コロナ禍で際立つレジャーホテル人気 仕事、ネカフェ、推し会、インドア花見まで

コロナ禍で際立つレジャーホテル人気 仕事、ネカフェ、推し会、インドア花見まで

ビジネスホテルやシティホテルでも次々打ち出されるテレワークプラン

 テレワークの定着によって注目を集めたホテルの「デイユース」サービス。ビジネスホテルやシティホテルがこぞってプランを打ち出し、仕事やリモート会議等で利用した人も多いだろうが、そんな中、“密かな人気”となっていたのがレジャーホテルだ。一体なぜなのか。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
 コロナ禍はホテルサービスを大きく変容させた。宿泊需要の激減によるホテル利用促進のアイデアは、「サービスアパートメント」「フレックス」などこれまで考えられなかった多様な利用形態を生み出しており、宿泊そのものの概念すら崩壊させつつある。

 利用形態の変化といえば「デイユース」もそのひとつ。その名のとおり日中の客室利用、たとえば午前中にチェックインして夕方まで客室を利用するイメージだ。この形態でも「テレワーク」をはじめとして、これまでになかった様々なプランが多くのホテルから売り出されている。

一般ホテルのデイユース提供がタブーだったワケ

 そもそもデイユースといえば、伝統的にはレジャーホテル(ラブホテル)の十八番とされてきた。なぜなら、コロナ禍以前は一般ホテルがデイユースサービスの提供をすることは長らくタブーとされてきたからだ。

 近年、一部のビジネスホテルでデイユースプランを打ち出すところもあったが、仮に休憩利用などを大々的に謳えば、“ラブホテル化した”と業界関係者をはじめ一般の人々にも揶揄されたわけだ。

 ところが、いまや高級ホテルでもデイユースプランはなんら違和感なく巷間に受け入れられている。

 筆者はこれまで高級ホテルをはじめビジネスホテル、カプセルやレジャーホテルなど様々な業態を評論対象としてきた。様々なメディアや著書で“業態のボーダレス化”についても多くの提言や指摘をしてきたが、いまのコロナ禍でボーダレス化は一気に加速している印象がある。一般ホテルにおいて大きな変化がみられる一方で、レジャーホテルのサービスも年々進化を遂げてきたのである。

独自の割引キャンペーンで人気博す「4号ホテル」

 少々詳しい方であれば、レジャーホテルは風俗営業法の許可が必要という認識をお持ちだろう。実はレジャーホテルという概念はなかなか難しく、「カップルユースで一定の目的を前提とした施設」とも表現できるが、一般のホテルにおいても“それは同じ”という意見はあるだろう。

 詳述は避けるが、レジャーホテルには風俗営業法の許可を受ける施設(4号ホテル)とそうではない施設(新法ホテル)があるとされる(いずれも旅館業法の許可は必須)。ただしこの差は大きく、実際の運営でもかなり異なる対応がとられることになる。昨年、コロナ禍で実施された「GoToトラベル」も4号ホテルは対象外とされてきた。

 この4号ホテルは宿泊業というよりは風俗業という社会認識なのだろう。多くのレジャーホテルを取材してきた筆者からみれば、4号ホテルでも一般の高級ホテルと遜色ない施設もあれば、新法ホテルでもアダルトで妖艶な雰囲気を持つ施設もあり、一概には評価できないのだが……。

 いずれにしても旅館業法の許可を前提とした宿泊施設であり、“宿泊施設そのものが風俗業”というのは何となく違和感がある。そもそも、これだけ多様化してきた宿泊業態の中で、風俗営業法の枠とそれ以外というのは実態とかけ離れている印象すら持っている。

 話を戻すが、そんな4号ホテルの中には、GoToトラベルを逆手にとって「35%OFF」といった独自キャンペーンを打ち出すレジャーホテルもあった。実際に一般の宿泊需要を多く取り込んだり、女子会などの利用で満室になるほど人気を博すホテルも多数あった。

