広島じゃけん《お好み焼き》(2)焼け野原屋台が原点 “広島焼き”誕生物語

広島じゃけん《お好み焼き》(2)焼け野原屋台が原点 “広島焼き”誕生物語

昭和30年代の創業当時 (林芳彦さん撮影)=みっちゃん総本店提供

 “うまいもん“の宝庫、広島。なかでも、“お好み焼き”はその代表格だ。地元のソウルフードの地位にとどまらず、今では全国で広く支持されるようになった。

 広島のお好み焼きは、いつどのようにして誕生し、どのように広まっていったのか。その歴史や足取りをたどりながら、魅力を紹介していく。

----------

 井畝満夫(いせ みつお)さん(84)愛称“みっちゃん” 昭和7年生まれ。5歳の時に満州に移り住み、終戦後、両親と共に帰国した当時、まだ14歳だった。

 5年後の昭和25年、両親が『美笠屋』の名で広島市の中央部に屋台を出す。しかしすぐに病弱だった父に代わり、当時まだ19歳だった井畝満夫が店を切り盛りするようになる。市内中心部は原爆で焼け野原になった復興の最中のこと。昼は百米道路(平和大通り)の建設工事など街の為に働き、夕方からは屋台でお好み焼きを売る、そんな時代だった。

 2年後の昭和27年頃。文字通り身を粉にして働く日々のなか、アイデアマンだった“みっちゃん”はまず、サラサラだったウスターソースをなんとかしよう、と思いつく。父親とソース工場に行き、ウスターソースを作る過程で破棄される、とろみのある沈殿物を見て閃くと、片栗粉を使ってとろみを出した初期の『お好みソース』を作らせた。それは具材に染み込まず、見た目もトロリと美味しそうな独特のソースだ。

 更に改革は続く。移動する屋台では水が貴重で、皿や箸を洗うにも大量に使うし、手間も掛かる。ならば、という訳で鉄のヘラを使って鉄板の上で食べて貰うようにした。これなら皿も、当時高価だった割り箸も不要だ。そして鉄板の上で、すぐ熱くなる鉄のヘラには、持ち手に木を取り付けた。これは当時の屋台仲間にも好評で、皆がこぞって欲しがった。

 そして昭和30年頃、みっちゃんは当時まだ24歳の食べ盛り。薄いお好み焼きでは、お腹いっぱいにならず、焼きそばとお好み焼きを同時に食べていて、ふと思いつく。お好み焼きに焼きそばを乗せて食べたら美味しい、しかもボリューム満点で、お腹いっぱいになる!! そしてとうとう、今の広島焼きの原型ともいえる丸いかたち=(それまでは具が少なく2つ折りの半月状だった)のお好み焼きが出来上がる。また、他にも値動きの大きいネギやキャベツを少なくするために、モヤシを入れたり、上部以外が熱くならないお好み焼き用の鉄板の考案(特許取得済み)も彼の功績だという。

 昭和40年に広島市の条例によって市内中央部にひしめいていた屋台は立ち退きになり、店舗型営業の時代になる。その時も彼が中心になり、躊躇する仲間を説得して、それまでの屋台からいきなり、広島駅ビルの中に出店。店はすぐに「キャベツを切るのが間に合わない程」の人気店になり、駅にあることで瞬く間に全国へ、“広島風お好み焼き”を知らしめる事にもなった。

 
 井畝満夫氏“みっちゃん”と仲間達の功績は勿論大きいが、広島県内、とりわけ市内においては「お好み焼き屋」は一つの街に複数は必ずある、と言っても良いほど存在し、それぞれの町民に愛されている。南区東雲町のように数分歩けば別の店があるような、数十店舗のお好み焼き屋で賑わう街もあり、またツワモノ(?)は自分の家でも“お好み”を焼く。

 戦後から60年以上にわたって愛され続けるお好み焼きは、それぞれの店ごとに特徴があり、使う材料や焼き方など、今もバラエティーに富んだ進化を続けている。

写真・文責 友廣義明