「コロナ差別」の悲劇 検査で陰性なのに「早く出ていけ」と張り紙

「コロナ差別」の悲劇 検査で陰性なのに「早く出ていけ」と張り紙

コロナは人々の断絶を生んでいる(イメージ写真/AFLO)

「あなたがウイルスを持ちこんだ!」、「近寄らないで!」……。新型コロナウイルス感染や死の恐怖から、いままで仲がよかったお隣さんが豹変する──。そんなことが起きているというのだ。

 特に、都会と比べて人とのつきあいが密接な地方では、感染情報が広まるのが早いという。感染者に起きた、新型コロナウイルスの本当の恐怖は、人間関係にこそあったのだ。新潟県在住の60代主婦が心配そうな顔でつぶやく。

「3月16日まで感染者数が1桁だったので安心していたら、最近は大衆酒場や病院などでクラスターが発生し、感染者が急増して2桁になりました。それなのに県内では、飲食業を支援する『Go To イート』の食事券や県内限定の宿泊券が販売され、温泉やレストランが賑わっています。いずれ感染爆発が起こるのではと不安でなりません」

 首都圏などの緊急事態宣言は解除されたが、専門家が危険視するのは地方だ。

「地方都市の(感染者の)急増は非常に心配。病床を確保しようとしているが限界がある」

 3月24日の定例会見でそう警鐘を鳴らしたのは、日本医師会の中川俊男会長だ。実際に福島県、新潟県、滋賀県、愛媛県などでは新規感染者が第3波のピークに迫り、愛媛県の中村時広知事は3月25日、「第4波に入った」と明言した。

 第3波までは東京都など大都会が感染拡大の中心だったが、これから地方を襲うと予想される第4波で本当に懸念されるのは、感染者や重症者の増加ではなく、エスカレートする「コロナ差別」だ。

 東京都などの都市部は感染者の実数は多いが、それ以上に人口が多く、感染しても誰が誰にうつしたかが判明しづらく、感染経路がたどれない。ところが地方は人口が少ないため誰がどのように感染したかを追いやすいうえ、これまでの感染経験が少なく、感染者に厳しい目が向けられやすいという。

「しかも最近は、感染者のSNSなどが特定されて、『こいつが陽性者です』とネット上で拡散されるケースが後を絶ちません。実際に地方では、中世ヨーロッパの魔女狩りのごとく『コロナ狩り』ともいえる深刻な事態が起きています」(全国紙社会部記者)

テレビに出た医師もターゲットに

 検査で陰性だったのにひどい扱いを受けたのは、中国地方在住の主婦Aさん(50代)。昨年10月、埼玉県で経営する飲食店がコロナで閉店した弟(40代)が、Aさんの住む実家に身を寄せた。

「その後、弟さん夫婦が切り盛りしていた飲食店が集団感染した地域にあったことがなぜか地元に漏れ伝わり、差別が始まりました」(Aさんの知人)

 所定の場にゴミを出すと「感染が怖いので自宅で処分してください」というメモとともに玄関先に戻され、近所のスーパーや個人商店に行くと「来店はお断りします」と門前払いされた。

「郵便受けには、『早く出ていけ』と書かれた紙が張られて、無言電話が鳴りやまなかった。家族全員がメンタルをやられて、1か月もしないうちに弟さん夫婦は県外の親戚のもとに再引っ越ししたそうです」(前出・Aさんの知人)

 新型コロナについてテレビで積極的に発言する医師の倉持仁さんも凄惨な嫌がらせを受けた。1月中旬、倉持さんが院長を務めるインターパーク倉持呼吸器内科(栃木県宇都宮市)に封筒に入ったカッターの刃が送り付けられ、別の日には《コロナが拡大したのは、インターパーク内科がテレビに出たため、責任とって下さい》と書かれた紙が病院の駐車場に張られたのだ。

「個人情報を流されたり、内容があまりに誤っている場合は弁護士を通じて訴えます。栃木県でも感染すると引っ越しを余儀なくされるケースが発生しており、感染を知られたくないから後遺症の通院治療を断念する患者もいて心配です。都心部では隣の家の人すら知らないことも多いので、そこまで直接的な誹謗中傷が起こらないのかもしれません」(倉持さん)

 第4波で差別の波が広がらぬよう、一人ひとりの心構えが大切になる。

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事(外部サイト)

×