【福島県などで震度5弱】気象庁が会見し、今後も年1回程度はM7クラスの可能性と述べる

記事まとめ

  • 福島県などで震度5弱を観測した地震を受け、気象庁の地震情報企画官が記者会見した
  • 地震は東日本大震災の余震であり、今後も年1回程度はM7クラスの可能性があると述べた
  • また、東北全体で活発な状態が続いており、津波警報、注意報後はすぐ避難を、と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております