バレー東洋の魔女 半世紀前に「フェムテック」が機能した革新的な姿

バレー東洋の魔女 半世紀前に「フェムテック」が機能した革新的な姿

タンポンもなかった時代にフェムテックが機能していた"チーム"も(イメージ写真/GettyImages)

《プライバシーの侵害になる》、《セクハラにつながるのではないか》。これは2019年11月、老舗百貨店の大丸梅田店(大阪市北区)が女性従業員に着用を呼びかけた「生理バッジ」に寄せられたバッシングの声だ。自らの生理をバッジで意思表示し、働きやすい環境づくりにつなげる目的があったが、批判が相次いだため、1週間ほどで、同社はバッジの着用の取りやめを決めている。

 生理のつらさを救うと期待されているのが、フェムテックだ。female(フィメール/女性)とtechnology(テクノロジー/技術)を掛け合わせた造語で、女性の健康課題をテクノロジーで解決するサービスや製品を指す。東京・国分寺市の矢島助産院で助産師として勤務する傍ら、ラジオ番組『アイノカタチ.chu』のパーソナリティーを務める清水幹子さんはこう言う。

「フェムテックの登場によって、生理はがまんするものではなくて解決できるものだという社会的な意識の変革が起きるのはいいことである半面、『誰もが体のことをオープンに語った方がいい』『フェムテックを駆使して男性並みに働けなければダメだ』という風潮が蔓延することを恐れています。

 たとえフェムテックが浸透しても生理のつらさは変わらないし、生理を隠したい女性や気を使われることがストレスになる女性だっている。私自身が月経カップを使って思ったのは、慣れも必要だしシリコンを体に入れるのに抵抗がある人もいるということ。何よりこうしたストレスや感じ方の個人差は数値化できません」(清水さん)

 生理に伴う不快感に、新しいアイテムを取り入れて仕事に邁進するのか、「生理だから休暇がほしい」と言って休むのか、更年期だと明言することで周囲の理解を得てストレスが軽減するのか、周囲に気を使われるのがかえってストレスになるのか……これらの問いへの答えは、体質や性格、人生において何を優先しているかによって一人ひとり違ってくる。

 フェムテックによって月経が当たり前のこととして受け入れられる社会になりつつある過渡期であり、選択肢が増えたからこそ、新たな悩みや葛藤も生まれる。しかしそれを半世紀も前に、鮮やかに乗り越えた女性がいた。

「生理中の練習はトイレの回数が増えたし、使っていたのはナプキンだけだったけれど、休んだことは一度もありません。でもそれは誰に強制されたわけでも、無理をしていたわけでもなく、自分がそうしたかったからです」

 こう振り返るのは1964年の東京五輪で金メダルを獲得し、世界中から「東洋の魔女」と謳われた日本女子バレーボールチームの一員だった田村洋子さんだ。

“鬼の大松”と呼ばれた監督の大松博文さんが生理中も練習を休ませなかったなど、過酷な練習方法を憶測するようなニュース記事もあった。

 しかし現場の雰囲気は真逆だったという。

「たしかに寮生活でとにかく練習時間は長かったし、監督はできるようになるまで終わらせてくれないから大変ではありました。昼に始まった練習が深夜1時、2時まで、なんてこともありました。

 ですが、体調が悪いときにそれを言い出せない雰囲気はまったくありませんでした。当時は運動中に水を飲むのはタブーといわれる時代で、中・高校の部活では鉄拳制裁も当たり前だったけれど、監督に水を禁止されたり殴られたりしたことは一度もなかったです。生理だから休むな、と言われたこともありません。

 とはいえ、監督は日本一のバレー指導者ではあっても、女性の不調については専門外。そういったことについては、女性マネジャーがいたので、いつでも相談することができました。

 一度練習中に肋骨にヒビが入ったことがありました。痛みもあり、練習についていけるかと悩みましたが、監督や医師が『休んでも休まなくても治りは一緒』と言ったことがきっかけで、そのまま練習することにしました。

 このときも、監督や先輩から『休め』とも『続けろ』とも言われなかった。もちろん、当時は五輪を目前に自分自身が練習を休むという考えがなかったともいえますが、自分がそうしたいから、けがでも続けることに決めたというだけのこと。

 生理もこれと同じだと思います。不調があればかかりつけ医がいて、先輩やマネジャーなどまわりのサポートも万全で、誰にも言えずにひとりで悩みを抱え込むということは絶対なかった」(田村さん)

 若き日の田村さんのようにバレーにすべての情熱を注ぎ込むことに幸せを感じる人もいれば、体に負担をかけずに子供とゆっくり過ごすことに充実感を覚える人もいる。はたまた、生理周期をできる限りコントロールして仕事に邁進することを喜びと感じる女性もいるだろう。

 自分の体や心と向き合い、どうするのが快適でいちばん納得できるのかを考える──その答えが出たとき、フェムテックは強い味方になってくれる。

※女性セブン2021年4月1日号

関連記事(外部サイト)

×