退屈なGWを「創造的休暇」に変えるヒント 偉人たちは逆境の時間をどう過ごしたか

退屈なGWを「創造的休暇」に変えるヒント 偉人たちは逆境の時間をどう過ごしたか

自粛期間続くゴールデンウイークをどう過ごすか

 コロナによる度重なる緊急事態宣言の発令は、まるで終わりの見えないトンネルの中にいるようである。だが、偉人の生涯をみると、予期せぬ逆境が降りかかったときにこそ、創造的な思考を養っていた。近著に『偉人名言迷言事典』がある著述家の真山知幸氏が、このゴールデンウイークを「創造的休暇」として過ごすためのヒントを、偉人たちのエピソードから紹介する。

 * * *
 今回のコロナ禍で思わぬ脚光を浴びた偉人が、アイザック・ニュートンである。

 注目されたのは、ニュートンもまた私たちと同じく感染症の影響で生活が大きく変わったが、いわゆる自粛期間中に、とてつもない偉業を成し遂げたからだ。

ペスト禍で偉業を成し遂げたニュートン

 ニュートンの場合は、感染症ペストが猛威を振るい、通学していたケンブリッジ大学が休校。やむなく田舎に帰省したニュートンだったが、退屈でやることがない。ただ本を読み、静かに一人、思考を深めるしかなかった。ニュートンは自身の思考術について、こう語っている。

「集中し、ひたすら努力することだ。私は常に、頭にある問題を考え続けている。はじめはゆっくりと夜が明けるような具合に、答えが少しずつ見え始め、やがて明らかな光になるのだ」

 考え抜いた結果、ニュートンは、ペストでやむなく田舎に帰省していた時期に「万有引力の法則」「微積分法」「光学(色彩論)」という3つの大理論の基礎を築くことになる。期間にして、1665年から1666年にかけてのわずか1年半での出来事である。

 もし、ペストが流行していなければ、少なくとも、この短期間でこれだけの偉業を成し遂げることは難しかっただろう。感染症という逆境で生まれた時間を「創造的休暇」として生かしたニュートン。「奇跡の1年」といわれる価値ある時期を過ごすことができた。

ニュートンが磨いた「孤独力」とは

 そんなニュートンの華々しい活躍の影響で、ある噂が流布されることになる。それは、「父の死後に生まれた男児には超能力がある」というもの。ここには、ニュートンの複雑な家庭環境が影響している。

 ニュートンは実の父に会ったことがなかった。生まれる3か月前に死去しているからだ。

 思えば、喜劇王のチャップリンも生まれてすぐに離婚したため、母に女手一つで育てられた。発明王のエジソンの場合は、父は健在だったが、小学校中退してからは、母が教師役となり、エジソンを温かく見守っている。偉人の才能を伸ばすのに、母が大きな役割を果たしているケースが少なくない。

 だが、ニュートンの場合は、父がいないだけではなく、母が3歳のときに再婚。しかも再婚相手の富裕な司祭バーナバス・スミスのもとへ去っていってしまった。残されたニュートンは祖母のもとで育てられることになる。

 幼くして母から引き離されたニュートン。少年時代はふさぎがちで、友達と外で遊ぶこともなかったようだ。孤独な少年はひたすら内省しながら、自然と対峙することになる。自身の少年時代を、ニュートンはこう振り返っている。

「海岸で遊びながら、ほかのものよりすべすべした小石や、きれいな貝殻を探して遊んでいる子どもだ。その向こうで、真実という偉大な海は未知のものとして私の前にずっと横たわっていた」

 日々の孤独な自然観察が、ニュートンの科学者としての道を開くこととなった。

 ペストによって生まれた予期せぬ空白期間は、大学生になったニュートンを再び、孤独な子供時代へとタイムスリップさせたのではないか。ニュートンはこんな言葉も残している。

「孤独は天才の学校である」

 まさに、逆境とは「自分を孤独な場においてくれる」という点で、人生における贅沢な時間といえるのかもしれない。

モーツアルトも退屈な故郷で名曲を

 モーツアルトもまた故郷での退屈な時間を「創造的休暇」として過ごし、その才能を発揮している。

 音楽家の父に連れられて、ヨーロッパ各地で宮廷音楽家として演奏したモーツアルト。実に6歳から25歳までの間で、1年の半分は旅というハードなスケジュールを過ごした。モーツアルトが35歳の若さでこの世を去ったことを考えると、人生の3分の1を旅に費ついやしたことになる。

 そんなモーツアルトが4年にわたって故郷のザルツブルクに滞在したことがある。旅ばかりの人生からの解放である。さぞリラックスできただろうと思いきや、モーツアルトにとって、故郷での日々は、苦痛以外の何物でもなかった。

「ザルツブルクは、ぼくの才能を生かせる場所ではありません。第一に、ここでは音楽家達が全く尊敬されていないからです。そして第二に、ここには人びとの聴く音楽がなく、劇場もオペラもないからです」

 どうもモーツアルトにとって、故郷のザルツブルクは、音楽家としての価値を感じられる場所ではなかったらしい。欝々としながら、モーツアルトはこの不快な時期を乗り越えて、すぐにまた旅に出ている。

 ところが、意外なことに、モーツアルトの傑作として知られている作品の多くは、故郷で鬱々としていた時期に作曲されたものなのである。

「交響曲第25番ト短調K183」「ピアノ協奏曲第9番 変長調K271 ジュノム」「交響曲第29番 イ長調 K201」「ファゴット協奏曲 変ロ長調 K191」「ヴァイオリン協奏曲」「セレナード第7番 ニ長調 K250K ハーフナー」……。

 ニュートンと同じく、モーツアルトもまた故郷で退屈な時間を過ごしたが、振り返ってみてみれば、実りの多い孤独な「創造的休暇」だったのだ。

日本文学の金字塔も鬱屈から生まれた

 平安時代中期に活躍した作家の紫式部もまた、孤独な時間を創作に生かした偉人の一人である。幼少期に母を亡くした紫式部は、父の手で育てられた。山城守の藤原宣孝と結婚して、一女をもうけている。

 だが、これから幸せな家庭を築こうとした矢先に、夫と死別。働きに出なければならなくなり、一条天皇の中宮彰子に出仕することになった。そのときの心境を、紫式部はこんなふうに語っている。

「心に思うのは『いったいこれからどうなってしまうのだろう』と、そのことばかり。将来の心細さはどうしようもなかった」

 まさに、今の私たちにも共通するような心もとなさを抱えていたと言えよう。そんな将来に対する不安もあるなか、紫式部は筆をとって、物語を書き始める。

「私はただこの『物語』というものひとつを素材に様々の試行錯誤を繰り返しては、慰み事に寂しさを紛らわしていた」

 こうして生み出されたのが、日本最高峰の文学『源氏物語』である。

 たとえ、閉塞感を打開するという強い信念を今は持てなくても、自身の悲しみやつらさに寄り添って、今自分がどんな気持ちであるかを、まずは自覚する。そして悲しみを紛らわすために、少しずつ好きなことを始めてみれば、また新たな世界が広がるに違いない。

 このたび発刊した『偉人名言迷言事典』(笠間書院)では、そんな偉人たちが人生の困難に直面しながら、どう打開したのか。気持ちが奮い立つような名言と、人生が嫌になってくじけそうになったときの迷言とともに紹介している。自宅で自粛を余儀なくされる今、先人たちの生き方を追体験してみてはいかがだろうか。

【プロフィール】
真山知幸(まやま・ともゆき)/著述家、偉人研究家。1979年兵庫県生まれ。業界誌出版社の編集長を経て、2020年に独立。偉人や歴史、名言などをテーマに執筆活動を行う。『ざんねんな偉人伝』『企業として見た戦国大名』『ざんねんな三国志』『偉人名言迷言事典』ほか著書多数。

関連記事(外部サイト)

×