「早大+慶大」合格者ランキングトップ30 志願者大幅減でも増やした学校は?

「早大+慶大」合格者ランキングトップ30 志願者大幅減でも増やした学校は?

49年ぶりに志願者数が10万人を割った早稲田大学(時事通信フォト)

 今年の私立大学入試の志願者は2年連続の減少、しかも戦後最大の12%の大幅減だった。

歴史的な「志願者減」となった早慶大

 私学の雄である早稲田・慶應大学もその影響を受けた。早稲田大は1972以来49年ぶりに志願者10万人割れの9万1659人にとどまった。昨年より1万2917人(12.4%)少なく、3年連続の減少だ。

 一方、慶應義塾大も昨年より1773人、4.6%減の3万6681人だった。これで4年連続の志願者減で、平成以降、最少の志願者数となった。

 また、当初発表の合格者数について倍率(志願者数÷合格者数)を見ると、早稲田大が7.7倍から7.1倍、慶應義塾大が4.9倍から4.6倍にダウンしている。今後、両大学とも繰り上げ合格者を出して合格者が増えるため、倍率はさらに下がると見られる。

 これは今年の入試の特徴で、早慶だけでなくMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)や関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)でも同じだった。大学として倍率が下がり、入りやすくなったことは間違いない。

早稲田大は「量より質」の学生募集に

 今年は大学入試改革初年度だが、それにあわせて入試改革を行ったのが早稲田大だ。

 政治経済、国際教養、スポーツ科の3学部で大きな入試改革を行った。共通テストの成績と大学独自試験で合否判定する国立大方式に変えたのだ。そのため、私立大文系を目指す3教科中心の学びの受験生は、特に数学が課された政治経済学部は受けにくくなり、志願者が28%減となった。国際教養も37%減、スポーツ科学も47.8%減とほぼ半減した。

 さらに、商、文、文化構想、国際教養学部で共通テストの成績だけで合否判定する方式を中止した。商学部は入試方式を増やして受けやすくした。志願者が集まる方式を放棄し、「量より質」の学生募集ということが、より鮮明な入試になった。一方、慶應義塾大は昨年とほとんど変わりなかった。

早慶大合格者を順調に伸ばす神奈川の公立勢

 こうした状況下で行われた今年の入試で、早慶に強かった学校はどこなのか──。

 早稲田大+慶應義塾大トップは開成の397人だった。早稲田大は13年連続、慶應義塾大は8年連続のトップだ。開成は東大も40年連続トップで、首都圏の人気3大学のトップを独占している。

 2位は昨年より77人合格者が増えて309人となった日比谷、3位は渋谷教育学園幕張で、ここまでが300人超だ。

 4位は浅野、5位は湘南、6位は横浜翠嵐だった。トップ10に公立高が4校入り、男子校が6校で、女子校はゼロだった。

 また、神奈川の学校が強い。特に伸びているのが横浜翠嵐で、早稲田ではこの3年、87人→118人→163人、慶應では84人→97人→121人と順調に伸びている。東大でも21人→26人→49人の激増ぶりだ。

コロナ禍でますます進んだ「関東ローカル化」

 一方、近年は東大だけでなく、早慶でも地元志向が高まり、関東ローカル化が進んでいる。この傾向はコロナ禍によって拍車がかかった。

 もともと地方の受験生には、首都圏など感染が拡大する地域の大学への受験を手控える動きがあったが、緊急事態宣言の再発出が私立大の出願時期と重なったため、敬遠する動きに拍車がかかったというわけだ。

 早慶の当初合格者で見ても、1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)からの合格者は、早稲田大が76.8%で、昨年の73.2%よりアップしている。慶應義塾大も75.4%で、昨年の73.3%よりアップしている。

 1都3県の合格者が増えているということは、地方からの受験者が減ったことに他ならない。この2大学は地方に試験会場を設けて入試を実施しておらず、それだけ地方の受験生が東京まで受けに来なかったということだ。

 ちなみに10年前の2011年は早稲田大は66.9%、慶應は65.1%だったから、10年前には合格者の3人に2人が1都3県だったのが、今年は4人に3人までに増えた。

 特に、この10年で一般選抜の合格者数を両大学とも減らしている。早稲田が10年前には2万人以上発表していたが、今年はその6割に減らし、慶應も10年前には1万人を超えていたが、今年は78%まで減らしている。両大学とも一般選抜で入りにくくなっているうえに地方からの合格者がごっそり減ったということになる。

 では、今年の1都3県以外の合格者数トップはどこか。ランキングで見ると46位の西大和学園(奈良)の129人だ。次いで54位の東海(愛知)、59位の旭丘(愛知)、64位の土浦第一(茨城)、70位の鹿児島のラ・サールだった。いずれも東大など難関大との併願者が多い地方のトップ校からの合格者が多いことが分かる。

早慶合格校を学部別に見てみたら…

 学部別のトップ校を見ると、早稲田大では開成が政治経済、法、基幹理工、先進理工の4学部、頌栄女子学院は国際教養と文化構想の2学部でトップだった。

 教育学部は湘南、商学部は浦和・県立、船橋・県立、城北の3校、社会科学部は浦和・県立、文学部がおう(區へんに鳥)友学園女子、創造理工学部は聖光学院、人間科学部は栄東、スポーツ科学部は本郷だった。

 一方、慶應義塾大の学部別トップを見ると、文と法の2学部が頌栄女子学院、経済学部が浅野、商学部が横浜翠嵐、医学部が筑波大付駒場、理工学部が開成、総合政策学部が洗足学園、環境情報学部が攻玉社、看護医療学部が横浜共立学園、薬学部が湘南だった。公立高がトップだった2学部を除き、残りは別学の一貫校が占めた。

 私学の雄2校の人気は、コロナ禍を経て今後どうなっていくのか、注目したい。

●文/安田賢治(大学通信常務取締役)

関連記事(外部サイト)

×