松戸ベトナム女児殺害事件 父は「それでも日本が嫌いになれない」

松戸ベトナム女児殺害事件 父は「それでも日本が嫌いになれない」

千葉県我孫子市北新田の遺体発見現場に建つ祠で、ハオさんは毎月命日に祈りを捧げている。

 もしも自分の子供が異国の地で殺されたとしたら、親はその国を憎まないでいられるだろうか──。ちょうど4年前の2017年3月下旬、千葉県松戸市の小学3年生だったベトナム人女児、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)が殺害された事件。殺人などの罪に問われた元PTA会長の澁谷恭正被告(49)は3月23日、一審に続いて東京高裁で無期懲役を言い渡された。極刑をのぞんでいたリンちゃんの父親・ハオさん(38)にとっては無念の結果となったが、それでも彼は、日本という国に憎しみの感情を抱いてはいない。

 なぜなのか。

 2018年6月半ばに一審千葉地裁で開かれた公判の証人尋問で、ハオさんはこんな証言をしている。

「日本の中に悪い人はいますけど、いっぱいの方が私に支援し、手伝ってくれた。だから日本は嫌いじゃない。リンちゃんを殺した犯人は嫌い。必ず処罰しなければならない」

 裁判長から「事件後に日本を嫌いになった気持ちはあるか」と問われた際の答えだ。犯人に対する処罰感情は募る一方、自身を支援してくれる日本人への思いも交錯しており、それが「嫌いじゃない」という二重否定の複雑な心境に至ったようだ。

 ハオさんは事件後、IT関係の仕事が手につかなくなり、ようやく復帰できたのは2年近くが経ってから。妻のグエンさん(34)とリンちゃんの弟、トゥー君(7)がベトナムに帰省している日も多く、松戸市の自宅に1人残されたハオさんの表情はいつも固いままで、寡黙だった。そんな彼を支えた日本人たちの存在はやはり、大きかった。

「ハオは外国人だから、日本で生活するだけでも大変なのに、こんな悲劇が起きたら2倍にも3倍にも過酷な状況になる。日本でできることは僕がやってあげたいと思いました」

 そう話すのはリンちゃんと同級生だった長男を持つ、リフォーム業者の渡辺広さん(48)。互いの家が近かったことから、リンちゃんの転校時に担任の先生から「よろしくね」と頼まれたのをきっかけに、ハオさん一家との交流が始まる。グエンさんがトゥー君を連れてベトナムに一時帰省した時は、仕事でハオさんの帰宅が遅くなるため、学校帰りのリンちゃんを家に預かった。長男と一緒に宿題を済ませ、夕食やお風呂などの世話をした。リンちゃんが行方不明になった時は、家族総出で探し回った。悲報を知らされてからは、憔悴しきったハオさんに「何もできなくてごめんね」と声を掛け、抱きしめるのが精一杯だった。渡辺さんが振り返る。

「松戸市で行われたリンの葬儀で、ハオは座っているのがやっとという感じで気力がなかった。トゥーは何が起きているのか分からない様子で、斎場内をうろうろしていました。リンの遺体をベトナムに搬送するのにお金がかかるというので、少しでも足しになればと募金活動を家族で始め、約50万円集まりました」

 葬儀後、リンちゃんの遺体埋葬のため、ハオさん一家はベトナムに一時帰省。その間、鍵を渡されていた渡辺さんは毎朝晩、リンちゃんにご飯をお供えし、焼香した。ハオさん一家が日本に戻って以降は、松戸市に経済的な支援の要請に行き、澁谷被告に極刑を求める署名活動も手伝った。ハオさん一家がベトナム帰省時には空港へ送り迎えをし、どちらかの家での食事会も重ね、事件発生からの4年間、ハオさん夫妻と子供の成長を誰よりも見守ってきた。

 今年2月半ばのベトナムの旧正月「テト」にハオさん宅で開かれた食事会では、テーブルの上に色とりどりのベトナム料理が並び、7歳の誕生日を迎えたトゥー君にケーキをプレゼントした。

〈とぅーくん おたんじょうびおめでとう!プレゼントはどうぶつえんにいくことです。たのしみにしていてね〉

 渡辺さんの長女がトゥー君に渡したカードのメッセージだ。動物園は、ハオさんがリンちゃんをよく遊びに連れて行った思い出の場所でもある。食事会には私も同席していたが、この時ばかりはハオさんも顔をほころばせていた。

 事件後、ハオさん宅には「日本人として申し訳ない」といった手紙や花束がたくさん届いた。それを機にハオさんとつながり、支援を続けている人がいる。サービス業に従事する都内在住の佐藤学さん(68歳、仮名)は、事件発生から間もなく、水道橋駅のホームでハオさんらしき人物を偶然見掛けた。相手はマスクをしていたが、報道で見たあの顔に間違いないと運命を感じ、ネットでハオさん宅の住所を調べて生花を贈った。間もなくお礼の手紙が届き、松戸市のハオさん宅へ足を運んだ。以来、毎月のように自宅から2時間近くかけて訪問し、トゥー君におもちゃを買ったり、ハオさんと食事をしたりと親交を深めてきた。

「私も若い頃、ブラジルやアメリカで長年生活をしていました。特にブラジルの首都サンパウロではホールドアップに遭うなど危ない経験をしたから、異国の地で生活をする大変さは身に沁みて理解していた。そんな思いもあり、また子供が被害に遭うという痛ましい事件だっただけに、ハオさんを応援したい気持ちが芽生えました」

 佐藤さんは事件が発生した年の夏には、ベトナムへ飛び、リンちゃんが眠る墓で手を合わせた。澁谷被告に極刑を求める署名活動では、ハオさんと一緒に街頭に立ち、署名を呼び掛けた。その集計も手伝った。グエンさんらがベトナムに一時帰省し、ハオさんが1人日本に残っている時のやるせない姿は、今も脳裏に焼き付いているという。

「正月におせちを持っていった時のことです。ハオさんは落ち着かないのか、食器を箸でカンカンと叩き、精神的にまいっている様子でした。やはりハオさんには家族がいないとダメだなと。正直、ベトナムに帰った方がいいのではと心配しましたが、友人としては日本に残って欲しいという相反する気持ちがありました。私もここまで応援してきた以上、今後も続けていこうと思います」

 リンちゃんの遺体遺棄現場となった千葉県我孫子市北新田の排水路脇には、ハオさんが組み立てた祠(ほこら)が建ち、リンちゃんが好きなピンク色に染まっている。中にはリンちゃんの遺影、ぬいぐるみや人形、ジュースやお菓子などが供えられている。ハオさんは毎月命日の24日にそこを訪れ、献花と焼香をする。

 お供え物はたまに取り替えられ、掃除も行き届いている。夜にはライトアップもされる。そうした祠の手入れはすべて、別の日本人支援者によるものだ。祠の隣には「リンちゃんが見られるように」と桜の木が植えられ、ぐんぐん成長してハオさんより高くなった。

 リンちゃんは生前、「花見をしよう。桜が散っちゃう」とグエンさんにせがんでいたというが、その希望を叶えてくれるかのように、今年もまた、桜の木が見頃を迎えた。

 控訴審判決言い渡し後の記者会見で「納得がいかない」と怒りを顕わにし、すでに最高裁への上告を希望する意思を示しているハオさん。その思いがリンちゃんに届く日は、果たして訪れるのだろうか。

取材・文/水谷竹秀(ノンフィクションライター)

?

関連記事(外部サイト)