凶事続きの東北新社 同族経営の終焉で名高きCMディレクターに問われる経営手腕

凶事続きの東北新社 同族経営の終焉で名高きCMディレクターに問われる経営手腕

東京・港区にある東北新社(時事通信フォト)

 東北新社の衛星放送免許が取り消されることになった。同社が運営する衛星放送「BS4K」は2017年1月に認定されたが、この時点における外国資本の議決権比率が放送法で規制する20%以上だったためだ。

『週刊文春』(2月11日号)が報じた、東北新社に勤める菅首相長男の総務省接待は、その後、大臣経験者やNTTを巻き込む大騒動となった。発火点となった東北新社には免許取り消しという、放送事業者にとってはもっとも厳しい処分が下された。

 東北新社としては、総務省に絶大な影響力を持つ菅首相の長男を取り込むことで、放送事業を優位に展開するはずが、むしろ足を引っ張ることになった。

躍進のきっかけとなった「サンダーバード」

 それにしても、東北新社はここ数年、凶事ばかりが続いている。

 東北新社は、秋田県出身の植村伴次郎が1961年に設立した。菅首相の長男が勤めているのも、同じ秋田出身ということで、伴次郎が菅首相を応援していたためだ。

 もともとは外国映画・ドラマの翻訳・吹き替えなどからスタートしたが、その後、自ら番組を買い付け、テレビ局に配給するようになる。その最大のヒット作がNHKで放送された「サンダーバード」で、東北新社躍進のきっかけとなる。

 さらにはテレビ番組制作、CM制作にも進出、映像に関する総合制作会社としての色彩を強めていくが、中でも東北新社の名を高めたのはCM制作で、後述する日清食品「カップヌードル」を筆頭に、数多くのヒットCMを制作し、国際的な賞を何度も受賞している。

 続いてポストプロダクション(撮影後の編集・加工)を始め、1986年にはスターチャンネルを設立し放送事業に進出。映像に関する川上から川下までワンストップで行うことができるようになった。

 2002年には港区赤坂の赤坂御所の向かいに本社を建設、そして同年ジャスダックに上場と、設立から約40年間、右肩上がりで成長してきた。

創業家2代目時代にぱたりと止まった成長

 これを可能としたのが植村伴次郎の絶妙なバランス感覚だったという。

「伴次郎氏はかつて、『クリエーターが存分に腕を振るえる環境を用意する。ただし、自由にやらせすぎるとコストがかかる。その兼ね合いをどうするかを考えることが重要』と語っていた」(経済誌記者)

 その後、2010年には伴次郎の長男、植村徹が社長に就任する。「徹は学生時代から仕事を手伝うなど、父の背中を見て育ってきた」(前出の記者)という。

 そして同時に、長女の夫で徹の義兄となる二宮清隆を副社長に据える。その際、伴次郎は徹に「二人でタッグだよ、二人合わせて一人前なんだ」と諭したという。裏を返せば、自分の息子に100%の信頼を持てなかったということだ。

 事実、2010年代、東北新社は成長を止める。インターネットの普及により、マーケティングの手法が大きく変わり、その影響は東北新社の稼ぎ頭であるCM制作にも及んだ。

 また放送事業も、ネットフリックスなどの定額サービスが普及し、加入者も減っていった。本来、こうしたデジタル時代に対応するために若い世代を社長に登用したはずだが、思ったような結果は残せず、かつては750億円あった売上高は600億円前後にまで低下する。

 収益の柱を増やそうとコンテンツの知的財産ビジネスにも力を入れたが、サンダーバードと、権利を買収した「宇宙戦艦ヤマト」以上のものを生み出すことはできず、狙いは不発に終わる。

 加えてデジタル対応投資でコストが増えたこともあり、2019年3月期には最終損益が赤字に転落、その責任を取って徹は辞任、二宮が社長に昇格した。

参考人招致の新社長はCM業界の有名クリエーター

 ここから植村家の悲劇が始まる。

 同年10月、創業者の伴次郎が死去。90歳だったから大往生といっていいが、それから半年後の2020年4月、今度は徹が58歳の若さで急死する。東北新社では死因を明らかにしていないが、『週刊新潮』ではコロナ死と報じていた。そして今年に入って総務省接待が明らかになり、国家公務員倫理規定に反する行為を行った責任を取って二宮が辞任した。

 現在、東北新社のボードには、伴次郎の甥が取締役常務執行役員にいるが、すでに65歳ということもあり、東北新社全体の舵取りをする立場にはない。つまり、二宮の辞任によって、植村一族による同族経営は終わりを告げた。

 二宮に代わって副社長から社長に昇格したのは、接待問題をめぐって衆参両院の予算委員会で参考人招致された中島信也(62歳)である。

 中島はCM業界では知らぬ人はいないほどの存在で、前述のカップヌードルのCMも中島が制作した。原始人やマンモスの出てくる「hungry?」シリーズのCMで日本人初のカンヌ国際広告祭グランプリを受賞している。

 ただし、クリエーターとしては優秀でも、経営者としての手腕は未知数だ。そこで「カギを握るのが副社長の伊藤良平だ」というのは東北新社のあるOBだ。

「中島はCMのプロだが経営の素人。でも伊藤の管理能力が高いので問題はない。むしろ、一番競争力のあるCM制作をこれまで以上に強化すれば再建もできるのではないか」

 植村家の義兄弟による二人三脚経営はうまくいかなかったが、今度の二人三脚は果たしてどんな結果を生むのだろうか。

(敬称略)

関連記事(外部サイト)

×