マスコミの原点? 江戸庶民が大熱狂した「かわら版」とはどんなもの?

マスコミの原点? 江戸庶民が大熱狂した「かわら版」とはどんなもの?

150年以上も前に作られた「かわら版」(筆者撮影・所蔵)

 今、私の前には、おびただしい数の古い印刷物がある。

 虫喰いやシミも散見される和紙の上に、流麗なくずし字による記事と、力強い描線で描かれた絵図が刷られている。最も新しい物でも、150年以上前に作られたものだ。しかし、「150年以上前」のものと再認識すると、意外に状態が良いようにも思えてくる。

 この古い印刷物は、今の世では「かわら版」と呼ばれる。江戸時代に隆盛を極めた、情報伝達媒体である。

江戸時代からの「贈り物」

 私の前に広げられているかわら版たちは、全てレプリカではない。実際に、江戸時代の人が作り、そして誰かが買ったものなのである。だから、これら一枚一枚に、様々なストーリーがあったに違いない。

 おかしな癖と笑われるだろうか。時折、私はかわら版を見ながら、当時競うようにして買い求めた誰かが、一体どんな顔をしてこれを読んだのか、想像することがある。きっと、敵討ち貫徹のニュースに快哉(かいさい)を叫び、地震の被害状況を知って眉をひそめ、黒船の秘密を読んで胸を躍らせ、妖怪出現の報に驚き、見世物興行の宣伝に興奮したのだろう。

 江戸時代の日本人は、そんなかわら版を、捨てることなく、大切に保管してくれたのである。あるかわら版は、頑丈な木箱に入れて保存され、あるかわら版は、裏に補強の厚い紙を張って保存され、またあるかわら版は、ほかの物と一緒に本として綴じられて、150年以上という年月を、朽ちることなく生き延びた。

 だから、私は思うのである。目の前のかわら版たちは、喜怒哀楽豊かで、生きることに貪欲だった、江戸時代の庶民たちからの「贈り物」に違いない、と。

かわら版はなぜそう呼ばれるのか

 現代の日本に、かわら版という情報媒体は存在しない。我々がニュースを知る際に利用するのは、新聞やテレビ、ネットである。しかし、それでもなお「かわら版という言葉」は、今でも多くの人が知っているようだ。これはなかなか、興味深い事実である。

 ただ、多くの人が「かわら版という言葉」を知っているといっても、かつて存在した「かわら版の実態」が、今も正しく記憶されているかというと、これは極めて微妙である。試しに、一般的な辞書で「かわら版」あるいは「瓦版」という単語を調べてみると、大体は次のような意味が書かれている。

 「江戸時代、速報の記事を、一枚から数枚の紙に木版で刷った印刷物のこと。市中で読みながら売られた」

 この説明は、決して大きく間違っているわけではないが、いくつか誤解を招くところがある。それを説明するために、今回は、かわら版という名称に関して語ってみたい。

 実は、約265年も続いた江戸時代において、かわら版と呼ばれる印刷物が存在したのは、わずか5年ほどなのである。それ以前に、ニュースを伝える印刷物がなかった、ということではない。江戸時代のほとんどの期間、我々が「かわら版と呼ぶ印刷物」は、「読売」、「一枚刷り」などという、異なった名称で呼ばれていた。史料で確認すると、かわら版という呼称が歴史上初めて現われたのは、なんと1863(文久3)年のことなのである。江戸時代が終わる、4年ほど前ということになる。

 それでは、なぜ速報記事などを刷った紙に、かわら版という名前が付けられることになったのだろうか。その理由については、次の三つの説が有力である。

 1.原版の材料が、木ではなく、「瓦」と同じ粘土だったため。

 2.京都の「四条河原」で催された見世物興行の記事が多かったため。

 3.当時の芸能関係者の蔑称だった、「河原者」から。販売者が芸人風だったため。

 しかし、これらの説は、いずれも決定力に欠いている。

 まず、一つ目である。安価で原版を作るため、粘土を用いたというものだが、実は粘土版によって刷られたと思わしきかわら版は、一枚も存在していない。二つ目の説も、残っているかわら版に見られる記事の多様性からして、厳しいように思われる。最後のものは、販売者の実態を知ると多少説得力がありそうだが、史料的に裏付けることが難しい。

 それでは、かわら版という呼称の由来は、全く不明なのだろうか。当時の様々な史料を眺めた上で、私は次のように考えている。

 先ほどの三つの説で言えば、一つ目の説が最も正解に近い。ただし、実際に粘土で原版が作られた、かわら版はなかったと思われる。それにも拘わらず、かわら版がそう呼ばれるようになったのは、「まるで粘土版で作ったかのように、劣悪な品質の刷り物」だったからではないだろうか。

