新聞・テレビが懸命に「コロナ怖い」と煽る理由 高齢者への迎合も

新聞・テレビが懸命に「コロナ怖い」と煽る理由 高齢者への迎合も

コロナとどう向き合うか(写真は京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏)

 外出や会食する人への非難も高まるなか、コロナへの恐怖とどう向き合うべきなのか──。ベストセラー『コロナ論』著者・小林よしのり氏と京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏が語り合った。

SNSで通報する人たち

小林:抗議とか脅迫とかそういう行為によって、発言の場が奪われたりすることが一番の問題。ツイッターでの発信をやめろとかね、それが言論封殺だってことをわかっていないんじゃないか。

 わしが『コロナ論』を書いてベストセラーになったときに新聞はみんな無視したけど、毎日新聞だけが取材に来て、ネットにわしのインタビュー記事を載せた。そうしたら、ものすごいバッシングが来て、「毎日新聞が小林よしのりなんかにインタビューした記事を載せるのか」というコメントで埋め尽くされたんよ。

宮沢:酷いですね。

小林:うん。だけど、毎日新聞はインタビューに来ただけ偉い。新聞の読者はみんな高齢者で、全部「コロナ怖い」だから。

宮沢:『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)など、朝のワイドショーの視聴者層も、高齢者と専業主婦がメインですからね。これも「シルバー民主主義」の一種。

小林:そう、そう。メインの視聴者が高齢者だから、そこに迎合している。「老人の命を守れ」「若いヤツらは出歩くな」でしょ。それで経済が崩壊して、子供や女性の自殺が増えたって平気なんだから。ただ、テレビが全然ダメだから、ネットでなんとかと思っても、言論封殺はネットにも及んでいるんですよ。

 わしが作家の泉美木蘭さんとやっている『よしりん・もくれんのオドレら正気か?』のユーチューブの動画も削除されたからね。向こうから送り付けられてきたメールには、昨年6月20日配信分の内容がガイドラインに反していると書かれていて、一方的に削除された。

 メールには「社会的距離や自己隔離に関する世界保健機関(WHO)や地域の保健当局のガイダンスの有効性に明示的に異議を唱え、人々をそのガイダンスに反して行動させる可能性があるコンテンツ」は許可しないと書かれていて、ガイドラインのページには、「特定の気候や地域、特定の集団や個人では感染が拡大しないと主張するコンテンツは削除対象になる」とあった。

 だけど、日本や韓国、中国、台湾など東アジアの感染率や重症化率が欧米より低いのは明らかで、数字を見れば誰でもわかるのに、それを語ったら削除されるんだよ。こんなバカな話があるかと。

宮沢:民族によってウイルスの感受性が違うことは、普通にあります。エイズはそうです。ウイルス感染によって引き起こされる白血病もそうですね。個体差はあるし、民族差も厳然と存在します。だから、ヨーロッパで重症化するウイルスが日本で重症化するとは限らないのです。

小林:だけど、それが理由で削除されたんだよ。

宮沢:通報する人がいるんですよね。

小林:そう、そう。洗脳された連中がSNSで人を集めて大勢で通報するんだよ。一般の人たちが言論封殺に加担するんですよ。

 しかし、著作権侵害だとか犯罪を誘発するとか、そういう理由じゃなくて、今まさに国を挙げて議論になっているテーマで、国や自治体の政策に対して異議を唱えたら削除するって、これこそ全体主義じゃん。

宮沢:いや、もう、信じられないですよね。

小林:だけど、みんなコロナ脳になってしまって恐怖に支配されているから、それがおかしいと思わない。感染者が自由に歩き回っていたら危険だから隔離は仕方がない、政府の指示に異議を唱える言説は削除されても仕方がない、と思っている。それが全体主義だということに気づかない。

宮沢:自由を捨ててもいいと思わせるほど、マスコミがコロナは怖いと脅かしたということでもありますね。

【プロフィール】
宮沢孝幸(みやざわ・たかゆき)/1964年東京都生まれ。兵庫県西宮市出身。東京大学農学部獣医畜産医学科、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程獣医学専攻修了。獣医学博士。現在、京都大学ウイルス・再生医科学研究所 ウイルス共進化分野准教授。

小林よしのり(こばやし・よしのり)/ 1953年福岡県生まれ。漫画家。『東大一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』でギャグ漫画に旋風を巻き起こす。1992年スタートの「ゴーマニズム宣言」は新しい社会派漫画、思想漫画として話題に。近著に、『コロナ論』。

●2人の対談が収録された『コロナ脳』(小学館新書)は、4月1日発売。

撮影/太田真三

※週刊ポスト2021年4月9日号

関連記事(外部サイト)