美智子さま 史上初「退位行事」への静かなるご決断

美智子さま 史上初「退位行事」への静かなるご決断

退位行事の簡素化を願われる美智子さま(撮影/JMPA)

 いよいよ1年後に迫る天皇陛下の退位と皇太子さまの即位。退位、即位に関する行事について急ピッチで準備が進められているなか、両陛下が1990年11月の即位パレードで使用されたオープンカーが、走行できない状態で宮内庁に保管されていることが報じられた。

「イギリスのロールス・ロイス社製で、約4000万円で購入された特別仕様車ですが、使用されたのは両陛下の即位と、1993年6月の皇太子ご夫妻の結婚パレードの2回きり。すでに車検も切れ、メンテナンス用の部品も手に入らないのが理由だということですが、イギリス本国であれば部品も揃い、修理すればまだ走れるという意見もあります。そうなれば、3回目のお目見えの可能性もあると思います」(皇室記者)

 退位、即位の儀式について、より具体的な議論が進められていくタイミングでされた、オープンカーの「走行不可能」報道には、「両陛下の『退位パレード』が検討されているのではないか」と思い至った人も多かったようだ。

 1959年、高度経済成長期のまっただ中で行われた陛下と美智子さまのご成婚パレードは、皇居から東宮仮御所のあった現在の常陸宮邸(渋谷区)までの約8.8kmの道のりに約53万人が詰めかけた。テレビ放送はその6年前に始まったばかり。全国の街頭テレビでは、1500万もの人が固唾をのんで50分間のパレードの様子を見守った。

 1990年に行われた即位パレードでは、皇居から赤坂御用地までの約4.7kmの沿道に、約11万7000人の人垣ができた。バブル景気に沸き、世界経済を日本が席巻していた頃、新時代は両陛下のパレードで幕を明けた。

「両陛下の2度のパレードは、そのときそのときの時代を切り取って、多くの国民の心に焼き付きました。これまで日本のために、そして国民のために身を粉にして象徴としての務めを果たされてきた陛下と、それを最も近い場所で支えられてきた美智子さまの有終の姿を見たいと願う声も根強く聞かれます」(前出・皇室記者)

ところが、美智子さまはそんな“世論”とは反対のお気持ちだという。

「美智子さまは、“退位にまつわる儀式はできるだけ簡素に”というお考えをお持ちだといいます。パレードについても、費用面や関係各所の負担に加え、交通規制などによる一般への影響を考慮して行わないというご意向だそうです」(宮内庁関係者)

 これまで、皇位は先代の崩御によってのみ継承されてきた。そのため、今回の生前退位には「二重権威」への不安がついて回る。

「美智子さまは、新時代が幕を明ける直前にお姿が大々的に国民の目に触れることによって、新天皇・皇后への余計な負担になってしまわないかと危惧されているといいます。さらには、退位礼正殿の儀での陛下のお言葉も執り行わなくてもいいのではないか、というお考えだとも聞いています。

 天皇皇后としてなすべきことのすべては、これまでの約30年で充分に国民にお見せできたという達成感にも似た思いもあるのではないでしょうか。だからこそ美智子さまは、“ただ去るのみ”という静かなるご決断をされたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

◆防弾ガラスのパレードカー

 この先さまざまな儀式、行事が執り行われる。皇太子さまの即位においては、陛下の前例を踏襲する形式が取り入れられる予定だ。陛下の退位から一夜明けた来年5月1日には、「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」が行われる。

「皇位とともに受け継がれる剣や璽は、前回の儀式の際は侍従が陛下の前に置かれた白木の台の上に運びました。今回は、前の“所有者”である陛下がいらっしゃるわけですから、直接お渡しになる『バトンタッチ』があってもいいのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 即位当日に、新たな元号が用いられることになる。すでに、内々に次の元号に関する検討は始められている。

「小渕恵三元首相が額縁を掲げる姿が印象深い『平成』は、東大名誉教授だった山本達郎氏の案でした。考案者が堅く伏せられていたことで、改元の際にすでに亡くなっていた人物の名前がまことしやかに噂されたこともありましたが、縁起物である元号には、故人の案は採用しないという暗黙の了解があります。次の元号を迎えたときにも、日本のどこかに考案者がいるということです」(皇室ジャーナリスト)

 10月には即位を内外に示す『即位礼正殿の儀』や即位パレードにあたる『祝賀御列の儀』、海外からも賓客を招く『饗宴の儀』が行われる。

「オープンカーでパレードすると思いますが、あのロールス・ロイスの修理問題があるとなると、宮内庁も頭を悩ませているでしょうね。ちなみに、今の陛下の即位パレードの時には過激派による襲撃の可能性が懸念されており、オープンカーとは別に防弾ガラスを配した車も用意されていました。ギリギリのタイミングでオープンカーに乗られることが決定しましたが、もしかしたら、ガラス越しの味気ないパレードになってしまっていた可能性もあったんです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 即位から半年後の11月に行われるのが『大嘗祭(だいじょうさい)』だ。

「宮中祭祀の中で最も重要といわれる五穀豊穣を祈念する『新嘗祭(にいなめさい)』のうち、天皇が即位して初めて迎える際に特別に大嘗祭と呼びます。即位の儀式においても重視され、かつて、大嘗祭を終えていない天皇はまだ天皇になり切れていない『半帝』と呼ばれたともいいます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 大嘗祭では、その年に「悠紀田(ゆきでん)」と「主基田(すきでん)」で収穫された米が用いられる。京都より東側に悠紀田、西側に主基田が定められるが、その具体的な場所の決定方法は『亀卜(きぼく)』といって、亀の甲羅を焼き、その割れ方で場所を決める古来の占いによるものだ。

「問題の1つは、かなりの大きさのウミガメの甲羅が必要になる反面、個体数の少ないウミガメは、ワシントン条約で輸入が厳しく規制されているため入手が困難なことです。

 もう1つは職人不足です。前回の大嘗祭の際には、都内に住む当時70代のべっ甲職人が甲羅の加工を担いました。そのかたは昭和天皇の大嘗祭の時にも父親に付き従って作業に携わったそうで、約60年前の記憶を頼りにした作業でかなり苦労があったようです。今回も甲羅の加工という慣れない作業を担える職人探しも、大きな課題となるようです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 大役を終えられた両陛下は、どのようなお気持ちで新時代のスタートをご覧になるのだろうか。その日は着実に近づいている。

※女性セブン2018年5月31日号

関連記事(外部サイト)