梅毒患者が44年ぶり5000人超 外国人観光客の性風俗店利用で感染拡大という説も

記事まとめ

  • 2012年に875人だった梅毒患者は2017年、44年ぶり5000人超となった
  • 外国人観光客が日本国内の性風俗店を利用して感染が広まっているという説が根強い
  • 梅毒の恐ろしさを体験し、恐怖から二度と性風俗店で働けなくなった女性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております