揺れる“築地市場移転問題”で知りたい そもそも卸売市場の役割とは?

揺れる“築地市場移転問題”で知りたい そもそも卸売市場の役割とは?

小池都知事により、築地市場からの移転延期が表明された豊洲市場(写真・アフロ)

 11月7日に開場予定だった築地市場は、小池百合子都知事の鶴の一声によって延期されることになりました。その後、新たな移転地として整備されていた豊洲市場は、当初の説明とは異なる土壌汚染対策がなされていたことが発覚。小池都知事が緊急記者会見を開くなど、先行きの不透明感は増しています。

 紛糾する築地市場の移転問題ですが、翻って私たち消費者にとっても築地市場は“食”という大きな問題でもあります。築地市場は、中央卸売市場と呼ばれる“食”にとって重要な場所になります。今般、食品流通のあり方も大きく変化する中、卸売市場はどんな機能を果たしているのでしょうか?

流通過程は大きく変化しても… 「安定的供給」は卸売市場の役割

 築地市場の移転計画が浮上したのは、今から30年以上も前に遡ります。当時、築地市場の水産物取扱量は年々増加していました。そうした中、市場が手狭になったこと、物流が鉄道輸送からトラック輸送へとシフトして市場の構造が時代に合わなくなっていたこと、老朽化などを理由に築地市場を閉鎖と市場の移転計画が検討されていたのです。今般、話題になっている築地の移転計画は、このときから始まっていると言っても過言ではありません。

 しかし、当時と今とでは社会状況が大きく異なります。30年前、スーパーマーケットなどはありましたが、街にはいたるところで個人経営の八百屋や魚屋がたくさん営業していました。現在、当たり前に見かける大型ショッピングセンターもなく、インターネットによる取引もありません。私たち消費者は小売店で食品を購入するのが一般的ですが、その小売店にいたるまでの流通過程は大きく変貌しているのです。

 そうなると、小売店などに食品を広く流通させる卸売市場の存在意義も揺らぎます。そもそも卸売市場は、どういった役割を果たしているのでしょうか? 農林水産省食料産業局食品流通課の担当者は、こう説明します。

「卸売市場は生鮮食品を国民に安定的に供給するのが役割です。わかりやすく野菜で例えると、スーパーや八百屋で販売している野菜の多くは、農家や農協から直接仕入れたものではありません。農家や農協は卸売業者に農産物を託し、卸売業者は仲卸業者との間で競りをおこないます。この競りで落札された野菜がスーパーや飲食店などに並んでいるのです」。

国産青果は86% 依然高い生鮮食品の市場経由率

 こうした流通システムが構築されている背景には、農家や農協が何万トンもの野菜を毎日出荷していることが理由です。毎日食べる野菜とはいえ、私たち個人は数トンの野菜を購入することはできません。逆に私たちの個人の食生活に合わせて、農家や農協が100グラム単位で販売することも非効率です。出荷者と消費者の中間にある卸売市場が調整することで、そうした問題が解決されます。卸売市場が存在することで、手頃な値段と量の野菜が安定的に私たちに届くようになっているのです。

 しかし、近年はスーパーマーケットの大型化が進んだことや、インターネットが進歩したことによって生産者と小売店の直取引が増えています。こうした事態が進むと、中間に位置する卸売市場は無用の存在になってしまいます。卸売市場が不要だとの意見はないのでしょうか?

「1998(平成10)年から2008(平成20)年までの10年間、スーパーの大型化やインターネット取引によって、卸売市場を経由する生鮮食品は減少しました。しかし、近年は生鮮食品の市場経由率は横ばいになっています。2013年(平成25)度における国産青果の市場経由率は86%、水産物の市場経由率は54%。そうした数字からもわかるように、依然として卸売市場が食の安定供給に果たす役割は高いと考えています」(同)。

各市場の統合、地方卸売市場への転換で、中央卸売市場は減少

 食品の市場経由率は変化していなくても、卸売市場の数は年々減少の一途をたどっています。1998年に全国に87あった中央卸売市場は、2015(平成27)年に64まで減少。経由率が横ばいなのに、なぜ卸売市場は減少しているのでしょうか?

「卸売市場が減少している理由のひとつには、卸売市場の集約化が挙げられます。東京都の例で言いますと、1989(平成元)年に開場した大田市場は、神田市場・荏原市場・荏原市場蒲田分場・大森市場などを統合して誕生しています。こうした市場を統合・集約化したことで市場の実数は減っているのです。また、中央卸売市場から地方卸売市場に転換するケースもあります」(同)。

 中央卸売市場は農水省の管轄になりますが、地方卸売市場は都道府県などが所管しています。中央でも地方でも卸売市場という役割に違いはありませんが、地方卸売市場の方がより地域の実態に即した運用ができるというメリットがあるようです。

 私たちの食生活を支える卸売市場。普段、一般消費者は利用する機会がないので、その役割は実感しづらいかもしれませんが、私たちが当たり前のように店で食料品を買うことができるのも卸売市場あってこそ、と言えるのです。

小川裕夫=フリーランスライター