コロナ「英国型」は子供への感染も注意 地方での拡大に繋がる恐れも

コロナ「英国型」は子供への感染も注意 地方での拡大に繋がる恐れも

発生から1年半近くが過ぎたが…(AFP=時事)

 新型コロナウイルスの状況が新局面を迎えている。大阪での新型コロナウイルス新規感染者数が、東京を上回っているのだ(7日現在)。そして、大阪や兵庫、宮城などで猛威を振るうのが「変異ウイルス」だ。厚労省の発表によると、3月30日までに国内で累計678例の変異株への感染が確認されており、そのうち兵庫が181人、大阪が130人を占めた。東京が18人しかいないことを考えると、その数は抜きんでている

 なぜ東京から、地方都市に感染ホットスポットが移ったのか。1つは、「東京が危ない」と徹底的に警戒されてきたからだろう。緊急事態宣言の期間も東京が最も長かった。宣言の解除が早かった大阪などでは「気の緩み」が出た部分もあるだろう。

 もう1つは、前出の変異ウイルスの登場である。新型コロナウイルスの変異株には「英国型」「南アフリカ型」「ブラジル型」などがあり、いま、日本国内で感染が拡大しているのが英国型だ。先の厚労省の調査でも、国内事例678例のうち英国型が627例を占め、南アフリカ型が15例、ブラジル型は36例だけだった。これまで、新型コロナによる子供への感染リスクは低いとされていたが、英国型は子供にも猛威を振るうという。

 米最大級の健康ポータルサイト「WebMD」は、ミシガン州では乳幼児から9才までの低年齢層の感染者数が2月19日以降、230%以上も増加し、「従来型に比べて子供間での攻撃率が高く、ウイルスに触れたときの感染率も高い」と報告している。

 前述の厚労省の調査でも、感染者678人のうち、10才未満が12%を占め、40代に次いで2番目に多かった(変異株全体の調査結果)。従来型を含む感染者全体でみると、10才未満の感染者は3%にとどまる。

 子供への感染も「第4波の拡大に拍車をかける」と語るのは、昭和大学客員教授(感染症)の二木芳人さんだ。

「子供は感染しても無症状のケースが多い。その無症状の子供がいままで以上にウイルスをたくさん持つようになる可能性は否定できません。従来型以上に、子供を介して感染が拡大することが懸念されます」(二木さん)

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが指摘する。

「無症状が多いことに加えて、子供は自分で正確に症状を伝えられないことも考えられます。学校や保育所、幼稚園など、子供の活動状況に、より警戒が必要です。塾やお稽古事もオンライン化が進んでいますが、個室のマンツーマン授業や、大声を発することが多いスポーツの部活動や合唱、その他、換気の悪い狭い部屋で密になる環境での活動は、子供とはいえ避けた方がいい」(一石さん)

 感染対策をとっているとはいえ、学校では集団行動をする機会が多いうえ、いくら「気をつけて」と言っても子供は体を接触しやすく、夢中になってついマスクを外してしまうこともある。

「子供の活動範囲は狭いですが、生活様式が他者と密です。学校で生徒の一部が感染すれば、一気に広がります。インフルエンザ同様、学校で感染が広がり、各家庭で親が感染して、親がウイルスをさらに外に広げるという悪循環が起こりやすいのです」(新潟大学名誉教授の岡田正彦さん)

3万人の死者を出したイタリアの二の舞に

 子供への感染のしやすさは地方での感染拡大につながるとも指摘される。兵庫県知事も会見で、「以前(従来型)と違って10代やそれ以下の子供たちにもうつる。これが家庭での感染者数を増やしている」と述べている。

「東京など大都市では核家族化が進んでいますが、地方では3世代が同居するなど、高齢者と一緒に生活する家族が多い。子供への感染リスクの高さは、高齢者への感染リスクを高めることにもつながります。また、地方は医療が脆弱な地域もあり、あっという間に感染が広がると、医療逼迫につながる可能性があります」(一石さん)

 昨春の第1波で3万人近い死者を出したイタリアでは、70才以上の高齢者が感染者全体の約4割、死者の9割を占めた。それは高齢化率の高さだけでなく、イタリアではリタイア世代と現役世代と子供たちが3世代で一緒に暮らす、大所帯が多いことも理由として挙げられた。

「大阪や兵庫とともに『まん延防止等重点措置』の対象地域となった宮城では、まだ英国型は少数です。しかし今後、感染力が強い英国型が県内で拡散することによって、震源地となる恐れは充分にあります」(一石さん)

 東京から感染が広がったとされる従来型と違い、第4波は地方の大都市である大阪、神戸、仙台などから一気に広がる可能性が高いのだ。

「いまは新年度、新学期を迎えたばかりで、地方と都心部の往来も激しいです。このままでは第3波以上に大きな波がくることは確実です。ワクチンに期待する声もありますが、順調に接種が進んだとしても効果が出るのは半年近く先のことです。第4波を止める効果はワクチンにはありません」(二木さん)

 第4波は子供から、そして地方から──変異ウイルスは確実に迫ってきている。

※女性セブン2021年4月22日号

関連記事(外部サイト)

×