川崎重工業が第二次世界大戦中に開発された三式戦闘機「飛燕」を復元、神戸市で展示

記事まとめ

  • 川崎重工業が第二次世界大戦中に開発された三式戦闘機「飛燕」の復元作業を終えた
  • 今月15日から神戸市内で展示しており、連日、多くの来場者でにぎわいを見せ話題に
  • 知覧特攻平和会館で29年間展示されていたが日本航空協会が、同社に修復を依頼した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております