「40代の地方生活」「地元でプチ移住」 泊まって分かる田舎暮らしのリアル

「40代の地方生活」「地元でプチ移住」 泊まって分かる田舎暮らしのリアル

[写真]計6棟の宿泊できる「暮らす別荘」が並ぶ『class vesso』

 近年、都会から地方への移住希望者が増加している。各種統計によれば、「田舎暮らし」を志向するトレンドは、従来の中心だったリタイア世代のみならず、20〜30代の若者世代にも広がりつつあるようだ。これを民族の大移動の前兆と言うとかなり大げさかも知れないが、受け入れる「田舎」の側から見れば、最大にして数少ない地域活性化のチャンスなのは間違いない。今、都会人の「夢」を「現実」にするハードルを少しでも下げようと、自治体などが各地で盛んに移住セミナーや現地見学会を開いている。

 移住希望地No.1の長野県に住む筆者の周りでも、さまざまな取り組みを見聞きする。そんな中、軽井沢エリアにこの春、目に見える形で移住希望者に「田舎暮らし」をアピールする施設が出現した。一見、小規模な住宅展示場のように見えるが、そこに並ぶ家は、薪ストーブの煙突があったり、ログハウス風であったりと、移住希望者が好みそうなスタイルを網羅している。それぞれ宿泊することが可能で、将来の移住を念頭に、レジャーを兼ねてリアルな田舎暮らしを体験できる施設だという。『class vesso』=「暮らす別荘」と銘打った、新たな田舎暮らしの最前線を取材した。(内村コースケ/フォトジャーナリスト)

「暮らす別荘」とは?

 筆者の実家は、軽井沢町の西隣、長野県北佐久郡御代田(みよた)町の浅間山麓にある。実家があると言っても「地元」ではない。そこで暮らす間もなく80歳になる母、そして八ヶ岳を挟んだ蓼科高原に住む僕自身も、東京からの移住者だ。母は父と2人で10年ほど前に移住、僕は行ったり来たりするいわゆる「週末移住」を経て、5年前に蓼科に住民票を移した。移住後に父が亡くなり、一人暮らしになった母の様子を見ることが、同じ長野県内に移った理由の一つだ。だから、蓼科と御代田を結ぶ約1時間半の道のりをしょっちゅう車で走っている。『class vesso』は、その沿道の御代田町の中心部近くに、今年の春先に出現した。気になってホームページをあたると、今年の夏から本格的な宿泊受け入れが始まるとのこと。お盆の時期を見計らって見学と取材を申し込んだ。

 「田舎暮らし」には、大別して2種類のイメージがあると思う。田園地帯や郊外住宅地的な既存の地元の人たちの暮らしの中に入っていく場合と、移住者が集まる山や海の別荘地などに定住するケースだ。もちろん、このようにデジタルに二分できない田舎暮らしのパターンも多くあるだろうが、僕は完全に後者だ。車がないとコンビニにも行けないような山の別荘地にある斜面にへばりつく家で、「田舎暮らし」というよりは「山暮らし」を実践している。一方、御代田町の実家はゴルフ場や畑に囲まれた静かな集落にある。近隣住民の多くは都会からの移住者で、週末にのみ訪れる別荘族も混じる。

 対して『class vesso』は、駅、役場、スーパー、郵便局などの生活に密着した施設が徒歩圏内にそろう御代田町の中心部近くにあり、立地としては郊外住宅地的だ。ただし、幹線道路の向こう側には畑が広がり、その先に雄大な浅間山が控える。郊外型と別荘型の両方のタイプの田舎暮らしを実感できるような、体験型の施設としてよく考えられた立地だという印象だ。

 幹線道路の一本裏の150メートルほどの道路の両側に、それぞれ「自給自足を考える家」「空気をデザインする家」「日本文化を体験する家」「ノマドワーカーの家」「ベースキャンプの家」「週末リゾートの家」というコンセプトデザインの6軒の一軒家が並ぶ。それぞれにコンセプトに合わせたインテリアが備え付けられ、貸し別荘のような形で家族単位で宿泊できる。宿泊客がいない時にはモデルハウス的に内部の見学も可能。『class vesso』=「暮らす別荘」とは、田舎暮らしに対するさまざまなニーズを具現化した体験型の宿泊施設だと言っていいだろう。

