逃走23日間に何を?「松山の脱獄囚」から届いた手紙の壮絶

逃走23日間に何を?「松山の脱獄囚」から届いた手紙の壮絶

平尾龍磨受刑者(共同通信社)

 フェンスを乗り越え、海を泳ぎ、民家の屋根裏に潜伏──今年4月、映画のような脱獄劇を繰り広げた、松山刑務所の平尾龍磨受刑者(27)。捜査員1万5000人と警察犬16匹の目をかいくぐり、23日間にわたって世を騒がせた当人から、壮絶な逃走生活を克明に綴った手紙が届いた。ジャーナリストの高橋ユキ氏が報告する。

 * * *
 B5サイズの便箋14枚には、隙間なく小さな文字が埋められている。

〈前略 ご返事を差し上げるのが遅れて申し訳ございません〉
〈ボールペンで手紙を差し上げるのが礼儀だと思いますが、なぜか書いている途中でインクが途切れたりして失礼な文字になってしまうので、シャーペンで書いています。お許し下さい〉

 へり下った文面と丁寧な筆致は、世を騒然とさせた犯罪者像とは程遠い。

 今年4月に松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)から脱獄、23日間にわたり逃走を続けた平尾龍磨受刑者から手紙が届いたのは、10月上旬のことだった。

〈私のことは気になさらず、どんなことでも聞いてもらって大丈夫です〉

 出所まであと1年半の模範囚だった彼は、なぜ脱獄し、どう逃げたのか。手紙の中で明かした23日間の模様は、壮絶の一言に尽きる。

◆〈大井は腐っていました〉

 大井造船作業場は全国に4つある開放型矯正施設のひとつで「塀のない刑務所」とも呼ばれる。居室に鉄格子はなく、施錠もされていない。そのため、凶悪犯や薬物常習者ではないなど、複数の条件を満たす模範囚を入所対象としている。

 平尾受刑者は約120件の窃盗罪と建造物侵入罪で懲役5年6月の判決を受け、2015年から服役。昨年、大井造船作業場に移った。

 2020年1月に刑期満了を迎える予定だった平尾受刑者だが、4月8日夜、作業場の寮の窓から逃走した。民家から盗んだ乗用車を走らせ、道路で結ばれた離島の向島に向かい、無人の家屋に潜伏。その後、瀬戸内海の尾道水道を泳いで本州側へと渡り、逃走を続けた。

 身柄を確保されたのは同月30日、向島から西に65km離れた広島市内だった──。

 平尾受刑者は脱獄の理由について、〈当時の動機や目的などは何点かあります〉と前置きしながらこう綴っている。

〈【1】3月と4月の規律違反で全てを失ったこと。【2】2月のはじめに足を痛めて気持ちが病んでいたこと。【3】規律違反で当時の自治会長との関係が悪くなっていたこと。【4】職員から「他のやつが許しても俺は絶対に許さんからな。覚えとけよ。」と言われたり無視されたりしたこと(規律違反が原因)。【5】規律違反は誰もが日常的に行っていて、日に日にエスカレートしていました。「みんな大井を刑務所ってこと忘れてるな」と感じ、大井全体をリセットするにはあの方法しかないと考えてしまったこと。【6】職員と一部の受刑者が親密な関係になり職員が正常な判断ができていなかった。【7】いじめのような指導や下の立場の受刑者が自分の時間を持てず奴隷のような扱いを受けていたこと〉

 同作業場は受刑者内で作る“自治会”が存在し、会長、副会長、新人訓練係など序列があった。平尾受刑者は自らの規律違反行為で序列を下げ、絶望。人間関係に疲れ果て、大井の体制にも限界を感じたと告白する。

〈大井は腐っていました〉

 そう綴る平尾受刑者は、同日18時05分、作業所の寮舎1階にある窓から脱走。近くの民家から自転車を盗み、19時には別の民家から金品や車を奪った。

 ここから本格的な逃走劇が始まる。

〈19:30頃、今治インターからしまなみ街道。(目的地は、ナビにとりあえず遠くに、と思い「おかやま」と入力すると、なぜか愛知県のどこかに設定されたが遠いことに変わりはないのでそのナビ通りに)20:00頃、途中のパーキングで飲み物などを購入。車に戻ってすぐに覆面パトカーが来たことに気付き逃げる〉

