東京五輪やインバウンドの拡大で医療通訳の対策が急務 第三者がコーディネートも

記事まとめ

  • 来日外国人や地域の外国籍住民のための医療通訳体制の確立が急務となっている
  • 長野市では検討委員会が開かれ、医療用語の習得やスキルアップの必要性が議論された
  • 飯田市では地元の国際交流機関が英語、中国語、ポルトガル語の通訳を仲介する仕組みも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております