海外で接種制限のワクチンが日本に 打つ・打たないを決めるポイント

海外で接種制限のワクチンが日本に 打つ・打たないを決めるポイント

副反応とみられる報告が相次いでいるアストラゼネカ製のワクチン。欧州では接種を中止する国も。国内では5月に承認の見通し(写真/アフロ)

 新型コロナウイルスのワクチンの一般向け接種が、4月12日から高齢者を対象としてスタートした。ワクチンさえ接種すればコロナはもう怖くない──そんな声も上がっているが、まだまだ考えるべきポイントはある。

「いまはまだ1種類だから議論が白熱していないですが、事情に明るい関係者は『どのメーカーのワクチンが安全か』という会話で盛り上がっています。知り合いの医師に『○○社製のワクチンを入手したら教えてくれ』と依頼する富裕層も多い」(医療関係者)

“いつ”自分が打てるのか、だけでなく、“どれを”自分が打つのかも考える必要があるということか。現在、日本で接種できるのは米ファイザー製のワクチンだけだが、5月頃には、新たに米モデルナ製と英アストラゼネカ製のワクチンが承認される見通しだ。

 世界各国でワクチン争奪戦が熱を帯びる中、アストラゼネカ製のワクチンが波紋を広げている。イギリス政府の4月7日の発表によると、同社製のワクチンを接種した79人に副反応とみられる血栓症が生じ、うち19人が死亡した。

 同社製のワクチンはすでに世界中で接種制限が相次ぎ、デンマーク、ノルウェー、カメルーンなどはワクチン接種を完全に中断し、オランダ、スペイン、ポルトガルは接種を60才以上に制限した。韓国も30才未満には接種しないことを決定している。こういった事態を受け、菅義偉首相は12日、「詳細な情報を収集し、承認の可否や使用条件を判断する」と述べた。

 今後、日本でも承認される可能性もあるアストラゼネカ製のワクチンについて、太融寺町谷口医院院長の谷口恭氏が指摘する。

「日本人はもともと血栓のリスクは高くないですが、肥満体形のかたや、女性でピルを服用されているかたなど血栓リスクのあるかたは避けた方がいいかもしれません」

 さらに日本ではまだ承認されていないが、今後ワクチン不足に陥った場合に入ってくる可能性のあるワクチンの中で新たな副反応が報告されているものがある。韓国が4月7日に承認をした、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が製造したワクチンだ。

 4月8日、米ノースカロライナ州で住民2300人にJ&J製のワクチンを接種したところ、18人に「強めの副反応」が生じ、なかには失神する人も現れた。このため、米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)は13日、接種を一時止めるように勧告した。

「J&J製のワクチンについて、EUの規制当局も安全性を懸念し、調査に乗り出し始めました。どの企業のワクチンもまだ初期段階のため、安全性の調査や議論は今後もしばらく続くことでしょう」(医療ジャーナリスト)

 ワクチンは画一的なものではなく、それぞれのワクチンにそれぞれの効果と副反応があることがわかってきている。となると前述の富裕層のように、「○○社のワクチンが打ちたい!」と思うのが人の常。しかし、願いが叶うかどうかはかなり不透明だ。

 3月28日、ワクチン担当の河野太郎行革大臣(58才)をサポートする小林史明大臣補佐官はフジテレビの番組で、「会場ごとにワクチンの種類を決めるから、希望するワクチンを選択できる」という趣旨の発言をしたが、わずか2日後に河野大臣が「完全に勇み足。ワクチンの選択は何も決まっていない」と強調して、“選択可能”を撤回した。

 ワクチンを打つか、打たないか。あなた自身が決断を迫られる場面は、いずれ必ず訪れるのだ。

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事(外部サイト)

×