橘玲×中川淳一郎 Hagex氏刺殺事件はなぜ起きたか

橘玲×中川淳一郎 Hagex氏刺殺事件はなぜ起きたか

「低能先生」について触れているHagex氏のはてなブログのエントリー

 昨年、『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)を上梓した作家の橘玲氏は、出版当初、このタイトルに激怒した人々によりネット上でかなり叩かれたという。ヤフーニュースに同書を紹介する記事が掲載された時、「コメントは約1000件ありましたが、99.9%がお怒りなんですよ。何で怒っているかというと、タイトルを見た瞬間に専業主婦である自分たちがバカにされてると思ったようで。そういう本じゃないのに、本を読んでくれたらいいのに、と思ったけど、そんなことを言っても通じない」(橘氏)というほど荒れた。

 だが、同書は、日本が女性差別社会であり、いかに女性がこの境遇で上手に生きていくかを説いたもので、専業主婦叩きの本ではない。タイトルに脊髄反射し、激怒した人々が専業主婦を中心に大量に登場したのだ。人はなぜ、批判コメントをネットにわざわざ書くのか。このテーマについて、橘氏とネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語り合った。(短期集中連載・第4回)

 * * *
中川:橘さんは、こうした状況(炎上状態)になった後、同書のKindle版を無料で公開しました。ツイッターでも「本を読んでくれれば真意がわかるから、無料にするので読んでほしい」と呼びかけたら、コメントがまともになったというか、書籍の真意を理解する人が増えたのでしょうね。

橘:「仕事をやめようかどうしようか悩んでいる女性を応援したい」という趣旨の本なのに、まったく読まずに「専業主婦をバカにしている」という怒りのコメントばかり殺到するので、出版社のマガジンハウスさんの英断で、「そんなにいうなら、タダにするからとにかく読んでください」という期間限定のキャンペーンに踏み切りました。その結果、AmazonやTwitterでは「読んでみたけど、ぜんぜん専業主婦を差別なんかしてない」というレビューやコメントが圧倒的になったんですが、ヤフーニュースのコメント欄はかんぜんに別世界で、なんの変化もありませんでした。ヤフーニュースのコメントはAmazonやTwitterと何が違うんですか?

中川:ネットに慣れていない人たちが、書き込める場といえるのではないでしょうか。2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)は書き込みするにあたっての作法があるんですよ。あそこはアングラ臭が漂いすぎてて、書くのが怖いわけなんですよ。ある程度高年齢化はしているものの、それなりにジョークも分かるし、ネットに慣れた人が一定の秩序をもって書こうとしている面はあります。

橘:2ちゃんねるにかぎらず、コメントというものをやったことがないのですが、たしかに作法がわかってないと書けない、敷居の高いというのは感じます。

中川:「半年ROMれ(※注:「書き込みをせずに読むだけにして勉強しろ」の意)」なんて言葉も昔はよく使われていましたからね。ヤフコメはもっと敷居が低くて、誰でも書ける。栗城史多さんという登山家について、罵詈雑言だらけのスレッドがありました。彼に対しては登山家としては素人同然、といった評価もあるのですが、チョモランマ登頂に挑戦しては失敗を続ける。それを2ちゃんねるでは「目立ちたがり屋」だの「詐欺師」だのと叩いていた。でも、彼はチョモランマで亡くなってしまいます。すると、ヤフーのコメント欄に批判が多数書き込まれた。その時、2ちゃんの人々が蜂起して、ヤフコメを叩き始めて、元々叩いていた栗城さんを擁護し始めました。オレたちは彼を叩いていたが、ずっと彼のことを考えていたら、いつの間にか好きになっていた、みたいな話です。そして、栗城さんに感謝を始めるわけです。そういった意味では、私は2ちゃんの方がヤフコメより洗練されていると思います。

橘:それって、どっちが正義かいう話ですよね。たとえ有名人でも、見ず知らずのひとに罵詈雑言を浴びせるなんてことはふつうはできません。たとえ匿名でもそれが堂々とできるということは、自分が「正義」で相手が「悪」だというレッテルを貼っているからでしょう。そうやって気分よくバッシングしていると、いつの間にか「お前の正義はニセモノだ」という人間が現われて、逆にバッシングされる側になる。いじめの構図と同じで、まわりの空気を読んで、自分が常にいじめる側にいようと必死になる。

中川:自分が叩かれないように。

橘:なぜバッシングするのか――。私が知るなかでもっとも説得力があるのが、不道徳的な人間に制裁を加えると脳の快楽中枢が刺激されてドーパミンが出るという実験です。ドーパミンはドラッグ、ギャンブルでも放出されて強い快感が得られますが、それによって深刻な依存症に苦しんでいるひとがたくさんいます。そう考えると、一日中ネットに張りついて、何百回、何千回とひたすら罵詈雑言のコメントを書きつづけるというのは、「正義依存症」という病理現象ということになります。

