眞子さま、前代未聞の「儀式なし結婚」も 小室家にとっては好都合

【眞子さまと小室圭氏の結婚問題】前代未聞の『儀式なき結婚』となる可能性

記事まとめ

  • 眞子さまについて、10月に皇籍を離脱し入籍するというスケジュールが推測されている
  • 現状では国民の祝福を得ることは不可能で、異例の『儀式なき結婚』となる可能性がある
  • しかし、小室家にとっては『使者』を選ばなくてよくなるため好都合らしい

眞子さま、前代未聞の「儀式なし結婚」も 小室家にとっては好都合

眞子さま、前代未聞の「儀式なし結婚」も 小室家にとっては好都合

小室さんを思う気持ちは止められない(2019年10月、茨城県久慈郡=撮影/JMPA)

 国民的関心事となっている秋篠宮家の長女・眞子さま小室圭さんとの結婚問題。大きな進展はあるのだろうか──。

「“ことなかれ”で事を進めたい宮内庁の一部には“あと2〜3年、様子を見て事態の沈静化を図った方がいいのでは”と主張する人たちも少なからずいます。一方で、皇室内では“いつまでもこの話題が続くのは避けたい。皇室の信用問題にかかわるので、早く決着してほしい”と望まれる方がいるのも事実です。やはり、最も現実味があるのが、眞子さまが10月に皇籍を離脱し、入籍されるというスケジュールでしょう」(宮内庁関係者)

 眞子さまが30才になられる「10月」に小室さんの弁護士試験の結果が判明し、晴れてご結婚へ──本誌・女性セブン2021年4月8日号で報じた「10月ご結婚プラン」には大きな反響があった。

「一般の結納にあたる『納采の儀』や、両陛下への挨拶である『朝見の儀』、皇族方を招いての結婚披露宴など、ご結婚にあたって必要な儀式はいくつもあります。しかし、10月まではあと半年。この短期間で、“皇族にふさわしいご結婚”が、はたして成立するのでしょうか」(皇室記者)

 ある皇室ジャーナリストは、「眞子さまは通常の女性皇族の結婚はできないのではないか」と話す。

「秋篠宮さまは2018年、“現状では納采の儀は行えない”と明言。今年の2月には天皇陛下が秋篠宮さまのご発言を踏まえて“多くの人が納得し喜んでくれる状況”を願われました。

 しかし、これまで小室家側が誠実な対応を見せることはなく、現状では国民の祝福を得ることは不可能でしょう。秋篠宮さまが“結婚は認めるが、結婚と婚約は違う”とおっしゃられた通り、眞子さまは通常の儀式を行わない“駆け落ち婚”に向けて突き進むしかないのです」

 皇室の歴史において前代未聞の「儀式なき結婚」。だが、小室家にとっては、むしろ好都合だという声もある。

「皇族方が結婚される場合、納采の儀に際して『使者』が必要です。これまでの例を見る限り、その多くは新郎の親族から選ばれます。

 ですが、小室さんは過去に秋篠宮さまから“使者はどうするのですか”と聞かれても、曖昧に答えるばかりだったそうです。母の佳代さんは親戚づきあいに乏しく、夫の敏勝さんの年忌法要にも長らく顔を出していないようですから、お願いできる人物が見当たらないのが現状です」(前出・皇室ジャーナリスト)

「儀式なき結婚」によって、そうした結婚へのハードルを下げることにもなるのだ。

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事(外部サイト)