パパ活女子は飽和状態 全体的な相場が下がり、値下げ交渉も活発に

パパ活女子は飽和状態 全体的な相場が下がり、値下げ交渉も活発に

「パパ活」の最新事情とは?(写真はイメージ)

 親子ほど年の離れた男女が金銭を介して食事や性行為を共にする「パパ活」。この単語が使われ始めたのは、2015年前後のことだ。当初は「性行為を伴わず、お茶や食事をするだけで金銭をくれる男性(パパ)を探す行為」といった意味合いだったが、その概念が浸透するにつれて、肉体関係を持つ場合も「パパ活」に含まれるようになった。

 素人女性と出会い、デートや肉体関係の見返りに数万から数十万の金銭を渡す──そう聞くと、縁のない世界だと感じる男性も多いかもしれない。しかし、近年ではマッチングアプリやSNSなどの“インフラ”が整い、男女ともにパパ活を始めるハードルは驚くほど低くなっている。女性は女子大生から50代、60代まで幅広い世代がパパを求め、必ずしもお金持ちやイケメンとは言えない男性が対価を支払っているのだ。

 マッチングアプリでは、例えばiPhoneのアプリ検索機能で「パパ活」と検索すると、無数のマッチングアプリが表示される。直接的に「パパ活」と謳っているわけではないが、「最短即日出会える」などのキーワードで会員を集め、実質的にパパ活に使われているアプリも存在する。個人間の交渉となるため、性的被害や金額などをめぐるトラブルが起こるケースもある。

“斡旋女子”が仲介するケースもある。自らもパパ活をしながら、パパ男性とパパ活女子を繋いで仲介料を得ることで、本業を持たずに“パパ活収入”だけで生活する女性もいる。顔見知りだけに紹介するケースもあれば、SNSなどで数百人規模を相手に仲介するケースもある。

 交際クラブは、会員男女の出会いを仲介し、対価として男性から月額会費や紹介料を受け取ることで成立するビジネスだ。建前としては「出会いを仲介するだけ」だが、会員登録する女性には「性交に伴うギャラの希望額」を尋ねているケースが多い。

 実際にパパ活に勤しむ20代女性からは「500万円くらいの貯金があって、収入が高すぎない男性のほうが、頑張ってお金を工面してくれた」との証言もあった。そうしてひと月に数百万円を稼ぎ、“パパ活一本”で生計を立てる女性もザラにいるという。

 一方で、コロナ禍においてパパ活人口は増えており、パパ活女子の容姿や年齢によって、受け取る対価に“格差”が生じているとの指摘もある。パパ活事情に詳しいジャーナリスト、鈴木リュウ氏が語る。

「アルバイト・パートで働く女性の雇い止めや、子供の休園・休校に伴う育児などにより、失業したり収入が激減した女性は少なくありません。キャバクラや風俗業でも、客足減に伴って収入が減り、パパ活に流れている現状がある。その結果、パパ活女子が“飽和”してしまい、高額報酬を受け取る女性がいる一方、全体的な相場は下がっているとの声も聞きます。性行為込みで1万〜2万円といった値下げ交渉が行なわれているようです」

 減収の結果、生活費のために低額でもパパ活せざるを得ない女性と、“お小遣い”として高額を稼ぎ続ける女性に二極化しているのだ。

取材・文/河合桃子 モデル/辻さくら 撮影/井上たろう

※週刊ポスト2021年4月30日号

関連記事(外部サイト)

×