元底辺アイドル 「業界は転落しやすい罠だらけ」と指摘

元底辺アイドル 「業界は転落しやすい罠だらけ」と指摘

アイドルになりたい女の子たちには落とし穴がいくつも待っている(イメージ)

 アイドルブームだった2010年代、芸能事務所に所属しているだけでも2000人はくだらないアイドルがいた。さらに、ご当地アイドルや地下アイドルも含めると、日本で活動する1万人を超えていたとも言われている。ブームが去ったいま、彼女たちの多くは元アイドルとなり、ほとんどの人が地に足をつけて新しい仕事や勉学に向かっている。ところが、アイドル時代に知り合ってしまった「怪しい人たち」と縁を切れず、暗闇へと転げ落ちてしまう人もいる。ライターの森鷹久氏が、元アイドルが反社会的勢力と結びついてしまうことがある背景についてレポートする。

 * * *
 元有名アイドルグループに所属していた女性が、詐欺の疑いで逮捕された。出会い系サイトなどで知り合った男性に「必ず儲かる」などと言い、投資助言指導料などを騙し取っていたというのだ。逮捕された事案だけでなく、出会い系サイトやSNSを使って男女を積極的に勧誘を繰り返していたとも見られている。

 なぜアイドルにまでなった女性が、詐欺に手を染めることになったのか。そこには、アイドルが多すぎる実情と、彼女たちが弱い立場に置かれていることが関係しているのかもしれない。

 今回、筆者の取材に答えてくれたのは、2年前まで関東にある大手芸能プロダクション傘下の事務所に所属し、アイドル活動を行っていた宮内あすかさん(仮名・20代)。宮内さんは高校生の頃、テレビで活躍するアイドルに憧れ、芸能事務所へ履歴書を送ったりオーディションに参加したが、届くのは不合格の知らせばかり。

 だがその後、とある雑誌で募集されていた「読者モデル」に応募したところ、数日後には編集長から「合格」との電話がかかってきた。小躍りした宮内さんだったが、まずここに、最初の「落とし穴」があった。

「合格は合格なんですが、一番下のレベルの合格。トップは即表紙にもなれて、ファッションページで活躍できる。私の場合は、たとえ撮影があったとしてもギャラもなければ、ファッションページなんて全然呼んでもらえない。(トップの)読者モデルになるには、ウォーキングを学んだり、編集長のレクチャーも受けなければならず、その授業には年間何十万円もかかるんです」

 その授業とは、他ならぬ編集長が主催。雑誌に出たければ金を払え、というお決まりのパターンである。オーディション雑誌などを読み漁っていたこともあり、こういった「合格」には授業料だけとられて終わりというケースもあるという情報を得ていたため、不信感を持った宮内さん。三度ほど撮影に参加したが、その度に『スクールに通え』と強く言われたことでますます警戒し、結局、その雑誌に関する事柄からは、そのままフェイドアウトした。だが、他の女の子たちは違った。

「モデルになれるのならといって、スクール代に何百万円もつぎ込んだり、編集長に気に入られようと男女の仲になったりする子までいました。現実に、モデルやアイドルがテレビや雑誌にたくさん出ているなか、顔があまり可愛くないな、って思うような子もいるでしょう。だからみんな、そういうことをやれば『私もモデルやアイドルになれる』と勘違いしていたんだと思います」

 素人目には「かわいくない」ように見えるかもしれないが、演出として親しみやすさを増すために、滅多にいないような高嶺の花と受け取られないようにすることもある。だが、宮内さんやその周囲は、全く違うように解釈した。売れている子は、なんだってやるのだ、と。こうして一般読者に過ぎないのに騙され、「私にもなれる」と考えてしまうのだろう。もっとも、自分もアイドルやモデルになれるかもという気持ちを持った女の子たちの希望につけ込む前提でビジネスをしている人がいるのも事実だ。宮内さんが出会った編集長は、その一人といえる。

 宮内さんが当時を振り返る。

「今考えれば、騙されていることをある程度は理解しつつ、でももしかしたら、ここからデビューできるかもしれないという気持ちもあったし、芸能界はこういうもんだ、って自分に言い聞かせていたんですよね。だから、騙されていると気づいていたのでは? と周囲に聞かれても『知らなかった』っていうしかない。あまりにみっともないし、恥ずかしいじゃないですか」

 案の定、というべきか、雑誌は間も無く廃刊したが、夢を諦めきれなかった宮内さん。東京・新宿や池袋のキャバクラ店でアルバイトなどをしつつ、数十回のオーディションの末、とあるアイドルグループの「見習い」メンバーに加入が決定した。ライブとウェブでの活動がメインだったが、それなりに名前が売れているというメンバーもいて、イベントを開くと、最低でも数十人のファンが押し寄せ、グッズも一人の客が数万円ずつ買っていくなど飛ぶように売れる。宮内さんはまず、見習いメンバーとして物販の手伝いを担当した。

