福岡5才餓死 容疑者の父告白「他人の子を餓死させても利益がない」

5歳男児を餓死させた疑いで、母親と赤堀恵美子容疑者逮捕 赤堀容疑者の実父が告白も

記事まとめ

  • 5歳の男の子を餓死させた疑いで、母親の碇利恵容疑者と知人の赤堀恵美子容疑者を逮捕
  • 赤堀容疑者は共通のママ友を《暴力団とつながりのあるボス》に仕立て碇容疑者を支配
  • 赤堀容疑者は「私は心配して差し入れをしていただけ」といまも容疑を否認している

福岡5才餓死 容疑者の父告白「他人の子を餓死させても利益がない」

福岡5才餓死 容疑者の父告白「他人の子を餓死させても利益がない」

幼い子供が犠牲になった事件に関わる赤堀容疑者と犬のショット

 3月2日、福岡県篠栗町で発覚した事件は知れば知るほど恐ろしい。昨年4月に5才の男の子・翔士郎ちゃんに充分な食事を与えず餓死させた疑いで、母親の碇利恵容疑者(39才)と知人の赤堀恵美子容疑者(48才)が保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕された。

 赤堀容疑者は共通のママ友を《暴力団とつながりのあるボス》に仕立て、自らの後ろ盾としながら碇容疑者を巧みに支配した。夫が不倫していると嘘を吹き込んで離婚させ、孤立した碇容疑者の理解者になりすました上、生活保護費などで得た金銭を要求。総額は1000万円超とみられている。

 さらに支配を強固にするため、食事制限と称した虐待が、3人の子供を持つ碇容疑者一家に行われた。1つのパックに詰められた総菜を数日に分けて4人で少しずつ食べることを強制し、逆らえば罵声を浴びせた。末っ子の翔士郎ちゃんは水すら自由に飲めないことも。翔士郎ちゃんの死亡時の体重は5才の平均の約半分である10kgだった。

 赤堀容疑者のターゲットは碇容疑者一家に留まらない。2001年、赤堀容疑者と結婚した元夫・Aさんもその1人。

「当時、彼女が周囲にした借金は総額1000万円にはなると思う。結局、ぼくだけでは返済が追いつかず、父と弟にも助けてもらいました」

 借金返済に苦しむ夫家族をよそに、赤堀容疑者は働こうともせず、パチンコをしたり家でゴロゴロするだけ。挙げ句、Aさんが仕事に行っている間に「ちょっと出かけてきます」と言ったまま蒸発した。“利己主義”を地で行く赤堀容疑者は血縁以外には、これほどまで非情になれた。

 しかし、自分の血縁となると全く違う顔を見せる。赤堀容疑者はAさんとの離婚後、別の男性と再婚。1男2女に恵まれた。「特にいちばん下の娘をかわいがっていましたね。スリムでおめめがクリクリでね」と赤堀容疑者のママ友が言う。

「家族5人でお買い物をしていて、ひとり遅れてついて来る末の娘さんに赤堀さんが『ほら、いくよ〜』と甘い声をかけると、娘さんが笑顔をキラキラさせて『は〜い』とついていく。休みの日には、家の前でお父様も一緒に自転車で遊んでいましたよ。本当に仲睦まじい様子でした」

 多忙でも、末娘のイベントには必ず駆けつけた。

「お遊戯会や綱引き大会には必ず出席して、ずっとカメラで娘さんを追っていました。晴れ舞台の卒園式では小綺麗なお洋服を着せてあげてね。娘さんも晴れやかな気持ちだったでしょう」(前出・ママ友)

 どこにでもいる心優しい母親のように見えるが、3月2日、赤堀容疑者の逮捕によって、虚飾に満ちた赤堀家の生活は暗転する。

「実はこの日は赤堀容疑者の誕生日でした。子供たちは母を祝う予定だったでしょう。しかし、赤堀容疑者は自らの行いで、築き上げた家族像を壊したのです」(全国紙記者)

 わが子への“愛情”と他人に対する“非情”を器用に使い分ける彼女の二面性はどのように生み出されたのか。ルーツを探るため、赤堀容疑者の実父に話を聞いた。

「おとなしい普通の子でしたよ。言葉遣いは荒いけど、悪いことはしない子です」

 報道に触れてもなお娘を妄信する。娘が翔士郎ちゃんを餓死させたと思うかと問うと「そんなことするわけがない」と娘を擁護。語気が強くなり、カルト宗教と比較し始めるのだった。

「娘にも所帯があって子供もいるし、ずっと被害者と一緒にいるわけじゃない。そもそも、わが子が餓死しそうになってるのを母親が見過ごすかね? オウム真理教でさえほとんど一緒にいたから洗脳が成立したんだよ」

 娘を庇いたい思いが強いのか、続けてこう言い放った。

「ほかの家の子を餓死させたといっても、自分の利益にならないでしょ」

 赤堀容疑者は「私は心配して差し入れをしていただけ」といまも容疑を否認している。

※女性セブン2021年4月1日号

関連記事(外部サイト)