 かわら版という呼称が史上初めて登場するのは、先ほど述べた通り、1863(文久3)年のことだった。河竹黙阿弥(1816〜1893年)が歌舞伎脚本として書いた、『歳市廓討入(としのいちさとのうちいり)』という作品に、それを確認することができる。内容はもちろんフィクションだが、フィクションであっても、一般に流通していない言葉が安易にセリフとして書き込まれることは考えられない。よって、その頃には、少なくともかわら版という言葉自体は普通に使用されていたのだろう。

 それでは、『歳市廓討入』において、かわら版という言葉が登場するシーンのセリフを引用してみよう。敵討のかわら版(2枚組)を売る「読売」(ここでは、かわら版販売者の意)と、それを安く買おうとしている「ある人物」の会話である。

 ある人物――そんな事を言はねえで、八文に負けねえ。敵討の次第は上下八文に極つたものだ。

 読売――そりやいつもの敵討でござります、瓦版とは違ひます。今日版行が改つて知行高から姓名まで委しく記してござりますから、十六文ぢやあお安うござります。【『黙阿弥全集(第二十巻)』(春陽堂)、266ページ】

 自分の売っている商品は、情報も満載であって「瓦版とは違ひます」。読売は、このように力説している。
情報を多く書き入れるためは、字の細かい、高度な木版を作らなければならない。荒い版で刷られたかわら版(引用文中では「瓦版」)と、自分の商品とは全く品質が異なり、よって値引きなどできないというのが、ここに引いた読売のセリフに込められた意味である。

 このように見ると、かわら版という言葉が、その初期に「まるで粘土版で作ったかのように、劣悪な品質の刷り物」というニュアンスで使われていたことは、事実だろうと推察できる。

江戸時代後期の印刷技術

 しかし、である。残されたかわら版を眺めると、決して劣悪な刷りとは言えないのではないか。そう反論する向きも、おそらくあるはずである。

 このことを判断するために、実際のかわら版と、同時代に作られた錦絵(江戸の浮世絵)を見てもらいたい。

 上にあるかわら版は、護持院ヶ原で起きた敵討を報じたものである。発行年は1846(弘化3)年。掲載したのは、2枚組のうちの1枚目である。

 次の多色刷りの絵は「きたいなめい医難病療治」と題された錦絵で、作者は不世出の絵師・歌川国芳(1797〜1861年)だ。こちらは、3枚組のうちの1枚目を掲載した。版行されたのは、1849(嘉永2)年である。よって、2枚は近い時期に作られている。

 このように見比べると、クオリティの違いは明らかである。刷り色の数、描線の美しさ、そして、絵自体のレベルまで、どれも両者の間には大きな差がある。国芳の絵を見た後だと、敵討のかわら版は、「これは木版ではなく、粘土版で作ったものではないか」という陰口を叩かれたとしても、不思議ではないように感じられる。

 江戸時代、特に後期における日本の木版印刷技術は、驚くほどの高みに達していた。これは、江戸時代の美術愛好家による、主観的な発言ではない。黒船を率いて日本に来航した、かのマシュー・C・ペリー(1794〜1858年)提督も、日本の印刷物について次のような感想を記している。

 「われわれの手元にある日本美術の別な見本は、いわば一種の絵巻物であり、木版で紙に色刷りしたものである。そこには先に述べた巨大な力士が並んでいる。芸術的見地から見て、この絵が興味をそそる主な点は、色刷りのすばらしさもさることながら――ちなみに、この印刷工程はわが国でも最新の技法である――線がのびのびとして、力強いことである」【宮崎壽子監訳『ペリー提督日本遠征記(下)』(角川ソフィア文庫)、430〜431ページ】

 これは1854(安政1)年、日本に再来航した際、ペリーが箱舘などを視察した上で書き残したものである。当時の日本の多色刷り技術は、彼の目から見ても、アメリカと同等のレベルに達していたのである。極めて美麗だったほかの印刷物、特に錦絵と比べると、残念ながら、かわら版の刷りは荒かった。これはもう、認める以外にない。

 しかし、逆にかわら版の方が優れていた点もある。まずは、記事が作られてから、売られるまでのスピードだ。だから、かわら版が荒々しいことの第一の理由は、作成する時間が短いことにある。そしてかわら版は、1枚当たりの値段が極めて安かった。かわら版が盛り上がる江戸中期以降であれば、1枚当たり4文が相場である。江戸中期の1文は現代では20円程度、後期は10円〜15円程度の価値だろう。よって、4文であれば、現代の40〜80円相当と思ってよい。2枚組の敵討のかわら版であれば、8文で80〜160円ほどである。

 腕の良い彫師に木版を依頼したり、見目の麗しさを求めて多色刷りにしてしまったりすると、原価が一気に跳ね上がり、結果的に売値も上昇してしまう。かわら版は、簡素で安価、大量に売って儲けるのが原則なのだ。まさに、「庶民のための情報媒体」だったのである。

 それでは、このようなかわら版が誕生したのはいつ頃で、一体いつまで存在していたのだろうか。次回は、そういった「かわら版の歴史」から話を進めたい。

【連載】「かわら版」が伝える 江戸の大スクープ(大阪学院大学 経済学部 准教授 森田健司)