藤井聡太が語る早指しの魅力「時間の使い方」と「指運」

藤井聡太が語る早指しの魅力「時間の使い方」と「指運」

将棋界の記録2部門を制覇した藤井聡太二冠

 2020年度の将棋界は、記録4部門(対局数、勝数、勝率、連勝)のうち勝数と勝率の2部門を藤井聡太二冠(18)が制する結果となった(44勝、勝率0.846)。4年連続勝率8割超えは史上初の快挙である。その熱気冷めやらぬまま、3月27日からは将棋の早指し王を決定する番組『第4回ABEMAトーナメント』が幕を開ける。同番組でチームリーダーを務める藤井二冠がインタビューに応じた(取材・文/輔老 心)。

 * * *
 夕焼けが美しい濃尾平野の東部に、藤井二冠の故郷“せともの”の町・愛知県瀬戸市はある。手作りの応援垂れ幕がたくさんかかった商店街には、通りに面したおもちゃ屋さんの壁に最新対局の大盤が設置され、対局の日は速報で駒を動かすという。名物の焼きそば屋さんの若おかみは「戴冠記念に商店街からそばを贈呈したんです」と嬉しそうに語ってくれた。

 そんな町から藤井二冠は、対局のたびに東海道新幹線で上京する。

「新幹線の座席は必ずE席です。車窓から富士山を見たいですからね」

 彗星のように現れた中学生棋士は、キャリア4年でますます強くなった。18歳にしてタイトルも「王位」「棋聖」とふたつ取り、段位は八段に。最年少記録を次々にマークしている。

 今年2月には、高校を退学したニュースで世間を驚かせた。あと数か月で卒業だったはずなのに、きっぱりと退学を決意。14歳からプロの世界で生きる青年の判断は、その指し手のように鋭く切れる。

「何事もそうかなと思うんですけれども、どんどん突き詰めていくと、他の分野との関連性は大体薄れてくるので……(笑い)。帰宅部タイプなので、通学の時に駅まで歩くのが唯一の運動でしたが、それがなくなる今後は運動不足が心配です」

 そうユーモアたっぷりに高校生活を振り返った藤井二冠。14歳のデビュー時から伸び続けた身長は170センチ。頭が小さくてスタイルがいい。白い手は結構大きめで、だからこそ着物の着こなしが映える。着物の着心地は「思った以上に快適でオススメ」だそうだ。

 取材にもだいぶ慣れてきて、付き合いの長いヘアメイクさんは「中学生の頃は、メイク中にずっと下を向いて恥ずかしがっていましたけれど、最近は堂々としてきました」と証言した。今年度も勝数と勝率の2部門で1位に輝き、史上初めて4年連続で勝率8割越えを達成。異次元、の声が聞こえてくる。

 その強さの秘訣に「詰将棋」があったことはよく知られる。詰将棋は「趣味」であり、“自分が強くなった方法は?”の答えも詰将棋。小学生のときから詰将棋の全国チャンピオンだった。

「負けるとすごく悔しがるタイプだったんです。実戦を指すといくら頑張っても負けることもありますけれども、詰将棋は必ず解けるので。負けはないので(笑い)。どんどん好きになったんです。今も負けると悔しいですけれど、結果そのものより内容から課題が見えますので、負けは成長につながるのかなあと思います」

 詰将棋で磨いた「刀」を思う存分にふるえる直近の大会は、3月27日から始まる第4回ABEMAトーナメントだ。将棋界唯一の団体戦で、「持ち時間は5分。一手指すたびに5秒増える」という超早指しルール。「10、9、8、7、6……」と、みるみるうちに秒読みになってしまうため、観客には時限爆弾を見るようなスリルがあるのだが、藤井二冠は涼しい顔でこう語る。

「んー……(目を閉じて左上空に首を曲げて、5秒考える)……自分としては、持ち時間3分で、1手につき2秒加算、という(より厳しい)ルールでも、まだ行けるかなと思っています(笑い)。全く時間がないという感覚ではなくて、少しだけある時間をどこで使うのが大切かなと思いながら指します。すごく気持ちが高まりますし、自分にとっては楽しいルールです。

 とはいえ、時間がない状況だと、最後まで読み切ることはさすがに難しい。判断材料が揃っていない中で決断しなければいけないことになるので。その時に、どこに指が伸びるかは、運に近いことがあるかと思いますね」

 将棋には他の競技にはない「指運(ゆびうん)」という言葉がある。さしもの藤井二冠も、運を天に任すことがあるのか。

「んー……(5秒考える)…そういった状況を減らすのが理想ですけど、やっぱり全くないというわけではないですね。コンピュータソフトで、1秒間に何百万手と読めるものがあって、それに比べると人間は1万分の1しか読めないわけですけれど、それでもある程度正確に指せます。それは、人間の直感のすごいところだと思います」

 将棋の必勝法はあるのかと問うと意外な答えが返ってきた。

「んーー……。究極的には先手勝ち、後手勝ち、引き分け、のどれかになるんですけれども、自分の希望としては、引き分けだと面白いかなと思いますね」

 最後に、18歳の至宝に、究極の質問をぶつけてみた。「伝説に残る一局が作れるのなら、家族の命と引き換えにしても構わないと思いますか?」。これは、柳本光晴が描く将棋漫画『龍と苺』(小学館)の中で、劇中の名人が言うセリフだ。普段はまるで漫画を読まないという彼は、本を手にしばし読みふけっていたが、やがて答えた。

「ふふふふふふ。……(左上空に首を曲げて46秒の長考)……自分は平和に生きたいタイプなんですけど(笑い)、んー……(さらに9秒)……伝説に残る究極の将棋というのがどういうものかはすごく興味はありますね。見てみたい。でも、その質問だと、自分が指さなくてもいいかな……はははは」

 この4月から、順位戦はB級1組に昇級。一期で抜けてA級に上がり、さらに翌年A級でトップに立って名人挑戦権を得れば――、谷川浩司九段が持つ、「名人獲得史上最年少記録21歳2か月」の更新が視野に入ってくる。そうなれば、藤井二冠はまたひとつ、棋界の歴史に新たな伝説を刻むことになる。

◆藤井聡太(ふじい・そうた)/2002年7月19日、愛知県生まれ。14歳2か月で中学生プロ棋士になると、デビュー戦の加藤一二三九段(当時)戦以来「公式戦最多連勝記録」(29連勝)を樹立。タイトル獲得最年少記録(棋聖)他、数々の最年少記録を更新している。趣味は詰将棋と鉄道。好きな駒は角。

関連記事(外部サイト)