新侍従長に期待 天皇皇后両陛下と宮内庁との「溝」の解決なるか

新侍従長に期待 天皇皇后両陛下と宮内庁との「溝」の解決なるか

侍従長は雅子さまにとって東大と外務省の先輩(2019年5月、東京・千代田区=時事通信フォト)

 4月3日、皇后雅子さまが宮中祭祀「神武天皇祭」を欠席された。皇室記者は言う。

「雅子さまは、悩みに悩んでのご欠席だったことでしょう。近頃は自然な笑顔を見せられることが多く、“完全快復”といわれる雅子さまですが、実際はまだご快復の途上。コロナ禍で公務が激減し、リズムが作りにくいこともあるのでしょう。今回のご欠席は雅子さまのご体調にはまだ波があり、周囲の支えが必要である証左となりました」

 そんな雅子さまにとって、心強いニュースがあった。4月1日付で、天皇皇后両陛下を支える側近トップの侍従長に、別所浩郎氏(68才)が着任した。別所氏の学生時代を知る人物が語る。

「東大出身で成績優秀。それだけでなく、品がよくて高身長、甘いマスクの持ち主でもあります。明らかにモテたタイプですが、浮ついた印象はなく、穏やかで紳士的な人物です」

 東大卒業後、1975年に外務省に入省。雅子さまにとっては、東大と外務省の先輩に当たる。2012年に駐韓大使、2016年には国連大使を歴任。外務省で40年以上勤めた後、2020年1月に宮内庁の侍従次長として、天皇ご一家を支える仕事に就いた。それから約1年半で侍従長への昇進となった。

「別所氏は外務省時代に皇太子ご夫妻へのご進講役を務めたことがありますから、両陛下とは面識があったはず。旧知の別所氏が近くで支えることになり、雅子さまも安心されたのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 侍従次長着任からわずか半年ほどの間に、その誠実さを表すこんなエピソードがある。

「昨年の夏、宮内庁を担当する記者に向けた会見で『コロナ禍における皇室のあり方』について質問を受けたことがありました。すると別所氏は “皆さんのお知恵をお借りしたい”と、記者に向けて答えたのです。前例踏襲ばかりを重んじる宮内庁において、そうした柔軟な対応は珍しい。記者の質問に対して答えをごまかすようなところは一切なく、座右の銘である『信なくんば立たず』を地で行く人物といえるでしょう」(宮内庁関係者)

 別所氏に寄せられる大きな期待。その背景には、これまで両陛下と宮内庁の間にあった“不協和音”があるという。

支えるはずの存在が絶望に落とした

 振り返ると、両陛下は皇太子同妃時代から、側近との「コミュニケーション不足」を指摘されてきた。

「当時皇太子だった陛下は2004年、雅子さまに対する『人格否定』があったと述べられました。すると、皇太子ご夫妻を支える東宮職の長である東宮大夫は、ご夫妻との意思疎通について“そこまで理解できるまでになっていなかった”とコミュニケーション不足を認めました。その前任者も口癖は“オク(ご一家のプライベートを指す)のことはわかりません”でしたから、ご一家との間には少なからず距離感があったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 当時、両陛下にとって、身近に心を許せる存在がどれだけいたのだろうか。

「それ以前は、何十年も務め上げ、皇族方が信頼できる側近もいたといいます。ですが、当時は数年単位での交代が珍しくなく、心おきなく相談できる相手の不在を招いていた。人格否定発言の前後には“皇太子さまと東宮職の間には溝があった”ともいわれました。そうした関係性が、雅子さまの体調に悪い影響を及ぼしているのではないかとまでいわれたのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 さらに、周囲の心無い発言が、雅子さまを追いつめていった。

「皇室という慣れない環境に身を投じられ、ただでさえストレスフルな生活を強いられた雅子さまを、“お世継ぎ”のプレッシャーが襲いました。愛子さまを出産された後の2003年には当時の湯浅利夫宮内庁長官が、『皇室の将来を考えると、秋篠宮さまに3人目を希望したい』と発言。本来、雅子さまを支えて然るべき立場である宮内庁トップの発言に、雅子さまが悩まれたことは想像に難くありません」(別の皇室ジャーナリスト)

 しかし、そんな中で頼れるのは陛下だけ。陛下による「人格否定発言」はその翌年のことだった。

「湯浅長官は“発言の真意を伺いたい”と陛下への面会を求めましたが、実現しませんでした」(別の皇室記者)

 天皇陛下や雅子さまを支えるべき存在との間に見えた「溝」。だが、それは長い時を経て、ようやく解決へと向かっている。

※女性セブン2021年4月22日号

?

関連記事(外部サイト)