出所直後のヤクザが風呂で見せる 「すぐわかる」行動パターン

出所直後のヤクザが風呂で見せる 「すぐわかる」行動パターン

話題を集める『すばらしき世界』(写真は公式HPより)

 体験取材を得意とする女性セブンの名物記者、“オバ記者”こと野原広子が、世の中の気になることに独自の視点でゆるく意見をする。今回は、映画『すばらしき世界』についてのお話です。

 * * *
『すばらしき世界』を観てきた。映画を観るのは10年ぶりだ。

 法務省のお役人で元刑務官の知人が「刑務所のシーンがすごくリアル。よく調べてるなと感心しました」と熱く語るから観る気になったの。

 いやいや、こんなに気持ちよく泣ける映画ってあったかしら。と、映画通でもない私が言うのもナンだけど、客の誰ひとり、本編が終わっても席を立たないのよ。というより、動けない。

 それにしても、主演の役所広司の裸体の見事なことね。全裸シーンが「え、また?」ってくらい出てくるんだけど、背中からお尻にかけてのラインがこんなに美しい65才っているかしら。

 殺人罪を犯して13年服役していた三上(役所)が出所して、紆余曲折のあげく、古巣のヤクザの親分に会いに九州へ飛ぶと、大歓迎の親分は言う。

「ひとっ風呂浴びて、さっぱりしてきんしゃ」

 ん? 墨が入った体で健康ランドにでも行くの?と思う間もなく、半端な大きさの浴槽にザバーンッ! そこに若い女と一緒に入ってて、壁にはエアマットが立てかけられている。それで、あぁ、ここはソープランドね、とゆっくりわかる仕掛け。

 刑務所から13年ぶりに出てきた主人公がソープランドに行くのは、まあ、元ヤクザだから「だろうな」と思うけど、いまさっきお金を挟んで出会った、ワケあり同士がからみ合わせた手と手のシーンに胸が熱くなった。本来なら男女の濡れ場になるところを、西川美和監督はしみじみした人情話にしているの。

 それを支えたのが、役所広司のぜい肉のついていない裸! もし65才のリアルな裸を見せられたら、“忍び寄る老い”なんて別のことを考えちゃって、ストーリー台なしだって。

 そうそう。テレビプロデューサー役の長澤まさみと、親分の妻役のキムラ緑子のヤクザっぷりも見ものよ。これも女性監督だから描けた女の一面だな、と感心しちゃった。

 と、見どころいっぱいの映画で泣きに泣いたけど、泣きながらずっと、2才上の昔の女友達のことを思い浮かべていたの。

 実は私、出所直後のヤクザがソープランドでどう振る舞うか、ちょっとだけ知っているんだ。といっても、私が20代の頃だから、かれこれ40年も昔の話だけどね。

 当時、ひょんなことから現役のソープ嬢・K子さん(当時28才)と仲よしになった。で、私が駆け出しのライターと知ると、会うたびに彼女はいろんな内部事情を教えてくれたのよ。

「出所してきたばかりの人は、すぐわかる。こっちの手順通りに体を洗ってあげようとすると、黙って石鹸をふんだくって、ものすごい速さで体を洗って、シャンプーを始めるんだもの。それ、刑務所の入浴作法のまんまなのよ。

 あと、ヤクザ相手で困るのが、会話ね。『年、いくつ?』と聞いてくればいい方で、一方的に『年っ!』『出身っ!』って、まるで取り調べ。会話にならないのよ。

 一度、場を和ませようとして、ピチッと“気をつけ”の格好をしながら『28才であります!』『群馬であります!』って言ったら、笑うどころか青筋立てて、『てめえ、ふざけんじゃねえぞッ』って本気で怒鳴られた。『オレをバカにしてるのか。土下座して謝れっ』って言うから、仕方なく謝ったわよ。

 なかにはおしゃべりのヤクザもいて、『○○一家の××を知ってるか?』って、ヤクザ業界のヒーローを語ったりするんだけど、知らないって。

 ホント、あの人たちは一事が万事、なんかズレてるんだよね。そして、どこに地雷があるかわからない。だから私は、あの人たちに余計なことは言わない。淡々とお相手することにしたの」

 私が身を乗り出すような話をたくさんしてくれたK子さんとは、その後、いつの間にか連絡がつかなくなった。

 彼女を再び見かけたのは、20年後の山手線の中。

 シートに座っていたK子さんが、前に立った私に気がついて、「あ!」と声にならない声を出したの。そして素早く眼球だけ横に動かして、連れの男がいることを知らせ、視線を窓の外に向けた。要は「挨拶無用」ってこと。

 バッグこそブランドものだったけど、すっかり古びていたし、着ている洋服とか靴とかは、色褪せた暮らしぶりが見えるようで……。再会はホンの一瞬、パントマイムのような、胸の奥が痛むものだった。

 それからさらに20年の年月が流れて、K子さんを思い出すこともなくなった令和3年の春。

『すばらしき世界』のおかげで、K子さんの口調までよみがえってきたの。会うたび、当たり前のように2人分の飲食代を払い、風俗の楽屋話を聞かせてくれたK子さんに、私は何ひとつお返しをしていない。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2021年4月1日号

関連記事(外部サイト)

×