97歳・朝日新聞女性社主を巡る親族と後見人の「介護対立」

97歳・朝日新聞女性社主を巡る親族と後見人の「介護対立」

大新聞のオーナー家に何が?(時事通信フォト)

 認知症などにより意思疎通が図れなくなった本人に代わって財産管理を担う──成年後見人制度の利用者は年々増加し、2017年末時点で21万人。その一方で、後見人に絡んだ介護や相続をめぐるトラブルも増えている。それは、日本を代表する大新聞の“オーナー家”も例外ではなかった。ジャーナリストの伊藤博敏氏がレポートする。

 * * *
「社主は、1年前まで話しかけると表情豊かに笑い、頷き、気分が良い時には歌もうたっていた。今は医師でもある成年後見人の方針で『見守り』に徹し、誰も話しかけることがなくなり、表情と言葉も失った。可哀想でなりません」

 朝日新聞の村山美知子社主(97)の親族は、力なくこう語った。1879年創刊の朝日新聞は、村山龍平氏を創始者とし、村山家が株の3分の2を保有してスタートした。

 非上場ゆえ株は村山家で受け継がれ、その該当者は「社主」と呼ばれる。美知子社主は、龍平氏の女婿・長挙氏の長女で、生涯独身で子供はいない。40年以上前から社主を務めているが、2年前の7月、肺炎をこじらせて大阪の北野病院に緊急入院。集中治療室を経て、今は特別室に在室している。

 要介護度5で歩行困難。経鼻栄養チューブで食事を摂り、会話は気管切開部に装着して発声する医療器具が必要で、認知症も進んでいるという。

 しかし、美知子社主が雇っていた介護スタッフが、付きっきりで介護にあたり、一時は「笑い、うたい」といった行為ができるまで回復したという。

「ドラマや歌舞伎などのDVDが好きで、お花見や誕生会などの時には、車椅子で外に連れ出すこともあり、社主はとても喜んでいました」(介護スタッフ)

 ところが、昨年7月にそうしたひとときは終わりを告げた。介護方針が大きく変わり、間もなくして9人いたスタッフが全員解雇される事態となったのだ。

◆「社主は“なんで?”と涙を流した」

 美知子社主は、倒れる寸前、将来の相続を考えて後見人制度の利用を申し立てた。「財産管理」を藤木克尚税理士、「身上監護」を吉田途男医師が担うことになった。先述の介護方針変更は後者の吉田氏が決定したとされる。

 美知子社主の父、龍平氏は、明治時代に神戸の高級住宅地・御影に約6000坪の屋敷を構え、敷地内に重要文化財を含む書画骨董を所蔵する「香雪(こうせつ)美術館」を併設した。今年3月、その分館として朝日新聞大阪本社の敷地内に「中之島香雪美術館」をオープンしたが、それが、騒動のきっかけとなった。前出の親族が解説する。

「この分館を事前に社主に見せる計画が進んでいたが、昨年7月、吉田先生が一方的に訪問キャンセルを決めた。『何かあったら困る。これが社主の意思です』という。そのあたりから吉田先生による介護態勢の主導が強まり、7月以降、刺激を与えない『見守り』が徹底され、リハビリや車椅子での散歩などがなくなり、吉田先生とスタッフとの関係がギクシャクし始めた。そして9月にスタッフは全員、解雇を通達されたのです」

 納得しないスタッフのうち4人が今年6月、神戸地裁に「労働審判手続申立書」を提出した。直接雇用者の美知子社主を相手に“不当解雇”を訴えるものだが、事実上、後見人に向けられた申し立てといっていい。

「私たちは、これまで社主の病状を進めないように献身的に介護し、社主も私たちを可愛がってくれた。突然のクビを社主に報告すると、『なんで? なんで?』と、大粒の涙を流された。そして今では、音楽やビデオの鑑賞を止め、外に連れ出すこともない。しかも、今後は人工呼吸器を付けることも考えていると聞きます。そんな“生かされる状態”が本当に社主の希望なのかを問いたい」(原告となったスタッフ)

 そうしたスタッフに理解を示したのが、社主の親族である。朝日新聞の社長、大阪代表、両後見人などに宛て、「解雇は村山美知子本人の希望に反していると親族一同、思慮しております」という「申入書」を提出している。

◆後見人は“朝日側”

 村山家に詳しい朝日新聞関係者は、こう見立てる。

「吉田医師は、朝日新聞大阪本社内の診療所長を務める(企業に雇用された)産業医です。また藤木税理士は、朝日新聞が村山家対策を考える際の通称『3人委員会』のメンバー。『見守り』は、社主の健康維持を最優先にした措置なのでしょう」

 村山家と朝日新聞の間にはかつて「40年戦争」と呼ばれる対立があった。原因は村山家が“物言う大株主”として、人事や編集方針に口を出したことによる。

 2008年6月、美知子社主が朝日新聞側の説得に応じ、約37%あった株のうち、約12%をテレビ朝日に譲渡、約10%を香雪美術館に寄付。筆頭株主の座を譲った(現在は約11%で3位)。「3人委員会」とは、この時、尽力した当時の秋山耿太郎・朝日新聞社長(現顧問)、広瀬道貞・テレビ朝日会長(現顧問)、そして藤木氏のことを指す。

「今後、美知子社主の持つ株の相続についての議論が行なわれる。“朝日側”と見られる後見人の判断に注目が集まります」(同前)

 朝日新聞社株の相続を受ける資格のある直系親族は、美知子社主の甥の恭平氏のみ。恭平氏が言葉を選びながら語る。

「人工呼吸器を着けて伯母を苦しめることにも、外して死なせることにも断固反対です。吉田先生は、この問題に言及すると、後見人の権限を盾に議論を打ち切ってしまい、自分の決定を強要します」

 吉田氏には、介護スタッフの馘首問題を含め質問書を送り、連絡を続けたが返事はなかった。藤木氏は、「(美知子社主)ご本人に確認を取れる状態にない」と言うのみで、朝日新聞は「村山社主のプライバシーに関することなので、お答えできることはない」(広報部)と、返答を控えた。

 後見人トラブルというこの“時事ネタ”が、朝日新聞で報じられることはあるのだろうか。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

関連記事(外部サイト)