秋篠宮さま夫妻 歌会始で見えた「結婚問題は秋までに解決」との願い

秋篠宮さま夫妻 歌会始で見えた「結婚問題は秋までに解決」との願い

「秋」の歌に込められた思いは…(写真/時事通信フォト)

 3月26日、約2か月半の延期の末に、「歌会始の儀」が皇居・宮殿「松の間」で執り行われた。今年の歌会始のお題は「実」。秋篠宮ご夫妻は「秋」の情景を詠まれた。

《夏の日に咲き広ごれる稲の花実りの秋へと明るみてくる》(秋篠宮さま)
《竹籠に熟るる黄色の花梨の実あまき香りは身に沁みとほる》(紀子さま)

 なかなか進展しない秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題だが、眞子さまが30才となる「10月」には、小室さんの弁護士試験の結果も判明するとのことで、この「10月」に眞子さまが皇籍を離脱し、結婚するのではないかとの見方もある。

「ご一家にとって、長女の眞子さまのご結婚問題は最重要の懸案事項です。歌会始の歌について、各々方で内容を事前に擦り合わせることはないそうですが、それでも『秋』を詠んだ歌で一致したのは、ご夫妻の念頭に“懸案は秋までに解決したい”という思いが共通していたからではないでしょうか」(皇室関係者)

 もう1つ、ご夫妻の歌に共通する重要なキーワードがあるという。

「秋篠宮さまが詠まれた『稲』、紀子さまが詠まれた『花梨』は、長男の悠仁さまに大きく関連するものです。

 ご一家は悠仁さまのために赤坂御用地に田んぼを作られ、悠仁さまは何度も稲刈りをしてこられました。花梨は、『美智子さまが庭で収穫された花梨の実を悠仁さまに見せたら、悠仁さまがそれを大事に抱えて、行く先々へ持って行かれた』という上皇陛下が明かされたエピソードが印象的です。そう思うと、ご夫妻の歌は、悠仁さまについて詠まれた歌にも思えてくるのです」(皇室ジャーナリスト)

 紀子さまは昨年末の学習院女子中・高等科のOG会報誌『ふかみどり』でも、「花梨」についての歌を詠まれた。それだけ思い入れの強いものなのだろう。

「ご夫妻は、眞子さまの問題からは目を背けておられるのかもしれません。ご一家の将来は悠仁さまに懸けたいという思いを持たれているのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 皇室のほか、政府関係者からも10月までの結婚を望む声が聞かれる。3月23日、安定的な皇位継承に向け、女性宮家の創設を含めた議論が始まった。しかし、現状では小室さんが“宮家入り”することがイメージされ、議論への影響も少なからずあるだろう。

「政府としては、会議の報告書は愛子さまが成人される前の11月には出したいという思惑があるでしょう。それまでに眞子さまが結婚されれば、小室さんについて考慮せず議論が進められる。そうしたことから、眞子さまの『10月結婚』を望む声もあるのです」(政府関係者)

 秋篠宮ご夫妻が「秋」の歌を詠まれる一方で、天皇皇后両陛下は国民への祈りを込めた歌を詠まれた。

《人々の願ひと努力が実を結び平らけき世の到るを祈る》
《感染の収まりゆくをひた願ひ出で立つ園に梅の実あをし》

 前者が天皇陛下の御製、後者が雅子さまの御歌だ。コロナが国民を襲う厳しい現状に心を寄せられ、事態の収束を願われることが強く感じられる。この状況を、眞子さまはどう見つめられているのか。

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事(外部サイト)