欧米より高い日本のコロナワクチン副反応発症率 国民性が影響か

欧米より高い日本のコロナワクチン副反応発症率 国民性が影響か

副作用に関する症例報告数は「当てはめる指標」によっても差が出るという(写真/AFP=時事)

 コロナ禍の収束を導くものとして期待される新型コロナウイルスワクチン。しかし、先行する医療従事者への接種データでは、「アナフィラキシー」など副反応も出ており、接種に不安を覚える声も上がる。

 米CDC(疾病予防管理センター)報告では、ファイザー製ワクチンで「100万人あたり5人」の頻度でアナフィラキシーが確認された。英医薬品・医療製品規制庁のレポート(2月28日)では、ファイザー製のワクチンを接種した1150万人のうち、アナフィラキシーは214例(100万人あたり18.6人)。

 医療従事者への先行接種が始まった日本では、接種した約18万人のうち、37例(3月11日まで)のアナフィラキシーが報告された。内訳は男性が1人で36人が女性(後に1例取り消し)。年代は主に20〜50代。この段階では「100万人あたり206人」となる計算で、米国の約40倍だ。

 韓国では3月16日までに60万2150人が1回目の接種を完了したが、アナフィラキシーと見られる事例が75例報告された。100万人あたり124人で、日本と同様に欧米と比較して多い。奥野良信・大阪健康安全基盤研究所理事長(日本ワクチン学会理事)が解説する。

「ワクチンは人種や体格差などで人体に影響を及ぼすものではありませんし、投与する量なども変わりません」

 日本と欧米との副反応の発症率の違いについて感染症が専門の昭和大学医学部客員教授・二木芳人医師はこう語る。

「日本は医師が診断基準を広くとっているのではないでしょうか。ワクチン接種当初はちょっとした異変でも届け出て報告数が増える『ウェーバー効果』が起きやすい。

 現に3月12日の厚労省の発表では37症例のうち、9日報告分までの17例を国際的な指標『ブライトン分類』に当てはめて精査したところ、『アナフィラキシー疑い』とされるのは7例でした」

 奥野氏は「日本人の国民性」も指摘した。

「日本は安全性に非常に敏感で、診断を見逃せば医師が猛烈に非難される。欧米では多少の副反応は当たり前で、有効性の高さを求める傾向があるのとは対照的です」

 ワクチンの種類による違いはあるのか。2月26日以降、英国のアストラゼネカ製ワクチンの副反応が多数報告されている。英国では約500万人の接種者のうち、アナフィラキシーが41例あった。

 15日時点でドイツ・フランスなど15か国以上がアストラゼネカ製の接種を一時中断した。日本では先行してファイザー製のみが接種されているが、5月以降にモデルナ製とアストラゼネカ製の接種も始まる予定だ。

「ファイザー製やモデルナ製はRNAという遺伝子物質を使う『mRNAワクチン』ですが、アストラゼネカ製は弱毒化したチンパンジーの風邪ウイルスに、新型コロナウイルスの遺伝情報を組み込んで作ります。副反応についての影響はまだ分かりません」(奥野医師)

 ドイツではアストラゼネカ製の約160万回の接種後、血栓の可能性がある例が7例報告された。アストラゼネカによると、3月8日までに世界で1700万人以上が接種を受け、深部静脈血栓症の事例が15例、肺塞栓症が22例あった。

「1000万人以上で約30例程度であれば、リスクの無い人が血栓症を発症する確率が10万人で1〜5人と言われていますから自然に血栓症を起こす頻度より少ないといえる」(二木医師)

 日々更新されるデータは判断材料になるはずだ。

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連記事(外部サイト)

×