 ここに二つ目の落とし穴があったと宮内さんは話す。食べていくためには、きらびやかな舞台でアイドルとして振る舞うことと、その練習以外の仕事に励まなければならなかった。いや、その仕事の方が「メイン」だったと言っても過言ではない。「基本的には『業務委託』なため、固定給はゼロ。同じような境遇でなんとかアイドルを取り繕っている子はたくさんいて、物販でモノを売らないと歩合給がもらえません。ファンの方に抱きついたり、顔を近づけてみたり、セクシーな衣装を着て、たくさん買ってくれるファンとベタついて見せて、別のファンを煽って物を売るんです」

 当然、契約の段階で「業務委託」の件は知っていたが、やはりここでも「芸能界はこういうもの」と自分に言い聞かせて過ごしていたという。これはアイドルがする仕事じゃない、と本音で思っていた。しかし、アイドルはなんでもやるものだ、と全員が自分に言い聞かせていたからなのか、みんな押し黙ってやった。

「おかしい、とはみんな思ってましたよ。でもアイドルでいられるにはこうするしかない。みんな、アイドルになりたいと思って、アイドルでい続けたいと必死なんです。複数の男性ファンと体の関係を持って、毎月、一定数量のグッズを買ってもらう、中にはお小遣いをもらっている子も少なくなかったです」

 そんなアイドル業界にも、売れている子とそうでない子のヒエラルキーが存在していた。売れていない子がこうした営業を必死に続け、その方法が荒んだ形になるのは想像しやすいだろう。だが、売れている子たちですら、より自身の立ち位置を磐石にするためなのか、危ない橋を渡るのを選択する者が後を経たなかったという。

「まずはステマ(ステルスマーケティング)ですよね。あとは、情報商材を販売するグループのパーティーに呼ばれて出演料をもらったり、そのグループ幹部の彼女になった子もいました。そのグループのトップの名前をネットで検索すると『詐欺師』と呼ばれているような人で、普通ならそんな危ない仕事をやらないはずですが、やっぱりアイドルでいるためには仕方なかったのかなと」

 結局、この情報商材グループのメンバーが複数人逮捕され、幹部も、その幹部と交際していたアイドルも行方をくらましたという。

「下っ端(アイドル)はファンに媚び売って、上の(レベルの)子も、金主というか、パパ探しに翻弄されていました。芸人の闇営業ってあったじゃないですか? あれよりもっとひどい。事務所の社長から言われて参加したイベントが、聞いていなかった怪しげな撮影会で、露出度の高い服を着せられたりしたんです。現場で怒るんですが、撮影会の主催者が事務所のバックアップをしているのだ、と聞いた瞬間、いやでもやんなきゃ、仕事なんだって頭を無理矢理切り替えるんです。上の子たちは、もっと過激なことをやって、そのうち誰か面倒みてくれる人を見つける。それでお金に困らなくなると、アイドルでい続けることに疲れて、やめちゃうんです」 実は宮内さん自身、前述のアイドルグループとは別のグループに所属していた時、一歩間違えたら反社会勢力に取り込まれたかもしれない経験をしていた。打ち上げのゲストに、と呼ばれて行ったらマルチビジネスの会合で、そこで物を買わされたのだ。また、誘われて行った飲食店のパーティーで「俺の女になれ」と囁いてきた男が後日、ニュースを見ていたらぼったくりバーの店員として逮捕されていた。こうした危うい人々とまったく付き合わない、というのは難しかったが、宮内さん自身は一線を超えたことはないと言う。

「リッチな人に見つけてもらって、後からその人が悪い人だったと気がついても、もう元に戻れません。結局、アイドルになりたい、ということが最終目標になっちゃってる子が多いから、おかしなことになりやすい。人から認めてもらいたくて、色んな人に会いに行くけど、私たちをアイドルと認めてくれる人は、私達を利用しようとか、欲望の吐け口にしようという人ばかり。でも、今は『アイドルです』といえば、誰でもアイドルになれる時代なので、よく考えずに飛び込んでくる子も多い。アイドルになりたいという若い子達にも、こうした現実をもっと知って欲しい」

 アイドルになることが最終目標だと、自分をアイドルと呼んでくれる人に人生をコントロールされてしまいかねない。その危うさは、もっと広く知られるべきだし、アイドルを預かる大人は真剣に取り組むべき問題だろう。

 逮捕された元アイドルは、金の魅力に取り憑かれて率先してやっていたのか、嫌々やっていたことがいつの間にか「稼げる仕事」になり、辞められなくなったのか。宮内さんが目撃したような経緯をたどって、詐欺グループの一員となってしまったのか。そこは判然としないが、「最終目標がアイドル」になってしまっていたことが、彼女の人生を狂わせてしまったのだとしたら、夢の果てがかくも悲惨で残酷なのかと、言葉を失うしかない。

関連記事(外部サイト)