客室サービスの充実ぶりが一層注目される

 レジャーホテルは休憩利用が特徴であると前述したが、“突発的利用”も多い業態だけに、一般のホテルのように事前予約は馴染みにくいというのが業界の常識とされてきた。そんな中で“休憩予約”を打ち出すホテルも散見されるようになったが、これもコロナ禍におけるレジャーホテル特有のサービス変容と捉えられるだろう。

 また、一般ホテルでは、客室のほかにパブリックスペースの充実度も人気のバロメーターだったが、コロナ禍においては不特定多数の人々が接触する結婚式や宴会、ブッフェレストランなどは忌避され、より客室ステイがフィーチャーされていった。

 一方、そもそもパブリックスペースという概念が希薄なレジャーホテルでは、以前にも増してあっと驚くアイデアが続出。サービス業において馴染み深いワードとなった「サブスクリプション」を提供するホテルも登場している。

 もっとも、宿泊という概念にとらわれず、長時間滞在そのものが収益の肝であるレジャーホテルでは、サウナや露天風呂付きなど従来から客室サービスを充実させる傾向が強かったが、コロナ禍においてますます注目された。他人に会わない“お籠もり時間”という利用形態からも、レジャーホテルのポテンシャルの高さがコロナ禍で際立ったのである。

ホテル特性を生かした「推し会」「インドア花見」

 具体例をいくつか紹介しよう。レジャーやリゾート、宿泊特化など複合的業態のホテルとして知られる「バリアン」(新法ホテル)では、「推し(おし)会」が特徴的だ。

 アイドルグループやアニメのファンが自らの推し(イチオシ)を表現する際に用いられ広まったワードだが、バリアンではこうしたグループが集って充実の時間を過ごすことができる客室サービスを提供して話題となった。

 DVD鑑賞で盛り上がる“尊いボタン”や人数分のリモコン、ペンライトの貸し出しなどファンの心が分かっているサービスと大好評だ。

 この季節にもバリアンではインドアお花見ルームを作る店舗があるなど、コロナ禍においてホテルの特性を生かしたアイデアで需要を取り込む。

「ネカフェ+ホテル」のハイブリッド型も登場

 コロナ禍でオープンしたレジャーホテルについても触れておこう。2020年8月、JR八王子駅近くに開業した「DESIGN HOTEL BLAX」は、ホテル+ネットカフェの複合業態という斬新なレジャーホテルだ。

 地下をネットカフェ、上階をホテルとして運営。ネットカフェにはコミック5000冊の在庫があり、ホテルの客室へも持ち出せるという。まさに“ハイブリッド型レジャーホテル”ともいえる施設。ネットカフェとはいっても、「DXシアタールーム」「PCルーム」など女子会やコワーキングスペースなどにも利用できる充実の構成だ。

 供食にも注力する。おつまみから本格的な食事や各種アルコールまで揃うラインアップを24時間提供しており、フードデリバリーサービスの利用も可能だ。

 驚くのがアルコールの提供と料金。レジャーホテルではウェルカムドリンクとしてアルコールを1杯サービスするなどのスタイルはあったが、こちらでは2時間なんと550円でアルコールの飲み放題を実施している。

 何よりネットカフェとホテルのフロントが同一ということで、レジャーホテルチェックイン特有の気恥ずかしさも薄れる、まさにハイブリッド型だ。これもまたコロナ禍ゆえの新たなマーケットを意識したスタイルといえよう。

10年先行くレジャーホテルのサービス

 筆者がホテル評論家になったばかりの頃、某レジャーホテルの経営者が、「われわれは一般ホテルの10年先を行っている」と自信満々に話していたことを思い出す。

 大きく報道はされないものの、コロナ禍においてレジャーホテルのサービスが一部で一般ホテルの標準となり、より注目されたことは間違いないだろう。

 デイユースの利用拡大を含め、ホテルステイの形態が大きく変容している今、改めて“宿泊とは何か”という根源的な問いについても考え直す必要があるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)

×