中川:安田浩一さんというジャーナリストが、『ネットと愛国』という本を書いていますが、その中で、「極度なネトウヨは実は病気じゃないか」という問題提起をしました。それは、「韓国が日本を支配している」という妄想が起因しているのかもしれません。妄想をする場合って、精神的な疾病が原因かもしれないわけですよね。それを同様に感じたのが、今年の6月24日に福岡でITセミナー講師が刺殺された事件の時です。

橘:Hagexさんですね。

◆「治療が必要な人」だという認識があったら…

中川:「はてな」のヘビーユーザーだった「低能先生」と言われた男による著名ブロガー・Hagex氏の刺殺事件です。犯人は、「はてな」で「死ね」だの「低能」だのと書き続け、通報されて凍結されても新たにIDを作るという行為を長期間にわたって繰り返していたんですね。そのIDの数は数百に及ぶ。これも何らかの病気かもしれない。もし彼が何らかの病名がついていたら、はてなのユーザーや周りの人はもうちょっと彼に優しくしたかもしれないと思うんです。アルコール依存症とか、パチンコ依存症とか、何でもいいんですけど病名があるじゃないですか、それ的な病名です。

橘:「低能先生」というのは周りの人がつけたあだ名なんですよね?

中川:はい、そうです。

橘:本人も自分がそう呼ばれていることは知っていたんですか?

中川:知っていたんですよ。彼は無職で引きこもりの42歳だったのですが、事件が報じられて以後、西村博之さん(2ちゃんねるの開設者)が言うところのいわゆる「無敵の人」という、“失うものがない”カテゴリーに入る人物だと分析されました。そんな中、徳力基彦さん(アジャイルメディア・ネットワーク取締役CMOブロガー)というネット事情に詳しい識者が、「低能先生は決して“無敵の人”ではなかった」という論をフェイスブックで述べたんですね。

 何でかって言うと、低能先生自体もはてなにおける著名人になっちゃったっていう話なんです。本来は、Hagex氏や「今日も得る物なしZ」の著者など、はてな著名人を叩く無名の存在だったのに、やり過ぎたせいで、自分が著名人になってはてな民から一斉攻撃を受ける立場になってしまった。ゆえに彼はもはや無敵の人ではないという説です。最初はこの説にすごくびっくりしたけど、すぐ腑に落ちたんですよね。

橘:Hagexさんは、自分が生命の危険にさらされるほど恨まれていることに気づいていたんですか?

中川:多分分かってなかったと思います。たまたまHagex氏が福岡に行く予定があり、それに合わせてセミナーも行ったところ、事件が起きた。

橘:これから精神鑑定が行なわれるようなので安易に決めつけることはできませんが、常識的な判断を大きく逸脱していることはまちがいないですよね。

【*編注:精神鑑定で刑事責任能力を問えると判断され、10月5日に殺人罪で起訴された】

中川:発達障害にしても、診断されることで安心するっていう話があったりすると思うんです。先日、NEWSポストセブンでも、発達障害のピアニスト女性の記事(元記事は『女性セブン』に掲載)を配信したところ、たくさん読んでもらえました。彼女のコメントで、「22歳で発達障害という診断されてホッとした」という記述がありました。これは病気認定をされ、「私は発達障害だから自分はこんななんだ!」と安心できた、という話です。やっぱりIDを取りまくって「死ね」とか「低能」って言い続けるっていうのも、病気認定をされたらどうだったのかな、とも思うのですが。

──病気認定することで新たな問題は出てこないんでしょうか。差別につながる可能性もあると思いますが。

中川:それは橘さんが執筆された『言ってはいけない』に出てくる「バカは遺伝に左右される」的な「事実は事実である」っていう話かな、とも思うんですよね。決して差別につなげてはいけませんが。

橘:これはとても難しい問題で、明らかに病気や障がいのあるひとに対して、「なんでできないんだ」とか「みんなやってるじゃないか」と責めるのは差別というか虐待です。でもその一方で、自分はみんなと同じようにできると思っているのに、「お前は病気だ」「障がい者」だと専門家が診断して、権利を制限してもいいのかという問題があります。誰が見ても妄想にハマっているなら、措置入院も仕方ないかもしれない。でも「低能先生」はたぶん境界例で、本人に病識はなく、親のお金で生活も何となくできていた。言動はおかしいけど、最低限の社会生活を送っているなら、公権力が介入する理由はありません。そういう境界例のひとたちをどう扱うかは、日本だけじゃなくて世界じゅうで大きな課題になってきています。

 リベラルな社会は、人種や国籍、性別、障がいの有無にかかわらず、すべてのひとに完全な人格=人権を認めます。私はこれを素晴らしいことだと思いますが、しかしそうなると、境界例のひとたちも、完全な責任能力があると考えざるを得なくなる。「低能先生」は地方の旧帝大を出ていて、だからこそ相手を「死ね」「低能」と罵倒していたようですが、自分の能力を誇示すればするほど、「いい年をしてそんなことをやっているのはあなたの自由意志なんでしょ」という自己責任の論理にはまり込んでしまう。その結果、「こんな奴はいくら叩いてもいいんだ」と、集団的なバッシングが起きたのかもしれません。