泊まることで得られる「肌感覚」

 『class vesso』での「体験」には、一般的なレジャー施設にあるような燻製作りや薪ストーブ料理といったアクティビティも含まれるが、やはりそのキモは、「自然豊かな環境にある理想の家に暮らす」という田舎暮らしの夢を、現実の風景として目撃し、体験できる点にあると思う。たとえば、僕が個人的に食いついたのは、6棟のうちの一つの「ノマドワーカーの家」だ。ノマドとは遊牧民のことで、「ノマドワーカー」はインターネットを最大限に利用して「住む場所に縛られない働き方をする人」といった意味合いだ。

 今、こうして山の中でwebメディアに掲載する原稿を書いていること自体が、僕が典型的なノマドワーカーである証左なのだが、今住んでいる山荘は、インターネット時代になるはるか前に建てられた古い別荘で、もともと「仕事をしながら定住する」という使い方は想定されていない。そのため、不便な面がたくさんある。たとえば、山の斜面にへばりつくように建っているので、僕のノマドワークに必須の計30キロはある撮影機材を、毎日のように駐車場との往復でビルの3階ほどの高低差を運ばなければならない。雪に埋もれる冬場は、八甲田山の悲劇顔負けである。また、夏用の別荘建築なため真冬は氷点下15度くらいまで下がるのに断熱性が低く、暖房の主力となる薪の確保が冗談抜きで生死を分ける問題となる。

 対して、平屋建てで気密性の高い「ノマドワーカーの家」は、理想的に映る。おもに生活の場になっているオープンなリビングと、パソコンに向かって集中して仕事をするのにピッタリな屋根裏部屋(ロフト)という間取りも、自分のニーズに合っていそうだ。とはいえ、この家での「ノマドワーカーな暮らし」が、本当に理想的かどうかは、コンセプトを頭で理解しただけでは十分に判断できないかもしれない。僕の「山奥の別荘」に比べれば間違いなくはるかに便利だとは思う。しかし、もし、僕がまだ東京を拠点にしていてゼロからこの地に移住することを考えるとすれば、「東京の事務所のように目の前にコンビニがあるわけではない立地は、仕事をしながら住む家としてどうなのか?」「新幹線を使ってもドアtoドアで2時間弱という東京のクライアントとの距離感が、仕事上どう影響するか?」「ロフトスペースの仕事部屋は息苦しくないか」……。そういうことが次々と頭をよぎるだろう。

 こうした細々としたリアルな部分では、どうしても理屈よりも肌感覚が優先する。だから、たとえ1泊でも実際にそこに「住む」ことで、自分が目指したスタイルの田舎暮らしが「想像と違っていた」という後悔に結びつくリスクが軽減すると思う。大きな後悔は、案外小さなことの積み重ねである場合が多いからだ。

“プチ移住”目指す地元の若い世代も

 『class vesso』は、住宅展示場でもなく、貸し別荘でもなく、「田舎暮らし」の実現を後押しするコンセプチュアルなビジネスの実験場だと言っていいかもしれない。全体のコンセプトを住宅コンサルタント会社が担当し、6軒の家はそれぞれ別の会社が設計・施工する。移住希望者に土地を斡旋する提携関係にある地元不動産会社もある。つまり、さまざまなパターンの田舎暮らしのコンセプトを提案し、土地の購入から気に入った家を建てる所までワンセットでサポートする体制となっている。

 6軒の家では、週末を中心に、移住に向けたよりリアルな部分をサポートする各種セミナーも開催している。お盆期間中の土日には、地元企業と連携した「収納」のセミナーと、フィナンシャル・プランナーによる住宅ローンなどの相談会がそれぞれ無料で開かれた。収納セミナーでは、新しい土地・新しい家で「どんな暮らしをしていきたいのか?」と考えるところから始まり、それに沿って「家を建ててから片付ける」のではなく、「収納を考えて家を建てる」といったことを、収納のプロがレクチャーした。住宅ローンの相談会では、相談者の具体的な希望に対し、どの程度の安定収入があれば住宅ローンが組め、無理なく返済できるかというアドバイスが聞かれた。

