ウイルス専門家「病院で治療現場見るより感染現場へ行く」理由

ウイルス専門家「病院で治療現場見るより感染現場へ行く」理由

京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏(撮影:太田真三)

 メディアには数多くの「感染症の専門家」が登場し、さまざまなコロナ対策を提示してきた。そういった対策には本当に効果があったのか。

 小林よしのり氏(漫画家)と宮沢孝幸氏(京大准教授・ウイルス学者)の対談本『コロナ脳』(小学館新書)より、「感染症の専門家」に関する両者の議論を抜粋して掲載する(対談は2021年1月下旬に行なわれ、情報はその時点のもの)。

 * * *
小林:今回のコロナ騒動ほど、メディアに医学の専門家が次から次へと出てきたことはないと思うんだけど、これでよくわかったのは、医学の専門家というのは、自分の専門分野には詳しいかもしれないが、同じ医学でも別の分野になると意外に知らないということ。

宮沢:政府の専門家会議にも、その後の分科会にも、感染症や防疫、分子ウイルス学の専門家はいるけど、コロナウイルスの専門家はいない。感染症が専門なら、コロナ風邪のことだってわかるだろうと思うかもしれませんが、感染症と風邪の専門家はまったく違います。これも別のジャンルです。

 今回のコロナ騒動でウイルスというものがメジャーになりましたが、お医者さんでウイルスをちゃんと勉強している人って少ないです。そもそも感染症という分野が医療の世界ではメジャーではない。なぜかというと、動物と違って人の場合、感染症はかなり制御されていて、これまであまり問題にならなかったから。特に先進国ではそうです。だから、感染症、ウイルスの専門家が少ない。

 だけど、動物の場合は、鳥インフルだのBSE(牛海綿状脳症)だのコロナだの、いろんな細菌やウイルスがいて、感染症があって、それに対処しなければいけないから、感染症が研究のメインです。いくつかの大学にウイルスや感染症の研究所がありますが、教授になっているのはけっこうな割合で獣医、獣医学部出身者なんです。

 SARS(重症急性呼吸器症候群)のときも、感染研は医者でコロナの専門家がほとんどいなかったから、獣医から人を呼んだんですよ。だけど、SARSがすぐ収まっちゃったから予算が削られちゃったんです。今回もそうでしょう。

小林:ひでえ話。

宮沢:獣医は使いっぱしりだと思っている。だけど、私ら獣医はプロフェッショナル意識があるから、変なウイルスに感染して殉死してもそれはしょうがないと思っている。だって、仕事だから。消防士が火事があったら駆けつけて、ホースで水かけるのと一緒です。新興感染症って動物のウイルスがヒトに感染して起きるわけで、どこのどんな動物がそのウイルスをもっていて、どうやって感染したのか調べるのも獣医の役目なんですよ。もちろんヒトの検査もします。血液も検査します。海外に調査に行くのは、ほとんど獣医なんですよ。

小林:ウイルスの最前線にいる。

宮沢:医学の世界の感染症専門家って、「感染症を治す専門家」じゃないですか。医者というのは、ヒトの症状を治す専門家ですよね。そのウイルスをもつ動物や、感染の現場を突き止めるとか、感染を止めるのは、獣医の仕事なんですね。だから、キャバクラ、ホストクラブなどに実際に行って、どういう状況で感染しているか調べるんですよ。

 そしたら、お医者さんから「宮沢君、そんなことやってるよりも、論文読んでるほうが勉強になるだろう」って言われるんです。いや、論文読んでても、感染してる現場を見ないと何にもわからないんですよ。さらにお医者さんから「宮沢君、病院に行け。病院を見ればどんなに大変かわかる」って言われる。違う、私たちは、感染が起こっている現場を知りたいんやという話でね。病院が大変なのはわかっていますが、病院行って治療の現場見たって、感染拡大を止める役に立たないでしょうって。

小林:そりゃそうだよな。

宮沢:現場でどういうふうに感染が起きているのかが知りたいんです、リアルで。だから、キャバクラやホストクラブに行って調査するのは当たり前じゃないかと。文献読んだってわかるわけない。医者も現場に出てこいよ。現場はどこなんだ、病院ちゃうやろ。

小林:「踊る大捜査線」みたいだな(笑)。

 でも、そういうことは外部の人間にはまったくわからないからなあ。感染症の専門家だと言われたら、コロナウイルスにも詳しいと思っちゃうよね。

※小林よしのり、宮沢孝幸の共著『コロナ脳 日本人はデマに殺される』(小学館新書)より一部抜粋・再構成

【プロフィール】
小林よしのり(こばやし・よしのり)/1953年福岡県生まれ。漫画家。『東大一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』でギャグ漫画に旋風を巻き起こす。92年スタートの「ゴーマニズム宣言」は新しい社会派漫画、思想漫画として話題に。近著に、『コロナ論』など。

宮沢孝幸(みやざわ・たかゆき)/1964年東京都生まれ。兵庫県西宮市出身。東京大学農学部獣医畜産医学科、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程獣医学専攻修了。獣医学博士。現在、京都大学ウイルス・再生医科学研究所 ウイルス共進化分野准教授。

関連記事(外部サイト)

×