もう一つの“小さな御柱祭” 長野各地で繰り広げられる「小宮祭」

もう一つの“小さな御柱祭” 長野各地で繰り広げられる「小宮祭」

[写真]湖のボート乗り場までの短い坂を「木落し」

 7年に一度行われる長野県・諏訪大社の「御柱祭」。今年は開催年で6月15日の「上社・宝殿遷座祭」で全日程を終了した。しかし、まだ10月いっぱいまで “小さな御柱祭”が諏訪地方の中小の神社で繰り広げられていることをご存知だろうか? 「小宮祭」と呼ばれるこの祭りで曳かれるのは、いずれも諏訪大社の御柱よりも小さなご神木だが、湖を渡るものあり、山の頂上まで曳かれるものありと、それぞれに個性がある。また、氏子しか参加できない大社の御柱祭に対し、小宮祭には観光客が参加できるものもあり、知る人ぞ知る参加型の観光イベントとしても親しまれつつある。地元住民として、また観光客の一人として、1日で2つの小宮祭の行事に参加した。(内村コースケ/フォトジャーナリスト)

6市町村の諏訪神社でそれぞれ行われる

 諏訪大社をはじめとする諏訪地方の神社には、たいてい鳥居をくぐった先にあるお宮を囲むように、4本の御柱が立っている。これを数えで7年おき(満で6年に一度)の寅年と申年に新しいものに交換する作業を神事としたものが、御柱祭だ。5月に、諏訪大社の4つの社(上社本宮・前宮、下社春宮・秋宮)に計16本の御柱を、山から6.5キロ〜13.8キロの道のりを人力で曳いて行く。クライマックスは、道中の急坂を降りる「木落し」と川を渡る「川越し」だ。6日間かけてお宮に到着した御柱は4社の各境内に建てられ、後日の「宝殿遷座祭」をもって全日程が終了する。

 一方、小宮祭は、諏訪地方の6市町村(諏訪市、茅野市、岡谷市、下諏訪町、富士見町、原村)の諏訪神社でそれぞれに行われる小さな御柱祭で、基本的に大社と同じことを夏から秋にかけて繰り広げる。

別荘地内で行われた御柱の「切り出し」

 大社の御柱の大きさは個体差があるが、概ね長さ19メートル、直径約1メートル、重さ約7.5トン程度とされる。小宮祭の御柱はこの3分の2から半分程度の大きさだ。この御柱用の木を伐採する「切り出し」は神聖な儀式の一つで、小宮祭でも同様に行われる。

 移住民である筆者が住む茅野市の別荘地『白樺高原・緑の村』でも、9月11日に、10月に曳行する御柱の切り出しが行われた。朝9時に住民有志15人ほどがチェーンソーやナタを手に伐採場所に集合。切り倒すのは、敷地内の高さ20メートルほどの2本のカラマツの木だ。伐採に先立ち、根本にお神酒と塩をまき、柏手を打つ儀式を行った。

 伐採作業そのものは林業で一般的に行われているやり方と違いはなく、倒す方向を決め、ワイヤーを張ってチェーンソーで根本に切り込みを入れる。この作業は危険を伴うため、本職の住民と管理事務所のスタッフが担当した。轟音と共に倒れた木は、その場で長さ約5メートルずつに分割。それぞれ皮むきをして、御柱の完成だ。8本の御柱をつくるのにかかった時間は3時間ほど。10月9日の小宮祭まで、管理事務所前に安置される。

 避暑地としても知られる諏訪地方の八ヶ岳周辺には、蓼科高原などの別荘地が広がり、都会からの移住者が多い。自分を含め、そうした住民もやはり諏訪大社の氏子であり、大社の御柱祭に参加できるし、小宮祭も行っている。筆者は以前、別荘地内で祭りとは別に純粋な伐採作業を手伝ったこともあるが、基本的にやることは同じである。この地では、伐採や間伐は今も日常的に行われているし、「山」や「木」に特別な感謝の思いを寄せて暮らしているのは、別荘族も地元住民も変わらない。御柱祭とは、山間地に暮らす人々にとって、太古の昔から生活に密着した行事だということを実感している。

白樺湖に向かって「木落し」

 我が別荘地から3キロほど国道を車山方面に上がっていくと、レジャースポットの白樺湖(標高1416メートル)がある。ここに浮かぶ島にも小さなお宮があり、同日、やはり小宮祭が開催された。地元での切り出しを終えたその足で湖畔に行くと、観光駐車場からボート乗り場に降りる30メートルほどの坂道の上に、「木落し」を待つ御柱が待機中だった。坂を下った御柱は、そのまま湖に引き落とされ、ボートで島のお宮まで水上を曳行される。白樺湖の小宮祭は、他では見られない“水上の御柱祭”なのだ。

