大腸がんステージIVの24才母「告知から2日で決めた卵子凍結」

大腸がんステージIVの24才母「告知から2日で決めた卵子凍結」

がんステージIVで出産するに至るまで(2019年12月、結婚式にて)

 19才で出会った彼と、22才で結婚し、翌年出産。屈託のない笑顔で娘のことを語る彼女は、至って普通の若いママだ。ただ、彼女は21才でステージIVのがん宣告を受けた──青森県出身の遠藤和(のどか)さん(24才)が、命がけの出産にかけた思いを振り返る。

 和さんの大腸がんが発覚したのは2018年9月5日。同年10月3日に、がんの進行は「ステージIV」という診断を受けた。「一刻も早く抗がん剤治療を」という医師の言葉を和さんは受け止めきれなかったという。

「大腸がんとわかってはいても、詳しい病状はわかっていなかったので、ステージIVという診断を聞くまではすぐに治ると思っていたんです。『抗がん剤』という言葉を聞いて『そんなに悪いんだ』と。さらに、『抗がん剤治療の副作用で不妊になることがある』と説明を受けました」(和さん・以下同)

 子供を生めないかもしれない──21才の女性にとって辛い宣告だったことは想像に難くない。医師からは同時に、「抗がん剤を使用する前に、卵子を凍結保存しておく方法がある」と説明された。彼女は、当時の胸中を日記に書き記していた。

【2018年10月3日(水)】
〈抗がん剤の副作用で不妊になる可能性あるって言われて悲しくてたまらない。卵子凍結か、このまま治療か。卵子だけ残しても、妊娠できる確率はすごく低い。不妊になったら今(卵子を)採らなかった事を後悔すると思うけど、何百万円もかけられない。結婚してないから受精卵も作れない。小さい時からお母さんになるの夢だったから諦め切れない。悲しいけど、辛いけど、現実的に考えて、このまま治療した方がいいかな〉

 卵子凍結の工程は、月経開始直後から開始する。和さんがステージIVの大腸がんと診断された10月3日は、月経予定日の2日前。迷っている時間はなかった。

「主治医から『抗がん剤治療の開始は次の月経まで待つことはできない』と言われました。2日間で、抗がん剤治療を始めるか、卵子凍結をするか、選ばないといけなかったんです」

 悩みの種はもう1つあった。日本生殖医学会の指針によると、受精卵の凍結保存は、基本的に婚姻関係にあるカップルにしか認められていない。和さんは当時未婚だったため、未受精卵子を保存するしかなかった。「本当は妊娠率が高いとされる受精卵を保存したかった」と和さんは振り返る。

「(夫の)遠藤(将一)さん(30才)と付き合い始めて2年経ったころでした。遠藤さんはいつも私を支えてくれていた。とはいえ、いくらなんでも2日間で結婚までするというのは難しいなと思って。私の実家の青森と、遠藤さんの実家の北海道と、両方に挨拶して、婚姻届を出して……というのは現実的じゃなかったから、受精卵は諦めました」

【2018年10月5日(金)】
〈私は卵だけ取るの後悔しない。もしそれで再発して死ぬ事になっても死ぬ直前まで卵取った事は絶対に後悔しないと思う。もちろん成功率は低いから、ダメかも知れないけど、やれる事は全部やったって思えるのかそうじゃないのかは全然ちがうと思う〉

 告知からたったの2日間で、和さんは決意を固めた。

採血8本、おしりに筋肉注射、生理中に内診

 翌日から早速、卵子凍結の準備が始まった。卵子凍結は自由診療で、医療機関によって価格はさまざまだが、決して安いものではない。

「遠藤さんに卵子凍結の話をしたら、『もしそれ(凍結された卵子)を使うことになったら自分の子でもあると思うから』と言って、40万円をすぐに貸してくれたんです! 私が入っていた生命保険のがん一時金でそのお金はきっちり返しましたけど、あのときはうれしかったです」

【2018年10月6日(土)】
〈採血8本もして、おしりに筋肉注射して、生理中なのに内診もして。すごく痛かった。ただふつうに子供が欲しいだけなのに。病気になったのが悲しくて悔しい。人生くるいまくりだわ〉

 卵子凍結をするまでには、「排卵誘発」「採卵」「凍結保存」というステップがある。

「私の場合は、筋肉注射を打って複数の卵子を成熟させました。その後、膣から入れた30cm以上ある『採卵針』を卵巣に刺して採卵を行いました。その採卵がすごく痛いんですよ! 耐えられなくて途中で麻酔をしてもらいました。痛かったのは卵子が多かったせいもあるみたいで、採卵できるのはだいたい10個程度らしいんですが、私は21個採卵できました(笑い)」

 和さんは2018年10月17日に卵子を凍結保存。2019年12月に将一さんと結婚すると、凍結した卵子を使うことなく、1月には自然妊娠を果たした。しかし、妊娠中に両卵巣へのがん転移が発覚。娘を出産後に卵巣の摘出手術を受けた。腫瘍の重さは2.5kgで、980gで生まれた娘の約3人分だったという。

 その娘は、もうすぐ9か月。

 がん闘病と卵子凍結と出産を振り返って、和さんはいま何を思うのか。

「結果的に卵巣を摘出することになったので、あのとき卵子凍結を選択して、本当によかったと思っています。卵巣摘出を告げられたときは落ち込みましたが、『青森の産婦人科に行けば、私の卵子が21個凍結保存されている』と思ったら、前向きになれた。1年に1回、保存を継続するために更新料を払うんですけど、『第二子以降も諦めなくていい』という希望に投資していると思っています」

関連記事(外部サイト)