「早慶上理MARCH」合格者数、10年前より伸ばした高校トップ30

「早慶上理MARCH」合格者数、10年前より伸ばした高校トップ30

早稲田大学(時事通信フォト)

 中学、高校の志望校選びに大学合格実績は欠かせないデータだ。同じ偏差値なら実績の高い学校を選びたいもの。さらに同じような実績なら、まさに今伸びている“勢いのある学校”に注目したいものだ。

 そこで、ここでは早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)とMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)の合計合格者数が、10年前と比べて増えた学校をピックアップしてみた。別掲表を参照しながら伸びている学校を見ていこう。

9大学すべてで合格者を増やした私立中高一貫校

 トップは東京の男子校の東京都市大付。10年前の172人から556人も増えて728人の合格者を出した。2位以下に大差をつける伸びで、10年前の実に4.2倍だ。

 合格者の内訳を見ると、早稲田大が10年前の21人から96人(4.6倍)に増え、同じく慶應義塾大が7人→61人(8.7倍)、明治大が20人→195人、東京理科大は20人→91人と大きく伸びている。9大学すべてで合格者が増えた。

 東京都市大付は2009年に併設の武蔵工業大の校名変更にともない現校名になり、2010年に高校募集を停止して完全中高一貫校となった。早くから中学入試で午後入試を実施して人気を集めている。昨年も伸びたが、今年は昨年より182人も合格者が増えている。

MARCH合格者トップの神奈川公立校

 2位は神奈川の公立の厚木だ。10年前の434人から829人(1.9倍)に増えている。10年前も進学校だったが、さらに伸びたことになる。特に明治大は79人から200人に、法政大が35人から110人に激増するなど、今年、MARCHの合計合格者数が全国トップだった。

 厚木は神奈川県から学力向上進学重点校に指定されているが、神奈川では他にも12位の横浜翠嵐、この4月から指定された16位の川和、17位の湘南、ランク外となったが柏陽の5校が指定されている。進学に力を入れ、その成果が表れてきているといえよう。

ICT教育で大きく実績伸ばした東京の私立高

 3位は広尾学園で369人増の457人だ。内訳を見ると、早稲田大3人→35(+32)人、慶應義塾大1人→27(+26)人、上智大7人→57(+50)人、東京理科大4人→68(+64)人などだ。

 広尾学園は元は順心女子学園で、2007年に共学化して現校名に変更した。インターナショナルコースを設置し、医進・サイエンスコースを2011年に高校に、2015年に中学に設置した。中高ともこの2コースに本科を加えた3コース制だ。

 英語教育、サイエンス教育、ICT(情報通信技術)を活用した授業で実績を大きく伸ばしてきた。昨年はコロナ禍で、ICTを活用してきた実績があるため、休校中もオンライン授業にすぐに取り組み評価も高かった。

1年で270人以上増やした埼玉の公立トップ校

 4位は大宮開成、5位は女子校の洗足学園、6位は公立中高一貫校の浦和・市立と高校単独校の朋優学院だった。

 浦和・市立は2007年にさいたま市初の中高一貫校となった。まだ中高一貫生が卒業していない10年前の合格者数は408人で、昨年は457人に過ぎなかった。それが今年は729人に激増している。

 これだけ伸びたのは、おそらく中学受験と関係があると見られる。今年の現役大学受験生は、2015年に中学受験だった。リーマンショックの経済不況後、中学受験の志願者は減少し始め、2014年に底を打っている。

 2015年から志願者は上昇に転じるが、まだまだ志願者数が少なく、経済的負担の軽い公立一貫校人気が高かった。私立中高一貫校を諦め、公立一貫校を目指した受験生も多かったと見られる。それが実績にも出たのだろう。同様に中学受験を諦め公立中、公立トップ高進学を目指した受験生も多かったと見られ、今年の大学合格実績での公立高躍進につながったようだ。

10年前の“2人”から大躍進した共学校

 一方、10年前から大きく伸びた学校もある。11位の東京都市大等々力は、10年前には青山学院大と法政大に1人ずつの2人しか合格者がいなかった。それが今年は296人に増えている。

 東京都市大等々力は元は中高一貫女子校の東横学園だった。2009年に武蔵工業大と東横学園が合併して東京都市大となったことから現校名になった。

 両校は東急グループ創始者の五島慶太が設立した学校だ。翌2010年に共学部を設置し、2015年には中高とも共学となった。進学にも力を入れる教育で実績が伸びている。東京都市大とも連携を深め、理数教育にも力を入れている。

合格者数の多さで上位独占の公立校

 また、表中でもっとも合格者が多かったのが、17位の湘南の987人、次いで11位の横浜翠嵐の939人、10位の船橋・県立の915人で、公立校が上位を占めた。

 かつては私立中高一貫校が上位を占め、「1人で何校も合格して実績をかさ上げしている」などと言われることも多かったが、今は公立高のほうが合格者が多くなっている。私立中高一貫校より公立高のほうが卒業生が多いということもある。

 公立のトップ校では、コロナによる休校期間の不安から、現役進学志向が強くなって受験校が多くなったのかもしれない。

 今年の実績では、全体として公立高の躍進が目立ったが、来年はどうなるのか。コロナ禍の先行きが不透明なこともあり、まだまだ予断を許さない。ただ、オープンキャンパスなど志望校の情報だけは、受験生に十分に入手できるようになってほしいものだ。

●文/安田賢治(大学通信常務取締役)

関連記事(外部サイト)

×