「FUKUSHIMAをポジティブに」プロジェクトの成果と“次の10年” #これから私は

「FUKUSHIMAをポジティブに」プロジェクトの成果と“次の10年” #これから私は

手前がプロジェクト代表を務める山岸清之進さん(撮影:岩根愛)

 東日本大震災から10年。あの未曾有の災害に関連して多くのイベントが行われた3月も、今日で終わる。しかし10年が経過したからといって、2011年3月11日の出来事に片が付いたわけではない。これまでの活動を未来に向けてつなげていこうと、今もなお長期的なプロジェクトに取り組み続ける人たちがいる。

 よく知られているように「3.11」には二つの側面がある。一つは東北地方太平洋沖地震による自然災害であり、もう一つは福島第一原子力発電所事故という人災だ。後者をきっかけにネガティブな意味で世界中に広まった「FUKUSHIMA」を、文化を発信することでポジティブに転換させようと活動してきた「プロジェクトFUKUSHIMA!」をご存知だろうか。

 プロジェクトFUKUSHIMA!は、2011年3月11日の原発事故を受けて福島内外の人々によって発足。福島県出身の音楽家・遠藤ミチロウ(故人)、福島市で10代を過ごした音楽家・大友良英、そして福島市在住の詩人・和合亮一の3人を共同代表に、同年5月に記者会見を開いてプロジェクトの始動を宣言した。「未来は私たちの手で」をスローガンとして掲げ、長期的な視野に立って「FUKUSHIMA」をポジティブな言葉に変えていくことを目標に、フェスティバルの開催などを行っているプロジェクトである。

 現在プロジェクトの代表を務める山岸清之進さんは福島市出身で、大学進学で上京後、2005年からは鎌倉に移住して暮らしていた。震災直後は新幹線が止まり高速道路も使えず、実家がある福島市内の状況が全くわからなかったという。しばらくして福島へと帰省する目処が立ったことをTwitterで報告。するとそれを見た大友良英氏から直接連絡があり、プロジェクトの発足へと繋がっていった。

「3月下旬頃、以前から面識があった大友良英さんにTwitter経由でDMをいただいて、お互いに実家が福島なので情報交換をし始めたんです。当時は被災地の状況が全くわからなかったので。

 その2週間後ぐらいに大友さんとミチロウさんから『福島でフェスティバルを開催したい』という話を聞きました。ただ、まだ混乱の渦中にいてそんなことができる状況なのかわからなかったですし、僕が関わっていたFOR座RESTという福島市内の音楽イベントも中止の判断を下したばかりで、どうすればいいだろうかと悩みました」(山岸さん)

 世間一般からすればフェスティバルの開催など到底実現不可能に映っただろう。プロジェクト内部でも慎重な議論が交わされた。だが放射線衛生学が専門の木村真三・獨協医科大学医学部准教授に協力を仰ぎ、実際に現地の放射線量を測定して被曝の危険性を調査。開催場所の芝生には放射性物質が残っているが、「対策をすれば開催できる」という専門家の意見のもと、芝生の上に大きなシートを広げるという案が浮上した。

 プロジェクトのメンバーである建築家・アサノコウタと美術家・中崎透のアイデアをもとに、セシウム対策のシートとして使用できるよう、全国各地から届いた色もデザインも多種多様な布を縫い合わせた巨大な風呂敷を制作。「福島大風呂敷」と名付けられたこのユニークな風呂敷は、その後プロジェクトを象徴するアイテムの一つとして使われるようになっていく。

プロジェクトの広がりと「続けよう」という試み

 延べ1万3000人の観客を集めた2011年8月15日のフェスティバルFUKUSHIMA!では、著名なミュージシャンから地元の子供たちまで様々な出演者がパフォーマンスを披露。国内外のイベントとも連携し、世界各地で約90件のイベントが開催された。この間の経緯は美術家で映像作家の藤井光によるドキュメンタリー映画『プロジェクトFUKUSHIMA!』にも収録されている。

 翌2012年には8月15日から12日間にわたって国内外で100件以上のイベントを開催。だが大規模な音楽フェスティバルを毎年趣向を変えて継続することは容易ではない。そうした中、2013年から新しい試みが始まった。盆踊りである。原発事故を受けて避難していた住民が、地元ではない場所で地元の盆踊りを楽しむ姿に接して、可能性を感じた遠藤ミチロウが提案したのだという。

 こうして歌詞・楽曲・踊りが全てオリジナルの「ええじゃないか音頭」が誕生し、盆踊りはプロジェクトFUKUSHIMA!を象徴する催しの一つとなっていく。2013年のフェスティバルを終えた山岸さんも「これなら毎年できる」と感じたそうだ。だが2014年、共同代表の遠藤ミチロウが体調不良で入院。プロジェクトの継続自体が危ぶまれるようになっていった。

 もしかしたら、2014年の時点でプロジェクト自体が終了していたかもしれない。しかしここで活動を途切れさせてはならないと感じた山岸さんは、2015年に代表の座を引き継ぐことを決意する。

「3.11をきっかけに始まったことが、ちょうど広がり始めた時期だったんです。各地の芸術祭とも連携して、名古屋や池袋、札幌など福島県外でもフェスティバルFUKUSHIMA!を開催するようになっていましたからね。

 当初はそれこそ音楽フェスみたいな感じで、県外からミュージシャンがやってきて音楽を奏でるというのが中心だったんですけど、2013年に盆踊りをやり始めて、『ええじゃないか音頭』という自分たちで作ったオリジナルの音頭が生まれました。あとはセシウム対策として作った『大風呂敷』が、祭りの場を彩るヴィジュアル・イメージとしてプロジェクトを象徴するものになっていました。

