国立大学の運営費交付金減少で若手研究者減少、将来が不安で博士課程に進む学生も減少

記事まとめ

  • 国立大学の教員に占める40歳未満の教員が20年前と比較しては5000人以上減少したという
  • 大きな要因と見られているのが、国が大学に交付する「運営費交付金」の減少
  • 40代でも任期付き教員の職すら得られず民間企業へも行けない人たちが増えているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております