地元の味覚が楽しめる“役所メシの旅” ── 品川区役所「品川めし」

地元の味覚が楽しめる“役所メシの旅” ── 品川区役所「品川めし」

品川区役所で楽しめる「品川めし」

 「社員食堂」がある会社のように、市役所や区役所といったお役所にも食堂がある。うどん・そばやカレーといった定番メニューに加えて、地元の食材や名物グルメが味わえる食堂も。そんな地元の味が楽しめる役所の食堂を探訪する当連載企画。第2回は、東京都品川区役所の食堂。同区の歴史に思いをはせる「品川めし」を味わってきた。

 品川区役所の玄関をくぐってロビーへ。このロビーのあるフロア、実は3階なので、2階にある食堂へ行くには、1つ下の階に降りねばならない。食堂入口横の食券販売機の前に立つ。購入するのは、本日楽しみにしていた「品川めし」(500円)だ。

 区によると、品川めしはもともと、東京湾でたくさん獲れていたシャコを使った丼ものだった。正確なレシピは伝わっておらず、下煮をしたシャコをご飯とともに炊き上げたり、砂糖じょうゆで煮付けたシャコを丼飯に載せたり、卵とじを載せたりしていたらしい。その後、シャコが獲れなくなると、代わりにアナゴを入れた丼も品川めしと呼ばれるようになったという。

 しかし、窓口で出された品川めしは、丼ものではない。黒い皿の上に、オムライスのような品が載せられていた。黄色い薄焼き卵の上には、青ノリが振りかけられていたので、オムそばに見えなくもない。卵焼きの表面にある丸っこい焼印は、区のキャッチコピー「わ!しながわ」のロゴマークだという。

 現在の品川めしは2代目にあたる。改修前の食堂で提供されていた初代の品川めしは、白飯の上に煮アナゴなどをのせた丼物だったとか。2代目は、新時代の品川めしとして、2月の食堂リニューアルオープンとともにデビューした。食堂を運営する日京クリエイトによると、1日に10食前後を用意するという。

 薄焼き卵をおそるおそるぺろんとめくってみると、レンコンなどの野菜が入った五目ちらしの上に、甘辛く煮られたとわかる薄褐色のアナゴが複数枚載っていた。中身を確かめたあと、めくれ上がった薄焼き卵をそっと元に戻す。

 いただきます、とささやいたあと、黒い皿と黄色い卵の鮮やかなコントラストを目で楽しみつつ、薄焼き卵の表面に箸で切れ込みを入れ、卵と五目ちらしのブロックを作って口にほおばる。薄焼き卵の香ばしさとさわやかな酢飯、そしてちょうどよい甘辛さのアナゴの味わいが、舌の上を次々と通り過ぎていく。ときおり登場するレンコンのシャキシャキとした歯ごたえも楽しい。

 「アナゴを単独で味わいたい」という衝動がにわかにわき起こり、再び薄焼き卵をぱっとめくって薄褐色のアナゴを一切れ引っ張り出す。

 黒い皿に横たわるアナゴは、ほのかにつやつやと光っている。本来ならば酢飯とともに薄焼き卵の衣をまとっているはず。

 おもむろに、アナゴを箸で半分に切断し、まず片方を口の中へ。柔らかく、とろけるような白身の食感と、アナゴそのものが持つうま味の交錯に、悦楽を感じる。残る一切れを惜しみつつ、ゆっくりとほおばった。

 そのアナゴも、薄焼き卵の上の青ノリも、品川区産ではない。江戸時代、品川において漁業は重要な地場産業だったが、近代化の波のなかで、漁場である東京湾の埋め立てが進むなど周辺環境の変化とともに衰退していった。

 京急北品川駅から旧東海道を超えて海側へ行けば、往時の風情が残る品川浦の船だまりに出る。かつて、豊富な水揚げがあり、ノリの主要産地でもあったこの地では今、数件の船宿が軒を並べ、船だまりには屋形船やつり船が並ぶ。残った漁業者のなかには、船宿に転身した人もいるという。

 アナゴや青ノリを使った品川めしは、漁業がさかんだった品川の歴史に思いをはせてほしい、という区の思いを背負っている。

 食堂担当部署である総務部の米田博人事課長は、「区民には、歴史と文化が色濃く残る品川の土地に愛着と誇りを感じるきっかけを、品川をあまり知らない人には、品川に興味を持つきっかけを提供してほしい」と期待をかける。

 食堂は平日午前8時〜9時(モーニングタイム)、午前11時〜午後2時(ランチタイム)、午後2時〜午後5時(喫茶)営業で、定休日は土日祝日。品川区役所へは、東急大井町線の下神明駅から徒歩5分、JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線の大井町駅から徒歩8分。

(取材・文:具志堅浩二)