羽生善治が語る将棋の美しさ「藤井二冠に憧れる若者の台頭が楽しみ」

羽生善治が語る将棋の美しさ「藤井二冠に憧れる若者の台頭が楽しみ」

タイトル名付きで呼ばれることが多い羽生九段

 2020年度の将棋界は、記録4部門(対局数、勝数、勝率、連勝)のうち勝数と勝率の2部門を藤井聡太二冠(18)が制する結果となった(44勝、勝率0.846)。史上初めての4年連続勝率8割超え、そして羽生善治九段(50)以来2人目となる4年連続勝率1位という偉業である。

 その熱気冷めやらぬまま、3月27日からは将棋の早指し王を決定する番組『第4回ABEMAトーナメント』が幕を開けた。同番組でチームリーダーを務める羽生九段が、“藤井フィーバー”以降の将棋界について語った。(取材・文/輔老 心)

 * * *
“羽生九段”という呼び方に、世間はようやく慣れてきた。

 これまで99度にわたりタイトルを戴冠してきた羽生善治は、羽生名人、羽生竜王など、ずっとタイトル名付きで呼ばれてきた。あまりに強すぎて、一時は「羽生と一度も対戦せずに引退する棋士が何十人といる」と言われたほどだ。挑戦者になる以外、対戦できない。常に戴冠しているので予選には出てこない──。

 藤井聡太二冠(王位・棋聖)の登場でブームに湧く昨今の将棋界。藤井フィーバー以前に一般マスコミを巻き込んで起こった将棋の“ビッグブーム”は、羽生九段が「七冠同時制覇」を果たしたときだった。

 その張本人は、現代の若い棋士の勢いをどう感じているのだろう。羽生は藤井聡太二冠と、永瀬拓矢王座の将棋の魅力をこう語る。

「藤井二冠の将棋は、恐ろしくシャープ。切れ味が鋭いところが魅力です。永瀬王座はかなりのオールラウンダーでどんな将棋でも指せる。あとは非常に腰が重くて負けづらい将棋ですね。お二方とも、簡単には土俵を割らない強さがあります。あっさり負けることがないのが、第一戦で活躍している強さかなと思います」

 中学3年生でプロ棋士としてデビューし、10代も、20代も、30代も、40代も、ずっとトップで戦ってきた羽生。彼が指してきた将棋が、将棋の最先端を作ってきたことは間違いない。その偉業で2018年には国民栄誉賞も受賞した。

 50歳になった今もなお、次世代、そして、子どもほど年の離れた次々世代と戦う現役バリバリのプレイヤーだ。昨年度も、大台100度目の区切りのタイトル奪取を賭けて、竜王戦の挑戦者になっている(結果は、豊島将之竜王が防衛)。最近の羽生は一体どんな研究をしているのか。

「将棋には『その時、その時の流行』があるので、流行はつかもうとやっています。全部を真似して取り入れるわけではないです。けれど、トレンドは追ってとらえます。

 いちばん感じることは、戦法感覚の見直しです。将棋には『角換わり』や『矢倉』や『相がかり』などいろいろな戦法があります。ですが、現代将棋では出だしでどの戦法なのかが、わかりづらくなっています。過去の“分類”の仕方が本当に正しかったのかどうか、というのが最近の将棋。これまでよりスピードが早くて、間口が広いのです」

 そうなると、かつて羽生世代が開発した必殺戦法の「大部分は使えない」と羽生は笑う。

「だけど、部分的には使える。これは将棋に限らずどの世界でも同じだと思っているんですけれども。日進月歩で変化しています。そういう意味では非常に大変な時代という感覚がありますね(笑い)」

 9×9=81マスで繰り広げられる宇宙の棋理を追求してきた彼は、今の夢を「全部わかったわけじゃないけれど、まあ、納得できた……となるのがひとつの大きな夢というか、目論見を持っています」と言った。“将棋の神様”とも言うべき存在だが、現在もその探究心は尽きない。

「最近、手数が長くなってきたんです。前は100手〜120手ほどで決着がついていたのに、藤井二冠や永瀬拓矢王座の棋譜を見ても、ずっと厳しい手を指しているのに150手や160手かかったりします。あっさり簡潔に終わる競技だと思っていましたけれど、どうもそうじゃない可能性が出てきたことに、たいへん興味があります。

 将棋の美しさは、長い歴史をかけて、すごく精巧に精密に作られているところ。その美しさを、また感じています。今は藤井二冠の存在に憧れて、そこからまた強い若者が出てくるのが楽しみです。歴史は繰り返すのかなと思います」

◆羽生善治(はぶ・よしはる)/1970年9月27日、埼玉県生まれ。将棋界初の全冠同時制覇を達成した唯一の棋士(1996年、当時は7冠)。タイトル獲得合計99期(歴代1位)、通算優勝回数152回(歴代1位)、対局料ランキング首位23回(歴代1位)などの記録を持つ。2018年に国民栄誉賞を受賞。趣味はチェスで日本トップクラスの強さ。好きな駒は銀。

関連記事(外部サイト)

×