 この2つのイベントの参加者をはじめ、取材した2日間で出会った見学者・宿泊者は、リタイア後のシニア層よりも、小さな子供がいる若い夫婦や現役の中高年層が目立っていた。また、都会からの移住希望者ばかりでなく、特に若い層では地元の人が目立ったのが少し意外であった。地元の若夫婦のほとんどは、結婚や出産を機にUターンしたり、実家を出て近くに自分たちのライフスタイルに合った家を新築したい、といったケースだ。田舎暮らしというと、都会の人が豊かな自然環境に憧れて移住するイメージが強いが、地方における地域内での生活圏の移動・ライフスタイルの変更といった“プチ移住”も、これからどんどん増えていくであろう。

夢を現実にした40代夫妻のケース

 一方で、『class vesso』の顧客には、既に都会からの移住を決め、土地の購入と建物選びまで具体化させている人たちもいる。東京で共働き中の40代後半のAさんご夫妻もその一組。既に提携する不動産会社を通じて御代田町内に土地を取得済みだ。そこは『class vesso』から車で10分足らずの国道から少し入った閑静な住宅地の一角で、駅やスーパー、コンビニから徒歩圏内。もともとは別荘地として開発された地域だといい、都会からの移住者も多い。来春竣工予定の家は、『class vesso』の体験型別荘の一つに近い平屋建て。木立の中にある静寂な環境と利便性が同居した、夫妻の理想と現実がマッチした選択だ。

 地方出身のAさんご夫妻は、もともと「東京は仕事のために住む場所」と割りきっていて、若いころから田舎暮らしを意識していた。「早期退職」という言葉もちらつくようになった数年前から具体的な検討を始め、東京の郊外住宅地にある急な階段がある一軒家から、縁もゆかりもなかった御代田町の平屋建てに移る決心をした。いずれは完全移住を果たすつもりで、当面は週末移住、あるいは状況が許せば「新幹線通勤もあるかも」という。  そんなAさんご夫妻の選択は、おもに以下のような希望と条件を集約した結果だ。

・自然が豊かで夏涼しいところ。 ・もともとは、ご主人に土地勘があった軽井沢の追分エリアが有力候補だった(同じ軽井沢町内でも旧軽井沢などの高級別荘地に比べれば割安で「穴場」だと思ったため)。そして、現地を見学した際に、追分のすぐ隣の御代田町に行けばさらにグッと土地の価格が下がることが判明。一気に夢が現実に近づいた。 ・東京の家は階段が急で老後に不安があり、平屋建ての一軒家を希望。2階建てと比べてかえって割高との情報も得ていたが、『class vesso』の家を見学した流れで、予算内で希望の間取りの平屋が建てられるめどがついた。 ・新幹線通勤も可能な立地で、なおかつ希望していた「木立の中の家」が建てられる土地が実際に御代田町内に見つかった。

 若い世代は、理想的な田舎暮らしを実現できるのは、富裕層やリタイア組だけだとあきらめているかもしれない。しかし、Aさん夫妻のように現実としっかり照らし合わせながら、リタイア前に夢を実現する人たちも着実に出てきている。受け入れる側のビジネスチャンスという意味でも、いたずらに流行を煽るのではなく、現実的な視点で田舎暮らしを応援できるアプローチが、求められているのではないだろうか。

-------------------------------------
■内村コースケ(うちむら・こうすけ) 1970年生まれ。子供時代をビルマ(現ミャンマー)、カナダ、イギリスで過ごし、早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞(東京新聞)で記者とカメラマンをそれぞれ経験。フリーに転身後、愛犬と共に東京から八ヶ岳山麓に移住。「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、「犬」「田舎暮らし」「帰国子女」などをテーマに活動中