登録者130万人超・教育系YouTuber葉一が教える「大人の学び5か条」

登録者130万人超・教育系YouTuber葉一が教える「大人の学び5か条」

教育系YouTuberの葉一さん

 現在、137万人以上がチャンネル登録するのが、教育系YouTubrの葉一さん(36才)。これまでにあげた動画は2000以上。国語、算数、理科、社会、英語……、どの教科もわかりやすいと、子供も親も、学び直したい大人のファンも多い。

 生涯学習という言葉も定着し、大人になってから何かしらの勉強を始める人も多いが、なかなか覚えられない、という壁にぶち当たる。「年だから仕方がない……」と思いがちだが、葉一さんは「それは年のせいではない」と言う。

「たとえば英単語集を開いて、その中の単語を5つ覚えるとしましょう。その場ですぐに5つ覚えられたとしても、3時間後、翌日ともなると、忘れてしまっていることが多いですよね。短期間で覚えたものを長期間、記憶し続けるためには、反復、つまり繰り返して覚えるしかありません。

 そのためにも覚えたことを思い出す作業が重要です。書いて覚える時間がなかなか取れなくても、一度、覚えたことを思い出すことはいつでもできる。トイレに行ったとき、お風呂に入っているとき、歯を磨いているときなど、覚えたことを思い出して反復し、記憶する。これでずっと覚え続けることができますよ」(葉一さん・以下同)

 また、問題集を買っても、途中でやらなくなってしまうことも多いが、すべての問題をやる必要はないという。

「問題集には基礎から応用までさまざまなレベルの問題がちりばめられています。難問である応用問題まで、すべてを解こうとするから、挫折するんです。

 成績が伸び悩んでいる場合は、問題を切り捨てることも必要。難問をできるようにするには、それ相応の労力と時間が必要です。それなら、その労力と時間を基礎問題の反復練習に当てた方が、結果的に点数は伸びやすくなります」

 年齢が上がるにつれ、仕事や趣味、人づきあいなど勉強以外にやることが増えていくが、勉強習慣だけはずっと身につけていてほしいという。

「せっかく覚えたことも、休んでしまうと忘れてしまう。それではもったいないですよね。ダイエットでもそうですが、習慣にして、身につけるまではものすごく大変なのに、それを忘れるのはめちゃくちゃ簡単。たくさん勉強する必要はありませんが、自分がこれなら続けられると思えるものを1日5分間でもいいから毎日コツコツ続けて、勉強習慣をなくさないでください」

 では、何から勉強を始めればいいのだろうか?

「おすすめは英単語です。英語は英単語ありき。英単語力は、ありすぎて損をするものではありません。何でもいいので英単語集を買って、1日1個でもいいから覚えてみてください。1つでも多く覚えることで、英語の勉強はスムーズになります。とにかく毎日続けていくこと。コツコツ続けながら、前に進んでいくことが重要なんです」

 もちろん韓国語などほかの語学でも構わないが、語彙を増やしていくことは、コミュニケーション能力が高まり、社会に出てからも役立つことになる。

 また、勉強時間は何回かに分けてもいいという。

「たとえば、夕食前までに1時間、夕食後、しばらく休憩してまた1時間勉強する。このときも、それぞれ別の内容を勉強するのではなく、前にやったことをもう一度、復習するといいんです。繰り返しで勉強は身につきます!」

 コロナ禍で家にいる時間が増えたからこそ、学びたいという大人に向けては、次にあげる「大人の学びの五か条」が大切だと説明する。

●中間地点と目標地点を決める

「大人になると家事や仕事など、ほかに力を入れなければいけないことも多いので、『この勉強をしてどうなりたいか』という目標地点と、『たとえば半年後に〈TOEIC〉で500点取る。そのために、○月までにこの問題集を終える』などと、中間地点を明確にしておくと、ぶれずに継続しやすくなりますよ」

●無理をしない

「“よしやるぞ!”と、力を入れすぎたり、頑張りすぎると挫折しやすいんです。それに、自分のライフスタイルに合った学び方をしないと脱落してしまいます。ぼくの動画の場合も、シリーズの最初から見る必要はありません。もう一度学び直したいところや、自分が興味ありそうなところを、かいつまんで見ることから始めてもいいんです」

●遊びを取り入れる

「学び方ひとつとっても、学生時代よりは自由度は高いはずです。自分流の遊びを入れてほしいですね。好きな海外ドラマを繰り返し見て、単語やフレーズを覚えるのも立派な勉強法です」

●インプットとアウトプットをバランスよく

「学んだ知識を取り入れる(インプット)率が高すぎると、学んだことが定着する前にこぼれ落ちていきます。忙しい人ほど家族や友人などに学んだことを話して伝えること(アウトプット)をして、知識の定着を心がけてください」

●“当たり前”を捨てる

「勉強机に向かってするスタイルだけが勉強ではありません。ぼくの動画も、ずっと見続けるのではなく、家事の合間にラジオ感覚で聞き流すとか、気になるところだけを繰り返すなど、ライフスタイルに合わせて勉強するのがいいと思います。学生時代の当たり前に固執せずに、“いまの私”に合わせた学び方を大切にしてください」

「学生時代にもっと勉強しておけばよかった」などと後悔するよりも、葉一さんの動画で、学びの楽しさをいまから再発見してはどうだろう。

【プロフィール】
葉一さん(36才)/1985年生まれ。東京学芸大学卒業後、教材販売会社の営業、学習塾講師を経て、2012年からYouTube動画『とある男が授業をしてみた』を配信。公式サイト「19ch.tv(塾チャンネル)」では小学3年生から、中学、高校3年生までを対象にしたテキストを無料でダウンロードできる。

取材・文/廉屋友美乃 写真提供/葉一さん

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事(外部サイト)