小室圭さんが明かした新事実「元婚約者との録音データ」の中身

小室圭さん、母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルめぐり「録音データ」内容一部公開

記事まとめ

  • 眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが、4月8日に本文24ページに渡る文書を発表
  • 母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルの交渉の経緯や報道について、見解を述べた
  • 元婚約者との「録音データ」の存在も明らかにし、「差し上げたもの」とする発言も紹介

小室圭さんが明かした新事実「元婚約者との録音データ」の中身

小室圭さんが明かした新事実「元婚約者との録音データ」の中身

婚約内定会見時の2人(2017年9月、東京・港区 撮影/JMPA)

 眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんは4月8日に文書を発表し、母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、これまでの交渉の経緯や報道に対する見解を述べた。文書は、概要4ページ、本文24ページ(注含む)にわたる。その中で、母と元婚約者の金銭トラブルについて、その原点ともいえる部分で小室さんが新たな主張をしている。

 母・佳代さんと元婚約者は、2010年9月はじめに婚約。その後、2012年9月に元婚約者から婚約解消を告げられた時のやりとりとしてこういう記述がある。(以下、〈 〉内は文書より引用、原文中の注釈表記などについてもそのまま記載しています)

〈平成24年(2012年)9月13日午後11時15分、母は元婚約者の方から、婚約を解消したいという一方的な申し入れを突然受けました[注12]。理由について尋ねても元婚約者の方からの説明はなく、理由が明らかにされないまま[注13]母は婚約解消を受け入れざるを得ませんでした。

 このとき母が、婚約期間中に受けた支援について清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者から「返してもらうつもりはなかった」というお返事が返ってきました[注14]。以上のような理由から、母は、婚約解消にあたって2人の間でお金をやり取りする必要はなくなったと理解しました(「4」注9を参照してください)。

 この婚約破棄の話し合いは、留学へ行く私を支援してくださるという話が元婚約者の方から出るほどで、刺々しい雰囲気もなく円満に終わったと私も母も思いました。〉

 この時に、「返してもらうつもりはなかった」という発言があったことが、これまで金銭のやりとりを「借金」であるとしなかった根拠になっているようだ。

〈婚約破棄から11ヵ月経った平成25(2013年)年8月、母は突然元婚約者の方から手紙を受け取りました。その内容は、「返してもらうつもりはなかった」という言葉を翻し、交際していた期間に負担した費用の返済を求めるものでした。

 母はあまりのことに驚き、どうすればよいのか自分では判断ができなかったため、弁護士に相談したうえで同月6日[注15]にご要望には応じかねることとその理由を(「返してもらうつもりはなかった」という元婚約者の方の言葉を信用していたことも含めて)お伝えしたところ[注16]、元婚約者の方は私も弁護士に相談して何かあればこちらから連絡しますとおっしゃいました[注17]。このとき元婚約者の方が「返してもらうつもりはなかった」という発言はしていないとおっしゃることはありませんでしたし、婚約を破棄した理由や母に対する慰謝料について何かおっしゃることもありませんでした〉

〈元婚約者の方は「何かあればこちらから連絡します」とおっしゃったものの、その後に連絡が来ることはなく、偶然お会いすることがあっても金銭の話題が出たことはありませんでした[注18]。それから数年が経っても何のお話もなかったことから、私も母も元婚約者の方に納得していただけていたものと理解していました。このような経緯でしたので、私も母も元婚約者の方から婚約期間中に受けた支援については解決済みの事柄であると思っていました。〉

 そして、このあと2017年9月に小室さんが眞子さまと婚約内定したことが発表されると、金銭トラブルが報じられることになった。

 ここで注目なのが、小室さんが今回「録音データ」の存在を明らかにしたことだ。前出の文書内の「注14」に、その詳細がある。

〈[注14]このやりとりについては私自身も同席していて聞いています。又、録音が存在しているので、元婚約者の方が「返してもらうつもりはなかった」とおっしゃったことは確認できています。この録音については、平成 25 年(2013 年)8 月頃に元婚約者の方から突然手紙を受け取った際に相談した弁護士、これまでに相談した複数の弁護士、母の代理人 の弁護士の全員に確認してもらっています。

 この録音の該当箇所を抜粋すると次のようなやり取りがされています。母が支援を清算させていただきたいと言い始め、それに対して元婚約者の方が、差し上げたものだ、当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨のことをおっしゃった時点で、私が録音をしておいた方がよいのではと考え咄嗟に録音したものだったため、母の質問や元婚約者の方のお返事の一部は録音できていません。このやり取りの後に婚約期間中の支援とは関係ない話題に移り、再び婚約期間中の支援についての話が出ることは最後までありませんでした。

元婚約者「返してもらうつもりはなかったんだ」
母「そんなのってあるの?」
元婚約者「いやあ、あるんですかねって、だって、その時はだって…」
母「だってあるんですかねってそんなの私不思議。 そういう方と出会ったことがないから。そう。」
元婚約者「うん。返してもらうつもりは全くなく…お金出してましたよ」〉

 天皇陛下は今年2月の誕生日会見で、眞子さまの結婚について「多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べられた。今回の文書発表で、その状況が訪れることになるだろうか。

?

?

関連記事(外部サイト)