 白樺湖の御柱は、小宮祭で曳かれるものの中では大きい方で、大社の御柱の半分から3分の2程度。3本はこの日までに既に祠(ほこら)の周りに建てられており、水上曳行するのは最後の1本だ。力を合わせて湖を渡るために、子供からお年寄りまで150人ほどが集まっていた。大社の御柱祭は氏子のみが参加を許され、観光客は沿道や有料の観覧席などから見物するが、白樺湖の小宮祭は、法被代、保険代などを含む3500円の参加料を支払えば、誰でも綱を引くことができる。そうした観光客の中には、前々回から数えて12年ぶりに、大阪から参加したという男性もいた。

 「木落し」は、男衆が御柱の上にまたがったまま急坂を滑り降りるという危険を伴うものだが、白樺湖の小宮祭の木落しは距離が短く、斜度もそれほど急ではない。とはいえ、子どもたちの「木遣り唄」に乗って威勢のよい掛け声と共に大勢の人たちが綱を引き、坂を滑り降りる様は、やはり勇壮だ。洗練された山車や神輿が登場する祭りと違い、原木を曳くという非常にプリミティブなこの祭りの風景は、縄文遺跡も多い八ヶ岳や諏訪湖を擁する雄大な自然によく溶け込んでいる。

最後の「建御柱」まで間近で見物

 「御船渡し」あるいは「お池渡し」と呼ばれる水上曳行は、お宮がある島に向かって、湖面を300メートルほど船外機つきのボートで曳くというもの。木遣り隊とラッパ隊もイカダとボートで随行する。御柱には前後にV字状に突き出た「メドデコ」という飾り柱がついており、ここに子どもたちが乗って突き進む。白樺湖の水深は最大で8メートルほどに達するため、不慮の事故に備え、消防団員やカヌーのインストラクターも随行し、さらながら小さな護送船団のような様相となった。

 目的地の「池ノ平神社」は、対岸に近い島にあり、御柱は水上に突き出た鳥居をくぐって上陸。「メドデコ」が突き出ているため、知恵と力を結集して隙間を縫うように鳥居の間を抜けていった。御柱は、いったん祠(ほこら)の前に安置され、「冠落とし」が行われた。御柱の頂点を3面(または4面)に削り落とし、鉛筆のような尖った形に整える儀式だ。これにより、御柱は正式に神としての威厳を整える。

 続いて、いよいよ最後のクライマックス、「建御柱(たておんばしら)」が行われた。あらかじめ掘られた穴に御柱を立てるのだが、この際に若い衆3人がてっぺん付近に乗って気勢を上げ、下で待つ子どもたちにおひねりを落としたりする。根本を杭で固め、若い衆が無事地上に降りて終了。今年は、上社でこの最後の最後に死亡事故があったが、慎重を期した白樺湖の小宮祭はつつがなく幕を閉じた。

10月まで諏訪地方の各地で開催

 小宮祭の魅力は、大社の御柱祭に比べて小規模な分、一部始終を間近で見られ、祭りによっては誰でも飛び入り参加できることだ。また、この白樺湖の小宮祭の水上曳行のように、それぞれ独特な魅力があるのも楽しい。

【今後の一般参加可能なおもな小宮祭】
◎乙事諏訪社(富士見町)……9月22日(木・祝)午前8時〜=氏子と同じ曳行体験ができる(参加費6000円)
◎車山神社(茅野市)……9月25日(日)午前8時30分〜=標高1925メートルの車山山頂付近で繰り広げられる「天上の御柱祭」。絶景の山岳風景の中、曳行体験ができる(参加費大人3000円・子供2000円)
◎高森諏訪社(富士見町)……10月2日(日)午前8時〜=氏子と同じ曳行体験ができる(参加費6000円)
◎上羽場諏方神社(富士見町)……10月10日(月・祝)午前8時〜=氏子と同じ曳行体験ができる(参加費6000円)
◎木戸口神社(茅野市)……10月16日(日)午前9時〜=紅葉に染まる横谷渓谷を曳行(参加費3500円)

・詳細は「御柱祭」公式HPにて(http://www.onbashira.jp/komiya/komiya-taiken.php)

--------------------------------------
■内村コースケ(うちむら・こうすけ) 1970年生まれ。子供時代をビルマ(現ミャンマー)、カナダ、イギリスで過ごし、早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞(東京新聞)で記者とカメラマンをそれぞれ経験。フリーに転身後、愛犬と共に東京から八ヶ岳山麓に移住。「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、「犬」「田舎暮らし」「帰国子女」などをテーマに活動中