IT業界の大富豪が“不老不死ビジネス”に巨額投資 市場拡大への期待

IT業界の大富豪が“不老不死ビジネス”に巨額投資 市場拡大への期待

世界ではどのような不老不死研究が?(イメージ)

 死や老いに対する恐れから「不老不死」に憧れを抱くのは人間の性だ。すべての権力を手中に収めた独裁者たちも例外ではなく、彼らが最後に求めたのも若さと“永遠の命”だった。

 ルーマニアの独裁者、チャウシェスクは、妻エレナの要求で1952年に「国立加齢科学研究所」を設立。アンチエイジング治療の研究所は今も残り、世界中から多くの要人が訪れている。

 北朝鮮の金日成も健康長寿に執着し、1976年に「金日成長寿研究所」を設立。10代の処女の血を輸血する“若返り療法”を受けていたとされる。

 現代では、IT業界で巨万の富を築いた大富豪が不老不死の研究に投資している。グーグル創業者のラリー・ペイジやセルゲイ・ブリン、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスらが100億円単位の資金を研究に投じている。近年になって老化のメカニズムが徐々に明らかになり、「不老不死ビジネス」が数兆円規模の巨大市場に育つと見込んでいるからだ。

 現在、世界中で生体から有毒な老化細胞を排除する“セノリティック薬”の開発が盛んに行なわれている。このほかにも、世界では各国の主要大学が中心となり、さまざまな不老不死研究が行なわれている。

 米・マサチューセッツ工科大学(MIT)では、細胞の新陳代謝を促す薬剤を入れたカプセル錠剤を開発。実験で延命効果が認められ、栄養補助剤として市販が始まっている。

 カリフォルニア大学のサウル・ヴィレダ准教授は、高齢のマウスに若いマウスの血を輸血する実験を行ない、脳の機能の向上が認められたと発表している。

「国内では慶応大学などで、エネルギー代謝で必須だが、加齢とともに減ってくる“NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)”という物質を補うことでヒトの老化を抑える研究をしています。動物実験では、血糖値の上昇や骨密度の低下を抑制し、エネルギー代謝や筋肉、目などの機能が改善するなど、抗老化作用が報告されています」(前出・杉本氏)

 ほかにも、臓器移植などで使われる免疫抑制剤の一種「ラパマイシン」や、糖尿病治療薬の一種である「メトホルミン」でも、動物実験で寿命を延ばす効果が確認されているという

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連記事(外部サイト)

×