視化が同じように求められることだが、まだまだできていない気がします」。

 大手メディアのサイトでも、記事の書き換えや削除が行われることに疑問を呈します。訂正や削除前の記事が、既に転載されている可能性は高く、そのことがさらにメディアの信頼を損ねる結果になる、と考えるからです。「一度発表したものを事後的に消したり、訂正したり、削除するときはきちんと履歴を残す。それも原則にするべきと思います」。

 例えば、ニューヨークタイムズは紙面だけでなく、ホームページ上でも訂正のページを設けています。「欧米メディアもチェック体制が厳しいといわれるが誤報は防げない」「読者に対し、誤りを包み隠さず説明するという意識を持っているかどうか」。

 「読者の信頼を得るための方法はいくつもある」と楊井さんは言います。訂正の履歴を明らかにすることは、日本の読者も「ケアレスミスは起きてしまうもの」「このレベルの誤りは仕方がない」「これは許しがたい」とわかって、メディアに対する認識が変わってくる可能性を指摘します。

「メディアは不完全であることを読者にもわかってもらう。わかってもらった上で、どれだけ最善を尽くしていくのか」。楊井さんは語ります。「とにかく正直になることがベストですね」。