 このときは途中で車を路肩に停めてやり過ごし、ふたたび車を走らせたが、向島の入り口付近にその覆面パトカーが停まっていた。

〈路肩をつかって逆走。(中略)公衆トイレがある駐車場があったので車を乗り捨てて目の前の山へ〉
〈21:00頃、山を抜けて民家にあった自転車を窃盗〉
〈22:30頃 民家から金品などを窃盗〉
〈23:30過ぎ、1件目の潜伏していた空き家を発見〉

 平尾受刑者は、ここに10日の夜まで潜伏する。

 向島では近年、島外へ移り住む住人が増加し、空き家が1000軒以上ある。耕作放棄された果樹園も目立ち、逃亡犯が“潜伏しやすい”環境が整っていた。

〈10日の夜に、山の近くを通って、2件目の空き家を見つけて、24日までの2週間潜伏していました〉

 島内では戸締りをしていない民家も多く、窃盗は容易だったことが窺えるが、手紙には、その行為への罪悪感は綴られていない。潜伏中の食事について、平尾受刑者はこう明かす。

〈そうめん、米、さば缶、こんにゃくゼリー、干しいたけ、粉末コーヒー、2Lのお茶、もち、冷凍の魚、などで2週間生活していました。賞味期限は9割の物が切れています。一番ひどいのは、2001年に切れてた物も。(中略)食べないとどうしようもないので、火を通して食べてました。腹痛は1回だけありました〉

◆〈潜伏先に警察が入って来た〉

 逃亡中、警察の捜査網は拡大し続けた。広島・愛媛両県警が投入した捜査員はのべ約1万5000人。向島全域を捜索し、島から出る全ての道路で検問を続けた。

 結果、島内の各地で大渋滞が発生。外出を控える住民も多く、小学校の登下校時には保護者の送迎車でグラウンドが埋め尽くされた。そんな中、彼が潜む空き家にも捜索の手が伸びる。

〈家の前を警察、報道の人、中学生が歩いたり、前に止まって警察の人がメモを取ったりしていました〉
〈20日頃、潜伏先に警察が入って来たが、屋根裏まで調べず見つからず〉

 窮地を逃れた平尾受刑者は、空き家に潜伏中、テレビも見ていたという。

〈島の人たちに、連日の捜査でとても迷惑や不安を与えてることで、申し訳ない気持ちがあった〉

 そして24日、彼は向島からの“脱出”を決意する。尾道水道を渡れば本州まで最短200m。泳げそうな距離だが、〈死んでもいいという気持ちで〉と平尾受刑者が綴るように、この200mは並の海域ではない。

 フェリーでさえ航路がずれるほどの激しい海流で、小型漁船ではエンジンを止めた瞬間に流される。加えて当日の夜は1時間あたり9.5ミリの雨が降っていた。

 同日22時、平尾容疑者は向島の北端から海に入った。

〈200m位の距離を1時間以上泳いだ。海を出た後の寒さなどで体のふるえがずっととまらず(中略)ずっと風邪を引いてました〉

 命からがら尾道市内に入った平尾受刑者は、再び潜伏生活に入る。民家の屋根裏に潜入し、〈25日と27日に近くのローソンでマスクで顔を隠してパンやお菓子を購入〉するなど自由に過ごしていた。

 向島と違い、この民家には人がいたが、住人の男性は日中に数時間帰宅するのみで、平尾受刑者と接触することはなかった。

〈風邪が治って29日、バイクを盗んで、あき長浜(編集部注・安芸長浜)駅というところでバイクのガソリンが無くなり、電車でなぜか広島駅まで行ってしまい、ネットカフェで3時間〉

 そして店を出た4月30日、逃走劇は終わりを迎えた。

「似た男がいる」

 同日11時25分、ネットカフェ店員が警察に通報。

〈どこに行けばいいのかわからず、大通りを5分位歩いていました。交番の前に警官が立っていたが、全然気付かれず、だが直後に横の道路を走っていた覆面パトカーに見つかり、まだ心の準備ができていなかったので、逃げてしまい、でも20mくらいで捕まりました。捕まって最悪という気持ちはなく、とても安心しました。精神的にも体力的にも疲れてました〉

 身柄を確保された平尾受刑者は、単純逃走と窃盗罪に問われ、9月28日に松山地裁で下された判決は懲役4年。控訴はせず、関西地方の刑務所で服役している。

〈再スタートの場でもあり、出所までの長期間を泣いても、悩んでも、苦しんでも、必死で生活しなくてはいけない〉

 今度こそ、逃げずに自分の罪と向き合ってほしい。

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事(外部サイト)