ホンダとF1プレイバック あの情熱の時代は過ぎ去ろうとしている

ホンダとF1プレイバック あの情熱の時代は過ぎ去ろうとしている

F1に情熱を傾けた本田宗一郎(写真/AFP=時事)

 ホンダは2021年シーズンを最後にF1から撤退することを決めた。同社は1964〜1968年(第1期)、1983〜1992年(第2期)、2000〜2008年(第3期)、2015年〜現在(第4期)と、長きにわたりF1に参戦してきた。4度目の撤退の理由は、決して成績不振によるものではない。

『技術屋の王国 ホンダの不思議力』などの著書がある経済ジャーナリストの片山修氏が言う。

「昨シーズンは3勝を含む14回の表彰台を獲得。年間チャンピオンに手が届くところまで力を伸ばしてきていた。そんなタイミングでの撤退は、ビジネス上の理由が大きいでしょう。

 創業者の本田宗一郎氏が早くからF1に取り組んできた理由は、世界最高峰の舞台で培った技術は一般車にも反映されると考えていたから。レースは“実験の場”だったわけです。

 しかし、世界の自動車のトレンドは電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)など環境対応車に移ろうとしている。もはや旧来のエンジンが主役のF1のようなレースで世界一になっても“実益”は少ない。

 F1参戦には年間で数百億円の費用がかかる。“金食い虫”からの撤退は歴史の必然かもしれません」

 ホンダでは、4月1日付で三部敏宏専務が社長に昇格。現社長の八郷隆弘氏は代表権のない取締役に退き、株主総会後の6月に退任予定だ。

 八郷氏はかつて、社長就任後の記者会見で「ホンダらしい魅力的な商品を提供し続けたい」と決意表明した。しかし600万台以上の四輪車販売を目指した拡大戦略は順調とはいかなかった。四輪事業の売上高営業利益率は1.5%前後(2020年3月期)に沈み、現実には工場閉鎖などリストラの連続だった。

 ホンダはF1撤退の理由を「カーボンフリー(二酸化炭素など温室効果ガスを排出しない技術)を加速させるため」と説明しているが、リストラ策の一環という面は否定できないだろう。

「ホンダらしさ」とは何か

 かつてF1人気は日本でも空前絶後だった。日本GP開催時は全国からファンが鈴鹿サーキットに集まり、観客席はアイルトン・セナの母国であるブラジル国旗を振る日本人で埋め尽くされた。

 テレビでもゴールデンタイムでF1中継を放送。1991年の日本GPは視聴率20%を超えた。テーマ曲であるT−スクウェアの『TRUTH』は、今もファンの耳に残る。

 当時の若者にとって「ホンダ車」は憧れの存在だった。1981年「シティ」、1983年「シビック」、1985年「アコード」、1987年「CR−X」「プレリュード」、そして1989年の「インテグラ」……。数々の名車が生まれ、セールスも好調だった。

「F1のホンダ」の象徴とも言えるのが、1990年登場の「NSX」だろう。F1の性能に限りなく近づけるため、世界初のオールアルミボディを実現。セナが鈴鹿でテスト走行するという話題づくりもあり、800万円超の価格でも飛ぶように売れた。

「ホンダらしさ」がF1での勇姿とイコールだった時代は確かにあった。フジテレビF1解説者で、レーシングカーデザイナーの森脇基恭氏が言う。

「私のホンダ時代の同期に、元社長の福井威夫がいます。彼が2000年にF1に再挑戦しようと決意した頃、私は相談を受けたことがありました。

 私が『フェラーリやアストンマーティンのようなスポーツカー専門メーカーならまだしも、普通乗用車とレースカーは技術がかけ離れている。F1参戦は必要ないのでは』と言うと、彼は『小さなホンダでもF1ならメルセデスやフォードという大メーカーを技術でやっつけることができる。それが魅力であり大切なんだ』と答えました。ホンダが多くのデメリットがあってもF1に参戦し続けたのは、自分たちの持っている技術やファイティングスピリットを世界に示す場と考えていたからだと思います」

 ところが現在、ホンダの自動車で販売上位にランクしているのは軽の「N-BOX」のみ。ホンダがレースと距離を置こうとするのは必然なのかもしれない。前出・片山氏が言う。

「ホンダは、同じようにかつて“ものづくり”の企業として世界に名を馳せたソニーに学ばなければいけないのかもしれません。ホンダがF1で活躍した時期、ソニーはウォークマンなどAV機器で世界一になりました。しかしその“成功体験”に囚われたため、長い間赤字を垂れ流してきたことは否めません。ハード偏重の姿勢を改め、ゲーム、映画などソフトを軸にした新しいソニーに10年がかりで移行したからこそ今の好調がある。ホンダもF1の郷愁を捨て、新しい価値観の構築に取り組まなければならない局面にきている」

 八郷社長は「再参戦は考えていない」と明言している。エンジンの轟音に熱狂したあの時代が、遠くに過ぎ去ろうとしている。

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連記事(外部サイト)