小室圭さんとメーガン妃 ロイヤルファミリー結婚相手選びの掟と苦悩

小室圭さんとメーガン妃 ロイヤルファミリー結婚相手選びの掟と苦悩

過去、ロイヤルファミリーの結婚相手選びにはどんな「掟」が?(ヘンリー王子と妻・メーガン妃、写真/ロイター=共同)

 眞子内親王との結婚問題がなかなか進捗しない小室圭氏と、英王室内で差別的発言があったと明かしたメーガン妃。2人には意外な共通点も多いという。小室氏は母親の借金問題、メーガン妃は折り合いの悪い父親から醜聞をたびたび暴露されるなど、ともに“実家トラブル”を抱えている。

 そうした経緯も相まって結婚費用や警備への公費投入に国民から批判が起きているのも同様だ。

 そして小室氏は弁護士資格を取るために米ニューヨークへ留学、メーガン妃は王室離脱後の住まいを米カリフォルニア州の16億円豪邸に移すなど、いずれもアメリカに活路を求めている。

 個性的な2人がロイヤルファミリーの結婚相手として迎えられたのは、時代の変遷によるところも大きいだろう。ひと世代前まで、ロイヤルファミリーの結婚相手選びには多くの「掟」があった。

 まず日本の皇室について、ベテラン皇室記者が言う。

「宮内庁は皇族方の結婚相手の候補をリストアップする際、細かく身辺調査を行ないます。その調査は家族構成や学歴・職歴、犯罪歴の有無だけでなく、父親や親族の職業、財力などにも及ぶ。天皇陛下が結婚された雅子さまも教育者や官僚が多い家系で、お父上は外務事務次官、国際司法裁判所所長を歴任されました。

 雅子さまと結婚される前にお后候補にあがった方々も、祖父が証券会社の創業者だったり、徳川家の分家の出身だったり、父親が大手生命保険の重役だったり、錚々たるメンバーでした。

 しかし恋愛結婚で結ばれた秋篠宮皇嗣殿下と紀子さまは、そのような身辺調査を“時代に合わない”と感じ、眞子さまを慣例通りの学習院大学ではなくICU(国際基督教大学)に通わせ、自由な恋愛をお認めになられた」

 イギリスも事情はよく似ている。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が言う。

「エリザベス女王と親しいスペンサー伯爵には美しい3人の令嬢がおり、三女が後に皇太子妃となるダイアナさんでした。王室は彼女たちが幼い頃からチャールズ皇太子のお妃候補として成長を見守ってきたと言われます。当時、有力貴族の令嬢の多くが同様にリストアップされていた」

 しかし、現在はその慣習も薄れてきたようだ。

「ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃は民間出身で、母方の祖先が炭鉱で働いていたことがわかり、結婚前には“炭鉱から王室へ”とも報じられました。

 女優で、両親に破産歴があるメーガン妃も、事前にチェックが入ったり、身辺調査を元に反対を受けたという話はありません。人権問題に敏感な現代のイギリスではそのような古くからのお后選びは厳しい批判を受けかねない」(同前)

泣く泣く結婚を諦めた王女

 メーガン妃はかつて映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソン氏と結婚していたいわゆる“バツイチ”だが、それもかつての英王室ではタブーとされた。

 エリザベス女王の妹であるマーガレット王女(2002年死去)は14歳だった1944年、第一次世界大戦で「空の英雄」と称えられたピーター・タウンゼント大佐が侍従武官に就くと一瞬で恋に落ちた。

「16歳年上の大佐には離婚歴があり、王室、政府、英国国教会からも強く反対されました。大佐はベルギーのイギリス大使館に左遷され、マーガレット王女も当時の首相からは『結婚するなら王位継承権や王族としての収入も剥奪する』と宣言された。彼女は泣く泣く結婚を諦め、後にスノードン卿と結婚しましたが、まもなく離婚。その後も数々の有名人と浮き名を流しました。

 時代は変わり、チャールズ皇太子もダイアナ妃と離婚後、カミラ夫人と再婚している。もしマーガレット王女が現代に生きていたら、全く別の人生が待ち受けていたかもしれません」(同前)

 イギリスでは、王室にかかる費用のほとんどは不動産収入などで王室が支払っている。しかし「王室助成金」として公費も一部費用に充てられている。2018〜19年度の助成金総額は8200万ポンド(約117億円)だった。

 メーガン妃の行動がこれまで厳しい目で見られてきた背景にはそうした事情もある。

「それは日本の皇室も同様です。皇族費が税金で賄われている以上、国民の声を無視した結婚は難しい」(宮内庁担当記者)

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連記事(外部サイト)

×