 そんな風に、福島発の文化が各地に広がっていて、何かが生まれる芽が出来始めているような感覚があったんです。3.11をきっかけに福島で豊かな面白い文化が生まれたら、ネガティブな『FUKUSHIMA』という言葉をポジティブに転換していくこともできる。これをなんとか続けて、この先まで進めていきたいと思って代表を引き継ぐことにしました」(山岸さん)

活動の支えになった3つの作品

 新たに山岸さんが代表となったプロジェクトFUKUSHIMA!は、2015年以降もビッグバンドの生演奏による盆踊りという形式で毎年フェスティバルを開催し続けた。2019年には福島市の“メインストリーム”というべき夏祭り「福島わらじまつり」とコラボレーションを果たし、祭りのリニューアルにあたって総合プロデューサーを務めていた大友良英と共同でプロデュースを手がけた。

 フェスティバルを継続する中で、参加者も徐々に増えていったと山岸さんは言う。

「回を重ねると毎年来てくれる人も増えていきますし、顔を合わせると『あ、1年経ったな』って思うようになるんですよ。福島出身ではない人もいるんですが、お盆の時期ということもあってか、ある種の故郷に帰るという気分でフェスに参加してくださる人もいるようです。特に2019年はわらじまつりと一緒にフェスティバルFUKUSHIMA!を開催したこともあって、これまで来たことがなかったという人もたくさんいましたね」

 10年にわたってプロジェクトFUKUSHIMA!の活動を続ける中で、山岸さんは3つの作品にことあるごとに助けられてきたという。プロジェクト発足時の共同代表で2019年に他界した遠藤ミチロウの『FUKUSHIMA』、漫画家・しりあがり寿の『あの日からのマンガ』、そして写真家・広川泰士の『Still Crazy 原発 53基の原子炉』である。

「『FUKUSHIMA』は僕が代表を引き継いだ2015年にリリースされたアルバムなんですが、やっぱりミチロウさんのアティテュードにはものすごく影響を受けました。『インディペンデントに一人でやっていく』ということが、ギターを持って歌う姿からも伝わってくる。彼にしか出来ないことだし、僕の中には全然ない部分なんですよね。

 それと、しりあがり寿さんの『あの日からのマンガ』は、毎年3.11が近くなると読みたくなる作品なんです。脱力感があって、ミチロウさんとはまたタイプの異なる魅力があるんですが、この10年間プロジェクトを続ける上ですごく助けられたなと感じていて。

 あと3.11の前に購入した『Still Crazy 原発 53基の原子炉』という写真集があって、いつも目の前の本棚に置いていたんですが、あんまり理解していなかったんです。それが3.11の後にあらためて読み直してみたら、『知らないことがこんなにたくさんあったのか!』と目を見開かされたと言いますか、見え方がガラリと変わりました」(山岸さん)

そして次の10年へ──

 3.11以降、毎年開催してきたフェスティバルFUKUSHIMA!だが、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされた。盆踊りという、人々が密集し合うことの魅力に満ちたイベントは、震災や原発事故とは全く別の困難に直面している。

 そうした中、プロジェクトFUKUSHIMA!は別の仕方でイベントを実施。今年2月にオンライン・イベントを配信したほか、2月から3月にかけて福島市内のギャラリーでプロジェクトの足跡を振り返る展覧会を開催した。この展覧会はプロジェクトの アーカイブ化に向けた第一歩でもあると山岸さんは説明する。

「毎年開催してきたフェスティバルがコロナ禍で出来なくなってしまい、どうしようかとみんなで悩んでいた時に出てきたアイデアが展覧会でした。展覧会であれば、3密を避けて開催することができる。それで、どうせやるのであればプロジェクトのアーカイブ化に向けた展覧会をやろうと思ったんです。

 もともとアーカイブをパッケージとして出そうという思いはあったんですが、毎年フェスティバルを開催していることもあって、そこまで手が回らなかった。なのでコロナ禍を機に、書籍やDVDとしてプロジェクトの記録を残すことができればと今は考えています」

 アーカイブ化を進めているとはいえ、「『FUKUSHIMA』をポジティブに転換する」というプロジェクトの活動自体に終わりが見えてきたわけではない。山岸さんは続ける。

「もちろん、『FUKUSHIMA』をポジティブに見てくれるようになった人も増えたとは思います。けれどもマクロなレベルで見ればネガティブなイメージの方が強いですし、色々な問題がまだ全然片付いていないですよね。

 フェスティバルFUKUSHIMA!は福島市の“中通り”という原発から50キロ以上離れているところでやることが多いんですが、より原発に近い“浜通り”には現在も帰還困難区域の場所がありますし、10年経ってもまだまだこれからだと感じています。

 やっぱりすぐには変わらないです。原発事故のような人災を引き起こした戦後の社会構造が変化したかというと、そんなこともない。とはいえ、プロジェクトを続ける中で色々なネットワークが生まれてきたので、僕らなりのやり方をこれからも続けていこうと思っています。福島から面白い文化を発信していきたいですね」

 今や3.11をリアルタイムには知らない子供たちが、「大風呂敷」のイメージに接したり「ええじゃないか音頭」で踊ったりする時代になりつつある。それらはおそらく、とてもポジティブな記憶として刻まれているはずだ。その意味でも、単発のフェスティバルとして終わることなく、プロジェクトFUKUSHIMA!がサステナブルに活動を継続していることは、もっと評価されてしかるべきだと言えるのではないか。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

関連記事(外部サイト)

×