《都市を支える下水道》普及率日本一 残る課題・水質改善目指す都の対策

《都市を支える下水道》普及率日本一 残る課題・水質改善目指す都の対策

多数の川が流れる東京都。下水道整備は河川の水質改善のカギになっている(写真・アフロ)

 きょう9月10日は『下水道の日』に制定されています。これは、1961(昭和36)年に著しく遅れている下水道を全国的に普及させるために、当時の建設省・厚生省が呼び掛けて定められました。制定から55年が経過し、日本の下水道普及率は目覚ましく改善しています。

 日本下水道協会によると、46都道府県(※東日本大震災の影響で一部調査できない福島県は対象外)の下水道普及率は77.6%。そのうち、もっとも普及率が高い東京都は、99.5%に達しています。東京23区に至っては、1994(平成6)年度に普及率100%、多摩地域でも本年度中に100%に達する見込みです。都では、いまや下水道は当たり前のインフラになっています。

 前回、下水道の浸水対策を取り上げましたが、今回は下水道の水質改善について見てみましょう。

隅田川花火大会中止の過去も 河川水質悪化で下水道整備に着手

 東京湾に面する葛西臨海公園は週末になると多くの人でにぎわいます。臨海公園に接する砂浜は葛西臨海公園と一体化していますが、葛西海浜公園という別個の名称があり、区別されています。昭和30年代まで、夏になると葛西海浜公園の砂浜には多くの遊泳客が押し寄せていました。しかし、昭和40年代になると海の水質が悪化し、遊泳は禁止されてしまったのです。

 昨年7月18日、都は海の水質が改善されたとして葛西海浜公園での遊泳を許可。東京湾でも泳ぐことができるようになりました。高度経済成長期に水質が悪化したのは、東京湾だけではありません。実は都を流れる河川すべてが汚染されていました。当時の状況について、都下水道局計画調整課の担当者はこう話します。

「東京湾や都を流域とする河川の水は汚いというイメージが定着していますが、もっとも汚染されていたのは昭和40年代頃です。当時の多摩川は、各家庭から出る生活排水で水質は最悪の状態でした。そうした水質汚染は、多摩川だけが例外ではありません。隅田川でも水質が悪化したことを理由に、1961(昭和36)年から花火大会が開催されなくなってしまったのです」。

 街を流れる小さな河川でもゴミが沈殿し、汚臭を放っていました。東京はあちこちに川が流れている都市ですから、街のいたるところから悪臭が漂う状態だったのです。行政は悪臭問題を解決するべく、蓋をするように河川を暗渠化したのです。

 しかし、それでは根本的な解決ではありません。また、暗渠化によって、東京から水辺空間が失われてしまったのです。そうしたことから、都は下水道の整備に着手します。河川に垂れ流されていた生活排水などは、下水道管を通って処理するようになります。

明治時代採用の『合流式』で進めた整備 大雨のために年平均70回汚水を河川放流

 東京の下水道は、明治時代から整備が始まっていました。しかし、市域の拡大や人口の急増といった要因もあって、普及が進んでいなかったのです。1965(昭和40)年の時点で、都の下水道普及率は35%と低い状態でした。衛生的な都市を目指した都は、以降、急速に下水道を整備しました。その成果もあって、都は世界でも類を見ないほど下水道が普及するようになります。

 しかし、都が下水道整備に邁進している中で、問題が浮上します。都は下水道の普及を急ぐあまり、明治時代から採用されていた合流式で下水道を整備していたのです。合流式とは雨水も汚水も同じ管で処理する方式です。下水管が一本で済むため、建設費は安価で、工事も短期間で済むメリットがあります。

 他方で、雨水も汚水も同じ管で処理するため、処理場のキャパシティを超える降雨があると、雨水・汚水を処理場に送らず、そのまま河川に放流しなければならなくなるのです。未処理の雨水と汚水が河川に放流されるわけですから、当然ながら河川や海の水質は悪化します。水道管のキャパシティを超える降雨は、年間平均で約70回もありました。汚水を70回も放流していたら、せっかく下水道を整備して水質改善に取り組んでも意味がありません。

 そうした教訓から、政府は1970(昭和45)年に下水道法を改正。昭和40年代に広まりつつあった分流式と呼ばれる新しい方式で、下水道は整備されるようになったのです。以降、遅れて下水道整備に着手した都市では、汚水と雨水とを別々に処理する分流式が主流になります。

 しかし、東京の下水道は合流式で整備済でした。分流式で再整備するには、道路の下に設置されている下水道管だけを取り換えればいいわけではありません。各家庭内でトイレやキッチンは汚水、家の屋根や庭に降った雨を雨水、と下水管を分ける必要があります。切り替え工事の間、各家庭の水回りを使用中止にすることは現実的に不可能です。そうしたことから、都のほとんどの地域では、合流式のまま整備が進められました。

豪雨時に対応する雨水滞留施設を整備 リンなど除く高度処理システムも導入

 合流式のまま下水道の整備を進める東京都は、水質改善を諦めてしまったのでしょうか?

「水質改善は下水道整備の大きな目的のひとつです。汚水処理を諦めてしまっては、下水道整備の意味がありません。そこで、都では降雨時に河川や海へ放流される汚濁負荷量を削減するため、下水道管と河川の間に雨水貯留施設の設置を進めています」と、担当者は話します。2015(平成27)年までに設置した雨水滞留施設の総貯水容量は、114万立方メートルにものぼります。「その結果、年間で70回あった河川への放流は10回まで減少し、水質も大きく改善しています」(同)。

 雨水滞留施設の整備によって、合流式でも水質改善効果は確実に出ています。それでも、分流式と同程度まで水質を改善するには、雨水貯留施設の増設が必要です。また、大きな河川は複数の県をまたいで流れています。水質を改善するためには都だけではなく、埼玉県や千葉県など各自治体と連携して取り組むことが重要です。

 2020年の東京五輪では、お台場でトライアスロン競技が開催される予定になっています。そうしたことから、下水道局は雨水貯留施設の設置ペースを早めるとともに窒素・リンを除去する高度処理を導入して、さまざまな取り組みで水質改善を図っています。

 道路の地中深い部分にある下水道管は、日常生活で目にすることはほとんどありません。そのため、私たちの暮らしの中で下水道がどんな働きをしているのか知らない人も多いのではないでしょうか?今回紹介した水害を防ぐことや水質改善のほかにも、都市を支えるために下水道が果たしている役割はあります。

 私たちの暮らしの中で、下水道がどんな役割を担っているのか?下水道の日は、それを知っておくいい機会なのかもしれません。

小川裕夫=フリーランスライター