ワクチンのアナフィラキシー 女性に多い背景に化粧品との関係性

ワクチンのアナフィラキシー 女性に多い背景に化粧品との関係性

世界ではワクチンによる副作用はどれほど出ている?(写真/AFP=時事)

 4月から高齢者の接種が始まる新型コロナウイルスワクチン。コロナを恐れなくて済む生活への期待が大きく膨らむ半面、先行する医療従事者への接種データでは、「アナフィラキシー」など副反応も出ており、接種に不安を覚える声も上がる。だが、その判断材料は「怖いか、怖くないか」という感情ではなく、科学的・医学的なデータに基づくべきだ。

新規感染者「1万人超→749人」

 英オックスフォード大などの報告によると、全世界で(少なくとも1回)ワクチンを接種した人の数は、3月11日までに2億人を超えた。

 接種人数が最も多い米国では同7日までに全人口(3億2800万人)の約18%が1回目の接種を終え、約9%が2回目を完了した。米国では8週連続で新規感染者数が減少している。

 昨年12月に接種が始まり、接種率世界一のイスラエルでは、人口900万人の約55%が1回目を、約43%が2回目を完了した(3月11日時点)。

 米医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』(2月24日)では、イスラエルの接種者59万6618人を対象とした研究で2回目の接種から7日以上経過した人への有効性(※注)は92%を示したとされる。

【※注/ワクチンを接種しなかった人に対し、ワクチン接種によってどのくらい発症率が下がるかを検証した数字】

 1月20日に1万213人を数えたイスラエルの新規感染者は3月14日には749人となった。

 一方で各国からは「副反応」の報告も上がっている。米CDC(疾病予防管理センター)が1月27日に出した資料によると、米国でファイザー、モデルナ製それぞれのワクチンを接種した約200万人のうち、副反応として痛みを訴えたのは70.7%。同様に、倦怠感33.4%、頭痛29.4%、筋肉痛22.8%となっている。

 英国の国民保健サービス(NHS)が2月4日に発表した報告では、ファイザー製のワクチンを接種した約4万人の英国人のうち、約10人に4人の割合で接種後1〜2日の間に腕に痛みや腫れがみられたという。

 日本ワクチン学会理事で長崎大学病院小児科医師の森内浩幸教授が解説する。

「接種後に起こる痛みや腫れ、赤みなどの炎症反応は1日か2日で消えるものです。抗体を作るための免疫反応の準備段階を示すものなので、私は『効いてくれそうだ』とポジティブに受け取っています」

 重度のアレルギー反応「アナフィラキシー」の症例も報告されている。前述のCDC報告では、ファイザー製ワクチンで「100万人あたり5人」の頻度でアナフィラキシーが確認された。英医薬品・医療製品規制庁のレポート(2月28日)では、ファイザー製のワクチンを接種した1150万人のうち、アナフィラキシーは214例(100万人あたり18.6人)。

 医療従事者への先行接種が始まった日本では、接種した約18万人のうち、37例(3月11日まで)のアナフィラキシーが報告された。内訳は男性が1人で36人が女性(後に1例取り消し)。年代は主に20〜50代。この段階では「100万人あたり206人」となる計算で、米国の約40倍だ。なお、アナフィラキシー発症者のうち約30人にぜんそくなどの持病、食物・医薬品アレルギーなどがあったと明らかにされている。

 アナフィラキシーの報告を受け、河野太郎ワクチン担当相は「欧米に比べ数が多いように思う」と述べた(3月10日の国会答弁)。

 日本は欧米に比べて感染者・死者数ともに少なく、感染者は男性が多いとされる。ワクチンの副反応に関しては逆の結果が出ているように見える。

インフルワクチンでも「女性が7倍」

「アナフィラキシー」とはどんな症状を指すのか。奥野良信・大阪健康安全基盤研究所理事長(日本ワクチン学会理事)が解説する。

「短時間のうちに皮膚や呼吸器、消化器など複数の臓器に同時かつ急激に症状が現われるアレルギー反応を指します」

 コロナワクチンでアナフィラキシーが起こる理由について、森内医師はこう語る。

「ファイザーやモデルナのワクチンに含まれる『ポリエチレングリコール』という成分が原因の一つではないかとされています。これは化粧品やシャンプー、ハンドクリームなどのほか、医薬品にも広く使われていることから、過去に免疫が異物と記憶していた可能性がある」

 副反応の報告例に女性が多い傾向は海外でも見られる。米CDCの調査でもアナフィラキシー71例中68例が女性だったほか、1月にスイスの医薬品承認機関「スイスメディック」が発表した副反応に関するレポートでも女性が約1.8倍だった。

「ポリエチレングリコールは化粧品やハンドクリームなど女性のほうが接触する機会が多いことも影響しているかもしれません。看護師や病院事務など日本の医療従事者に女性が多いことも、少なからず関係していると思います」(奥野医師)

 新型コロナ以外のワクチンでも同様の報告があった。森内医師が語る。

「2009年のインフルエンザワクチンによるアナフィラキシー症例の男女比を示した研究によると、特に20〜50代では女性の比率が高く、20代では男性の7.2倍でした」

 CDC調査で副反応が出た人の年齢の中央値は30代後半となっている。

「若者のほうが免疫が活発に働くため、副反応が起きやすいと言われています。インフルエンザワクチンでも高齢者は抗体がつくられにくいので、米国では若い人の4倍の量を接種することがあります」(奥野医師)

 米国では2月7日までに1170人が接種後に死亡、ノルウェーでは3月4日に接種後3週間以内に死亡した例が111件あったことを発表したが、両国ともワクチン接種との因果関係を否定している。日本では60代女性が接種3日後にくも膜下出血により死亡した。

「接種後に亡くなる人は基礎疾患のある高齢者が多く直接の因果関係はないと考えられます。ノルウェーの死亡例も大半が80代以上ですし、日本の例も免疫反応でくも膜下出血が起きるとは考えにくい」(奥野医師)

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連記事(外部サイト)