中川:私はそう思っていて、彼のことが治療が必要な人だという認識があったら、皆で通報しまくるとかの「煽り」は止めたかもしれないんですよね。彼だとわかるIDから何か来たら、「元気か?」とか一言返すとか。でも「こいつは、はてなというコミュニティを荒らす一番ひどい奴だ、よし皆で通報しよう」っていう流れができちゃっていた。もし彼が中学生だとしたら、たしなめたと思う。子どもは未熟だから、分別が付かないから、まあしょうがないなと。低能先生についても「病気だからしょうがないな」という考え方もできたかもしれないんですよ。

◆「面倒なひとには触らないでおこう」という暗黙の了解

橘:ネットでは奇矯な言動を面白がる傾向が強いと思います。境界例のひとをネタにして遊べばPVを期待できるし、フォロワーが増えたりすることもあるでしょうが、そうやって病気や障がいのボーダーライン上のひとに群がって面白がるっていうのは正直、疑問です。

中川:私が手伝っているあるニュースサイトでも、対策は取るようにしています。基本的には芸能人ブログをネタにして記事を作るのですが、発言が心配になってしまう特定の人は取り扱ってはいけないということにしています。その人を取りあげるとアクセスを稼げるのは分かるのですが、動物園的な感じで皆が見に来ているわけだから、それを利用しちゃいけないと考え、自主規制をし、その人に対してネットの悪意ある声が少なくなるようになんとかしたいと考えています。

橘:2010年に「鬼畜ブーム」で一世を風靡した村崎百郎さんという作家が殺害された事件も衝撃的でした。あの事件もHagexさんの事件と似ていますよね。村崎さんは私が編集者をしていた時期にデビューしたから、傍から見ていて「ずいぶんあぶない橋を渡っているなあ」とは感じていました。自分が「鬼畜動物園」をやっている自覚はあったと思いますが、最後はストーカー(鬼畜)を呼び込んで殺されてしまった(犯人は統合失調症と診断され不起訴)。「病気じゃないってことは正常なんでしょ。だったら好きでやってるんだから、いくらでもネタにしていいんだ」という前提でやっていくと、こういう罠にはまってしまうのかと考えさえられました。

中川:おかしなことを言う人はもしかしたら病気かもしれない。病気の人にまで自己責任を求めるのはキツイと思います。

橘:完全な人権をもつということは、完全な責任能力をもつということですから、誰もが平等だとすると、「何でこいつを叩いちゃいけないんだ? 自己責任でおかしなことをやってるんだろ」という理屈になる。それに対して、「このひとはちょっとふつうとちがうんだ」と反論すると、「それって差別だろう」となって収拾がつかなくなる。その結果メディアでは、暗黙の了解として「面倒なひとには触らないでおこう」という対応しかできなくなった。でもネットはそういうルールにしばられないから、かつて出版社が「鬼畜本」でやっていたことがぜんぶネットに流れ込んだんじゃないでしょうか。

中川:そこのタブー破りが、リベラルの界隈で発生しています。その表れが、「在日ネトウヨ」と「ホモウヨ」という言葉です。在日が差別されているという記事には、差別の当事者である在日のコメントが掲載されたりします。すると、こうした記事を読んだ、記事に取り上げられない在日が、「あの人たちが在日の代表だと思われると私たちの迷惑になる」とツイッターで意見表明をします。「彼らは攻撃的で日本の悪口ばっかり言っている。私は日本で楽しく生きている」と。そうすると差別される当事者として声をあげる在日の支持者たちから、「こいつは在日を騙っている」とか、「自称在日のネトウヨによりなりすまし」などと批判される。さらには、ストックホルム症候群的に日本人の側に立つことで自らを守ろうとしている、と批判を加えたりもします。

「ホモウヨ」については、杉田水脈氏の「LGBTは生産性がない」の件で、「T(トランスジェンダー)」を除くLGBの人たちが、杉田氏の意見に賛同したり、「活動家が騒ぎを大きくしている」などと言い出すんですね。もしもその人が「G」だった場合は「ホモウヨ」と、差別用語を交えて批判をされる。

「杉田水脈を攻撃しないとは、こいつはLGBTの風上にも置けない」みたいな話にされてしまう。LGBTの人間は保守的であってはいけない、という妙な不文律が持ちだされます。官邸前で杉田氏に対するデモが行われたのですが、レインボーフラッグに、「FUCK YOU VERY MUCH」とか書いて旗を汚しもする。「弱者はかくあるべし」というルール的なものが勝手に生まれ、当事者からの異論を許さない状況があり、もはやネット上でまともな議論なんかできないのではないでしょうか。(続く)

◆橘玲(たちばな・あきら):作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『(日本人)』『80’s』など著書多数。

◆中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):ネットニュース編集者。1973年生まれ。『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』『縁の切り方 絆と孤独を考える』など著書多数。

関連記事(外部サイト)